公開日:2017/05/25 

あこがれのサラサラ肌に!毛穴ケアのウソホントを徹底検証

べたつきやつまりのないサラサラ肌は、美を求める女性にとってあこがれの1つです。そんなサラサラ肌に近づくためには「毛穴ケア」が大切になります。しかし、毛穴を引き締めようとやりすぎたり間違ったケアを行ったりすると逆効果になることも。今回は様々な毛穴ケアのウソホントと正しい方法をご紹介します。

美しい肌の大敵!毛穴の「つまり」とは何なのか

毛穴づまりの最大の敵!皮脂の正体とは

「メイクをしようと思ったら何だか顔がベタベタしてノリが悪い」ということは女性なら1度は体験したことがあるのではないでしょうか。これは遺伝や年齢などによる皮脂の多さが大きな原因です。しかし、それ以外にも睡眠不足や食生活の乱れなど、不規則な生活によって肌が乾燥してしまうと、その水分を補おうとして皮脂が多めに分泌されることもあります。

これは人間を外部の雑菌から守ろうとする防衛本能によるものなので、ケアをする場合はあくまで「余分な皮脂を取り除く」という感覚で行なわなければなりません。

毛穴の黒い「つまり」は酸化が原因?

毛穴のつまりは白い角栓であることが多いですが、中には毛穴に黒い塊が詰まっている場合もあります。これは、鼻の頭に起きやすい「つまり」で、皮脂や汚れなどの角栓が空気や紫外線の影響を受けて酸化したものです。

無理に爪などで押し出そうとせずに、洗顔の前に蒸しタオルで毛穴を開かせてから、酵素やスクラブ剤の入った洗顔料を使うようにしましょう。また抗酸化効果が期待できる「ビタミンC誘導体入りの化粧水」などでお手入れすると、毛穴の黒づまり予防にもなるのでおすすめです。

まだある毛穴づまりの原因!改善すべき習慣

毛穴が詰まってしまう原因は、皮脂によるものだけではなく、普段の肌ケアに関しても言及することができます。1日が終わって、毎日の習慣になっているメイク落としをする時、ついつい簡単に済ませていることはないでしょうか。実はそれが毛穴づまりの大きな原因になっている場合があります。

ほとんど目に見えないファンデーションの固形物などが残り、毛穴をふさいでしまっているのです。毎日の積み重ねが毛穴づまりを悪化させて、さらなる肌荒れにつながってしまうこともあります。それを避けるためにも、普段から1日の終わりなどには入念なケアを施すようにしましょう。

毛穴の詰まりを無くすことで毛穴の開き自体を改善することにつながります。毎日のお手入れで毛穴の開きを改善しましょう。

参考>> 毛穴の開き改善方法を調査!日々のお手入れで原因を根本から治す

有名な毛穴ケアを紹介!それってウソ?ホント?その1

余分な物質を取り除くのに最適!毛穴パックは是か非か

お風呂上りの後などに最後の仕上げとして行う人も多い毛穴パック。毛穴に詰まった汚れを取り除くには、効果が期待できると言われています。顔に貼り付けて、一定時間たったら剥がす「シートタイプ」と、粘土を原料とし、適切な場所に塗り乾いたら洗い流す「クレイパックタイプ」があります。

毛穴の開きを促す事で内部の汚れが根こそぎ取れる優れものですが、使用方法を誤ると、かえって逆効果となり肌荒れを進行させる恐れもあります。肌には1~2カ月で細胞が生まれ変わるターンオーバーというサイクルがあり、それを無視して連日パックをしてしまうと、潤いに必要な成分まで奪ってしまうのです。ターンオーバーのサイクルに合わせて適切にパックを行うようにしましょう。

滑らかな肌を目指せる!シリコン配合の化粧下地

普段の入念な洗顔などで細やかなスキンケアをしても、どうしても毛穴づまりが残ってしまう場合があります。そんな時は、メイクの前に毛穴ケアタイプの化粧下地を使うのがおすすめです。毛穴をしっかり隠してくれる上に、顔全体をフラットな状態にしてくれ、メイクのノリも良くなり長持ちします。

しかし、シリコンが配合されている化粧下地は肌の表面を滑らかにしてくれる効果が望めますが、長時間の使用で肌に負担がかかってしまう場合もあります。逆に毛穴づまりの原因ともなりかねないので、過剰に「毛穴を隠そう!」と意識して多めに使用しないようにしましょう。適量をムラなく塗ることで、より良い効果が期待できます。

市販のオロナイン軟膏が毛穴ケアに最適!?

