公開日:2018/03/23 

お酢よりも飲みやすい「もろみ酢ダイエット」の効果と飲み方について

ダイエットには脂肪燃焼もぜひ促したいことのひとつですが、お酢にはその働きがあると言われています。しかしお酢そのものではなかなか飲みにくく感じてしまいます。

その点もろみ酢はそのままでも飲みやすく、ダイエットだけでなく健康や美容にもうれしい効果があると言われているのです。

そのため、ダイエットにも飲むことがすすめられています。そこで、もろみ酢ダイエットの効果や口コミ、効果的な飲み方をご紹介します。

もろみ酢ダイエットの効果と口コミ

もろみ酢にはどんなうれしいダイエット効果があるのでしょうか。

また実際に取り組んでみた方はどのような結果が出たのでしょうか。もろみダイエットにまつわる情報を解説します。

もろみ酢とは

もろみ酢という名前を聞いたことはあってもどのようなものかご存知ない方も多いのかもしれません。

まずはもろみ酢の知識を深めましょう。

  • 実はお酢ではない
  • もろみ酢は沖縄のお酒として有名な泡盛を蒸留する過程でつくられる「もろみ」が原料になります。

    食酢はとても酸味があり、鼻にツンとくる強い香りが特徴ですがもろみ酢は酢成分が少ないためにまろやかで、そのままでも飲みやすいという特徴を持っています。

  • クエン酸やアミノ酸を多く含む
  • 発酵させる時に使われる黒こうじ菌の働きにより、クエン酸やアミノ酸が非常に多く生み出されます。

    この大量のクエン酸とアミノ酸がダイエットにはとてもうれしい効果を発揮し、その他にも疲労回復や美容にうれしい働きも持つと言われているのです。

    クエン酸はお酢の成分である酢酸を分解してできるため、お酢を飲むよりももろみ酢を飲んだ方が効率良く摂取することができる点もメリットです。

    また体内の酵素リパーゼを活性化させて、皮下脂肪や内臓脂肪を分解し減らす働きをアップさせます。

もろみ酢ダイエットの口コミ

実際にもろみ酢ダイエットにチャレンジして成功した方はどのように取り組んで結果が出たのでしょうか。

もろみ酢のダイエット効果を引き出すためにも口コミを参考にしてみてください。

先に体調が良くなりました
ダイエット効果を狙ってもろみ酢を飲み始めたところ、痩せる前に体調の方が良くなってきました。
始める前に、代謝が良くなったという口コミを読んでいましたがまさにその通りでした。
大きく痩せたわけではないけれど、体重維持には役立っている気がします。
他のダイエット法と併用して痩せた
有酸素運動と並行してもろみ酢ダイエットに取り組みました。
毎日20分のウォーキングをするようにしたところ、初めは疲れて翌日の運動をやめることもありましたが、もろみ酢を飲み続けると翌日に疲労が残らなくなり津運動が続けやすくなりました。

成功するためのポイント

もろみ酢ダイエットは、即効性のある薬を飲むわけではなく一般の食品を使う方法であることから、数日で大きく痩せるものではありません。

そのため、1週間ほど飲み続けても効果が見られないからとやめてしまうことはまだ早いでしょう。長く続けること、最低でも2週間は続けることを覚悟して取り組むことをおすすめします。

そして体重維持ではなくしっかり痩せたい場合には、食事制限や運動など他のダイエット法を組み合わせて行うことが必要です。もろみ酢が健康をサポートし、ダイエットに取り組みやすくしてくれるととらえましょう。

もろみ酢ダイエットの飲み方

ダイエットに最適なもろみ酢の飲み方をご紹介します。毎日の生活の仕方に合わせて上手に飲みましょう。

1日に飲む量の目安

1日の摂取量の目安は30mlで、それ以上飲んでも効果がアップするわけではないので目安量を守りましょう。

一度に30ml飲んでもかまいませんが、量が多く飲みにくい場合もあるので、15mlずつに分けて飲むことがおすすめです。

いつ飲むか

お酢ほど酢酸成分は多くありませんが含まれているため、胃を荒れさせないように空腹時に飲むことは避けましょう。

胃にも優しく、飲み忘れを防ぎやすいタイミングとして食後に飲むと良いでしょう。昼食が外食になりがちな場合は朝食と夕食のあとに飲む習慣をつけることです。

飲みにくい時ははちみつをプラス

お酢を飲むよりはもろみ酢の方がそのままで飲みやすいものの、慣れないうちは飲みにくいと感じることがあります。

その場合は、少量のはちみつを加えて飲んでみましょう。

  • カロリーが控えめになる
  • 上白糖を加えるよりはちみつを使った方がカロリーは低く、血糖値の上昇がゆるやかなために脂肪になりにくいからです。

    寝る前にはちみつを取るダイエット法があるほどなので、はちみつはもろみ酢に入れても良いでしょう。

ヨーグルトと混ぜる

無糖タイプのヨーグルトともろみ酢を混ぜてスムージーのようにして飲む方法もあります。

糖質を含まない甘味料やはちみつで味をつけたり、ライムなどで風味づけをして飲みやすくしたりしても良いでしょう。

その場合はヨーグルトともろみ酢をよく混ぜましょう。

早めに飲み切る

もろみ酢は1日30mlずつ飲みますが、早めに飲み切れるようにしましょう。

一度封を開けてしまうと酸化が進むので、鮮度が落ちないうちに1か月程度で飲むと安心です。

もし開封したまま放置すると、濃くなったり味が変わったりして飲みづらくなってしまうので気をつけましょう。

もろみ酢ダイエットはサプリでもできる!

体内のリパーゼという酵素の働きを活性化させる、クエン酸とアミノ酸を豊富に含んでいるもろみ酢は、お酢よりも飲みやすい上に酢酸を消化してできるクエン酸の吸収がしやすい状態になっています。

1日30ml飲むことを継続すると、まずは体調が良くなったり肌の調子が改善されたと感じたりすることが多いとの口コミが寄せられています。

もろみ酢をそのまま飲む以外にも、はちみつやヨーグルトと混ぜて飲みやすくして採る方法もおすすめです。

ただしもろみ酢は開封したまま長い間放置すると味が変わってしまうので早めに飲み切るようにしましょう。

またどうしても仕事などが忙しいために外出が多くて飲むことが難しい、味に慣れないけれど成分が気になるので続けたい時にはサプリを利用してみてはいかがでしょうか。

ソフトカプセルタイプなど利用しやすいサプリを選んでみてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

453



ページのトップへ