公開日:2018/04/23 

身体に溜まったむくみを解消!サウナダイエットの効果的な方法とは?

サウナは男性のイメージが強いのですが、ダイエット効果もあるといわれており、女性が利用するケースも増えています。

サウナダイエットは食事制限や激しい運動を必要としないので、身体を動かすことが苦手な人でも比較的に実践しやすいダイエット方法です。

今回はサウナダイエットの効果的な方法について紹介します。

痩せる身体を作るサウナダイエットの方法

サウナダイエットだからといって、ずっとサウナに入り続けているわけではありません。このサウナダイエットは1回の時間を長くするよりも、短時間でもいいのでサウナに入ることを習慣づけることが大切です。

こちらでは、なぜサウナでダイエットができるのか、サウナダイエットの方法について紹介します。

サウナダイエットは即効性の効果は期待できない

サウナダイエットは、即効性の効果は期待できません。サウナ直後は汗をかいて体重も落ちていますが、これは体内の余分な水分が排出されただけであり、脂肪が燃焼されて減ったわけではありません。

そのままにしておくと脱水症状を引き起こしかねないので、きちんと水分を摂る必要があります。水分を摂ると、汗をかいた分の落ちた体重も戻っていくので地道に体重を減らす方法だと思ってください。

サウナダイエットは太る原因の改善に繋がる

即効性はないのに、なぜ人気のダイエット方法になっているのかというと、サウナダイエットには太る原因の改善効果が期待できるからです。

ダイエットの敵となっているのは「血行不良による冷え性」「むくみ」「代謝機能の低下」「自律神経の乱れ」などが挙げられます。しかし、この太る原因になっているものはサウナに入って身体を温めることで改善が期待できるのです。

定期的にサウナに入ることが大切

サウナに入り、しっかりと身体を温めることでダイエット効果を阻害する原因を改善していくことができます。それだけではなく、脂肪燃焼をしやすい痩せ体質を作ることもできるのです。

しかし、痩せ体質を作るためには1度や2度のサウナでは手に入りません。継続して続けることで、自然と体質が変わっていくのです。

毎日は時間の都合が取れない人もいるでしょうから、最低でも1週間に1度は行くようにしましょう。

サウナダイエットの効果的な入る時間について

サウナダイエットだからといって、無尽蔵に入っていていいわけではありません。慣れない人が長時間サウナに入っていると、体調を崩して倒れてしまう場合もあるので気をつけてください。

こちらではサウナダイエットの効果的な入り方や時間について紹介します。

サウナにはどれくらい入っておくべきか

サウナに入る時間は、サウナの温度や入り方でも変わってきます。70度前後の低い温度のサウナの場合は、15分~20分ほど入ってゆっくり汗を流すようにしましょう。

こちらの入り方はリラックス効果も高く、ストレスが溜まりやすい人、寝つきが悪い人におすすめの方法です。

90度~100度の高温サウナに入る場合は、10分~15分入って汗を流した後、一度サウナから出てクールダウンをしてください。汗が引いて来たら再びサウナに入る、というやり方を4回ほど繰り返しましょう。

これは「繰り返し浴」と呼ばれる方法で、しっかりと汗をかきたい人、ダイエット効果を高めたい人におすすめしたい方法です。

最後は「温冷交代浴」と呼ばれる方法で、90度~100度のサウナに10分ほど入った後、水風呂や冷水シャワーで身体を冷やします。汗が引いたのを確認してから、再びサウナに入るというやり方を繰り返すのです。

冷水で強引に汗をひかせるやり方ですが、自律神経の活性化効果が高く、生活リズムが崩れやすい人、ストレスから体調を崩しやすい人におすすめできる方法です。

サウナから出たら必ず水分補給をする

サウナの後は、汗をかいて体重が落ちています。これに満足して、水分補給を怠ってしまうと脱水症状を引き起こすので、必ず水分補給をしてください。

汗をかくことで、体内の水分だけではなく塩分やミネラルも失われています。そのため、水だけではなくスポーツドリンクを飲むこともおすすめします。

ちなみに、サウナ後に適さない飲み物は「お茶」と「コーヒー」です。このふたつには利尿作用があるため、水分を補給しても水分排出の効果があるため、補給にならないからです。そのため、飲むのであればスポーツドリンクや水にしましょう。

サウナに入る前にしっかりと身体を温めておく

温泉施設に行き、すぐサウナに入ろうとする人もいますが、それは控えましょう。サウナに入る前には、浴槽で10分ほど身体を温めてから入るのが理想的です。

自分では冷えていないと思っていても、皮下脂肪の分厚い部分は冷えている場合もあるので、自分判断ではなく浴槽で温めてからサウナを利用してください。

特に高温サウナが苦手な人、心臓への負担が心配な人は必ず浴槽で身体を温めましょう。予め温めておくことで寒暖差を軽減して、サウナの蒸し暑さにも適応しやすくなるのです。

いきなりサウナに入っても、暑さに耐えられない人もいるので、浴槽で身体を温めて「暑さ」に慣れさせておきましょう。

サウナダイエットはデトックス効果があっておすすめ

サウナには、デトックス効果もあるので不要な水分や老廃物を排出してくれる働きがあります。そのため、ダイエット効果だけではなく美容効果も期待できるので、サウナダイエットを実践する女性も増えているのです。

大体サウナの室温は80度~110度といわれています。そんな高温の室内に入るのですから、汗をかくのは当然です。汗には体内の老廃物や毒素を身体の外に出す役割もあり、汗をかけばかくほどデトックス効果を実感できるようになるのです。

体内にある不要物を排出することで、肌を綺麗に保ち、内臓などの働きも正常に戻してくれるのでおすすめです。内臓の働きを正常にすることで、消費カロリー量のアップや、痩せやすい体質を作ることにも繋がります。

他にも、水太りやむくみで悩まされている人は、サウナダイエットで不要な水分を排出するといいかもしれません。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

424



ページのトップへ