公開日:2018/02/23 

なかなか痩せないぷよぷよ二の腕を撃退!二の腕痩せに速攻効果のある腕立て伏せ

気づくと、いつの間にか二の腕がぷよぷよになっていたという人もいるのではないでしょうか。二の腕のたるみの原因は、上腕三頭筋にあるようです。つまり、上腕三頭筋を鍛えることで、二の腕太りやたるみの原因を取り除くことが出来ます。今回は二の腕痩せに効果的な腕立て伏せについて紹介します。

二の腕痩せはなかなか難しい

二の腕がぷよぷよになってしまう原因は「たるみ」「皮下脂肪」「むくみ」などの原因が挙げられます。これらに陥る原因はさまざまなのですが、その根底にあるのは「筋肉の衰え」なので、二の腕太りを解消するためには、筋肉を鍛えることが最も効果的なのです。

二の腕痩せはなかなか難しいと言われています。どの部分でも痩せるのは大変なのですが、二の腕太りは普段筋肉を使わない衰えから来ているため、自分で積極的に使うしかないのです。

それに鍛えるとなると、ムキムキになってしまうのではないかと心配する人もいます。しかし、その点については安心してください。鍛えるのは力こぶ部分である上腕二頭筋ではなく、たるんでいる上腕三頭筋だけなのです。ただ、上腕三頭筋だけを鍛えるとバランスが悪くなってしまう、痩せづらいという声もあるので、上腕二頭筋と上腕三頭筋をバランスよく鍛える方がいいかもしれません。

二の腕痩せが難しい理由として、比較的難しくない筋トレが多いからです。普通に考えて、難しくないのだったら簡単じゃないかと考えるのは当たり前です。難しくないからこその弊害とでも言うのでしょう。簡単であるから余計に「少しくらいサボっても大丈夫かも」という気持ちが出てきてしまうのです。

他にも、逆にやる気ばかりが先行してしまい、過度な負荷をかけて、痩せるためではなく二の腕を太くしてしまう鍛え方をする人もいます。負荷をかければかけるほど、二の腕が細くなるわけではありません。適度な負荷量で、身体に無理なく続けられるように心がけましょう。

基本的に二の腕痩せに難しい筋トレは必要ありません。毎日3分~5分ほどで出来るものを継続して行えば、必ずとは言えませんが高い効果は期待出来ます。二の腕痩せのために必要なことは、無理な筋トレを繰り返すことではなく、短い時間でも継続することが大切です。そして、毎日続ける必要はありません。身体を休ませる日を作ってあげるのも考えましょう。

腕立てで二の腕を痩せる方法

たるんだ二の腕に効果的なのが「腕立て伏せ」です。二の腕痩せを速攻で効果を出したい方は、苦手だとしても腕立て伏せを避けては通れないでしょう。しかし、中には腕立て伏せが出来ない人もいるのではないでしょうか。そういう場合は負荷を軽減してから試してみましょう。

膝つき腕立て伏せ

腕立て伏せが苦手な人におすすめしたいのが、つま先立ちの腕立て伏せではなく膝をついた状態で行う「膝つき腕立て伏せ」です。腕立て伏せは、つま先立ちでしか効果がないわけではありません。膝をついて腕立て伏せをしても、十分上腕三頭筋を鍛えられるので、苦手な人は試してみましょう。

壁つき腕立て伏せ

こちらもつま先立ちの腕立て伏せが苦手な人向けのやり方です。立ったまま、壁に手をついて腕立て伏せの要領で試してみましょう。慣れていない人は、膝つき腕立て伏せよりも、こちらの方がやりやすいかもしれません。

逆腕縦伏せ

ある程度簡単なやり方で慣れて来たら、逆腕立て伏せをしてみてはいかがでしょうか。床に膝を立てて座り、手は指を身体の方に向けて後ろにつきます。そのままお尻を持ちあげて、腕を曲げ伸ばしましょう。曲げ伸ばし時に肘が横に開かないように気をつけてください。これを10回前後繰り返すのです。

テーブル腕立て伏せ

これは逆腕立て伏せの簡易版と言ってもいいでしょう。基本的には逆腕立て伏せと同じやり方ですが、後ろに置く手をテーブルの上に置きましょう。つまり、テーブルに背を向ける形で行う腕立て伏せです。普段から運動不足を感じる人は、咲か腕立て伏せを実行する前に、テーブル腕立て伏せを挟んだ方がいいかもしれません。

速攻で効く二の腕痩せ腕立てで二の腕の肉を撃退!

二の腕痩せには、腕立て伏せが効果的です。正確に言うと、腕立て伏せの方法によって鍛えられる筋肉が変わってきます。なぜならば、腕立て伏せは手の幅をどのぐらい広げるのかによって、使われる筋肉が異なってくるのです。つまり、どの筋肉を使っているか把握しておかないと、望まない場所を鍛えてしまうことになりかねないのです。

二の腕痩せに効果的な腕立て伏せのやり方として「手の幅を狭める」という方法が有効です。手の幅を広げ過ぎてしまうと、大胸筋が鍛えられてしまうので注意しましょう。また、腕立て伏せのやり方によっても変わってくるので気をつけなければいけません。

女性は筋肉が大きくなりづらいので心配する必要はありませんが、男性の場合は「高負荷で低回数」の腕立て伏せは、二の腕をほっそりさせるような効果はないと言われています。逆に「太く逞しい腕」を作るために必要な負荷の掛け方なのです。

そのため、細く美しい二の腕を作りだすためには、呼吸をゆっくり行いながら、少ない負荷の腕立て伏せを多めの回数で行う必要があります。間違ったやり方で腕を太くしてしまわないように、別の部分を鍛えてしまわないように、自分が行っている腕立て伏せがどの部位に効果的なのか、しっかり把握しておきましょう。

腕立て伏せは速攻で二の腕痩せを実感させてくれる方法

出来ることなら、なるべくたるんだと感じる前に腕立て伏せを始めるのが理想です。二の腕がたるんで来てしまうと、ほっそりとした状態に戻すまでに時間がかかってしまいます。夏場などは、腕を出す服装の人も多いので、心配な人は春になる前から試しておくといいかもしれません。速攻で効果が期待出来ると高い評価の腕立て伏せですが、数日で効果を実感出来るほど甘いものでもありません。効果を感じられるまでの期間は、個人差もありますが、早い人で2週間程度、平均すると1ヶ月程度と言われています。正しいやり方で、きちんと上腕三頭筋を鍛えて美しい二の腕を手に入れましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

560



ページのトップへ