火傷や擦り傷、あかぎれなどに効果的であり、薬局でも市販で簡単に購入できるオロナイン軟膏。これが毛穴ケアにも使えると、注目されています。皮膚に対する殺菌・除菌効果があるので、余分な皮脂や汚れを除去できるという考えがあるのです。

しかし、オロナイン軟膏はそもそもスキンケア化粧品として販売されているわけではありません。あくまで皮膚の殺菌をする薬なので、皮脂汚れのためのスキンケアとして使用すると、逆に肌荒れを誘発する可能性もあります。にきびや吹出物で毛穴が気になる場合のみ、洗顔後の清潔な肌に塗るようにしましょう。

有名な毛穴ケアを紹介!それってウソ?ホント?その2

肌の引き締め効果が望める!収れん化粧水の使用

メイクの下地として欠かせない化粧水ですが、中には毛穴ケアの効果が期待できる製品もあります。代表的なものとして、肌を引き締め、皮ふ温度を下げて皮脂の分泌を抑える「収れん化粧水」があげられます。メイクのくずれを防いだり毛穴も目立たなくするのですが、1つ注意すべき点があります。

それは、爽快感があるメントールやエチルアルコールなどを配合しているので、敏感肌の人には刺激が強いという事です。ヒリついたり赤くなったりしないか、パッチテストを行ってから使うようにしましょう。

毛穴の引き締めに本当に有効?冷やした化粧品の使用

「冷やし美容」と呼ばれる美容法の人気が高くなっています。冷水を顔にかけたり、化粧品を冷やしたりすることで、肌や毛穴を引き締めてサラサラ肌を目指す方法です。特に夏の季節などは、メイク時などに顔が冷たくて気持ち良いのですが、実際の効果はどうなのでしょう。

結論から言えば、劇的な効果は望めないようです。また、冷蔵庫に入れて冷やした化粧品を使用時に常温の部屋に出して使い、メイクが終わってから冷蔵庫に戻す、という繰り返しを続けると成分の劣化が進んでしまいます。冷蔵庫から出して使った後は、すぐに元に戻すようにしましょう。

美容の一環として人気!ヨガや岩盤浴で汗をかく方法

化粧下地の選び方や、メイク直しの他にも、毛穴ケアになり得る方法があります。それは、大量の汗をかくことです。冷暖房器具の発達により、汗をかきにくい生活ができる ようになりましたが、それは同時に体内の体温調節機能を低下させることにもつながっています。

この機能は皮膚の毛穴の開閉によって行われているので、機能の低下は毛穴の劣化、ひいては皮膚の劣化にも至るのです。従って、ヨガや岩盤浴により大量の汗をかいて新陳代謝を良くすれば、体温調節機能を鍛えるとともに毛穴の開閉も活発になり、汚れを落とす事にもつながります。

脱水症状の危険性があるのでこまめな水分補給を忘れず、しっかりシャワーで汗を洗い流すなど、アフターケアを万全にすればより効果的になるでしょう。


あなたに最適の毛穴ケアを見つけよう!

  • ターンオーバーに合わせてパック
  • 収れん化粧水で皮脂の分泌を抑える
  • 毛穴ケアタイプの化粧下地を使う
  • 新陳代謝を活発にする

毛穴ケアには様々な方法がありますが、やり方を間違えると逆効果になる可能性も高いです。共通して言えるのは、何事も「やりすぎ」は厳禁だという事。効果を過信して必要以上のケアをしないよう、ほどほどに実践する事が、あこがれのサラサラ肌に近づく第一歩となるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

56



ページのトップへ