公開日:2018/04/26 

ストレッチポールに寝るだけ!タオルでもできる寝るだけダイエットの方法

健康器具としても広く知られている「ストレッチポール」ですが、ただ上に寝るだけでダイエット効果があるのは知っていますか?

ネット上でも1日数分寝るだけでダイエット効果があったという情報を見たことがある人もいるでしょう。

今回は、なぜストレッチポールにダイエット効果があるのか、痩せるためにはどうすればいいのかについて紹介します。

寝るだけダイエットに必要なストレッチポール

女性であれば1度はダイエットを考えたことがあるでしょう。しかし、ダイエットは食事制限や運動などで憂鬱になって挫折してしまう人も珍しくありません。

しかし「ストレッチポールダイエット」は名前の通り、ストレッチポールに寝るだけでダイエット効果を得られるので、挫折しやすい人でも継続出来るものです。

ストレッチポールに寝るだけでダイエット効果を得られる

ストレッチポールの効果は「痩せる」ではなく「痩せやすく、太りにくい身体を作る」ものです。そのため、なるべく速やかに体重を減らしたいという方ではなく、長い目で見て健康的に痩せたいという方におすすめの方法と言えるでしょう。

一時的な減量ではその場しのぎにしかなりません。長期的に見れば、痩せやすい身体を作る方が大きなダイエット効果になるのです。

ストレッチポールで得られる効果は多く、ただ寝るだけなのにさまざまな効果を得られるとされています。期待できる効果を以下にいくつか紹介しましょう。

◆胸を開いて呼吸をしやすくする

胸を開いて呼吸をしやすくすることで、多くの酸素を肺に送ることが出来ます。酸素を多く送ることで、体温が上昇して代謝がアップする効果が期待できるでしょう。

◆肩甲骨のストレッチ効果

肩甲骨のストレッチ効果を得ることで褐色脂肪細胞に刺激を与え脂肪燃焼をしやすくなります。

◆インナーマッスルが鍛えられる

インナーマッスルが鍛えられると、筋肉を作りやすくなり、綺麗なボディラインを手に入れられるようになります。

◆身体の歪みを直して血行を改善できる

女性に多くありがちなのが血行不良ですが、ストレッチポールに寝るだけで、身体の歪みが改善されて血行が良くなります。

これらを見ても、ストレッチポールで得られる効果はすべてダイエット効果に繋がっていると言っても過言ではありません。

ストレッチポールには健康効果もある

ストレッチポールは本来健康器具であり、猫背や骨盤のゆがみ改善、肩こりや腰痛の改善、関節と筋肉を緩めてリラックス効果を得るなど、さまざまな健康効果が期待出来ます。

人間は日常生活の中でもストレスを感じやすく、ストレスから体調不良、過食など予想外の出来事に繋がります。関節と筋肉を緩める効果でリラックス出来て、ストレス軽減になるのです。

ストレッチポールはシンプルな作りですが、人間の身体を正常に戻して、健康の土台を作ってくれる効果があります。

タオルでもできる寝るだけダイエットの方法

ストレッチポールにダイエット効果があると言われても、自宅にストレッチポールがない人も少なくありません。ダイエットのためとは言っても、新しく購入するとなると出費になるため躊躇う人もいるでしょう。

しかし、ストレッチポールがなくてもタオルで代用することが可能です。バスタオルを円状に巻くだけで十分代わりになるので試してみましょう。

基本姿勢で肩こり解消

ストレッチポール、もしくはタオルの端に座り、床に手を着きながら仰向けに寝ましょう。その後、膝を立てて手の力は抜いてください。降りる時は、お尻をずらして床に座り、そのまま床に仰向けの状態でいましょう。

これは「基本姿勢」と呼ばれるストレッチポールのやり方です。簡単に寝ているだけなので、苦労なく続けられますし、背骨や肩、骨盤がリセットされるため血行促進や代謝アップの効果が得られます。

さまざまな症状が改善されるベーシックセブン

ストレッチポールでオススメしたいのは「ベーシックセブン」と呼ばれる7つのトレーニングです。

  • 床を手で拭くような動作の「床磨き運動」
  • 両手を上にあげて肩甲骨の上げ下げを行う「肩甲骨の運動」
  • 手を床の上で滑らせるように動かす「鳥の羽ばたき運動」
  • 肘を伸ばして、肩幅くらいに足を開き、つま先をワイパーのように内外に動かす「ワイパー運動」
  • かかとを床につけたまま膝の曲げ伸ばしをする「膝ゆるめ運動」
  • ストレッチポールを左右に動かすように揺れる「小さな揺らぎ運動」
  • 脱力をしたまま呼吸をする「呼吸運動」

これらを行うことで、身体の悩みになっている症状のほとんどが改善されると言われています。それぞれ、長時間行う必要はありません。数分程度でいいので、身体にも負担がかからないのでおすすめです。

マッサージアイテムとしても活躍してくれる

ストレッチポールは、マッサージアイテムとしても活躍してくれます。肩こりが酷い人は、肩甲骨の辺りに来るようにストレッチポールに乗って転がすだけです。慣れない人は痛みを感じる場合もあるため、無理のない程度で行うようにしてください。

他にもストレッチポールはアスリート御用達と言っても過言ではないほど、さまざまなアスリートが使っています。その理由として、体幹トレーニングに利用出来るからです。

体幹トレーニングを行うことで、インナーマッスルを鍛えることが出来て、自然とダイエット効果にも繋がります。

寝るだけダイエットは10分寝るだけでも効果がある!

ストレッチポールに寝るだけのダイエットは、毎日10分だけでも効果が実感出来るようになります。基本的に、ストレッチポールを使ったダイエットは短期的に痩せるものではありません。

毎日地道に継続して行い、身体の調子を整えることでダイエット効果に繋がるのです。そのため、劇的な変化を求める人には向かないかもしれません。

しかし、毎日10分寝るだけでダイエット効果を得られるのですから、比較的取り組みやすいダイエット方法だと言うこともできます。また、ストレッチポールを利用したダイエットであれば、厳しい食事制限や激しい運動も必要ありません。

ストレッチポールを使うタイミングも、自分の都合に合わせられるので無理なく続けられるのが特徴です。

ストレッチポールを使い、寝るだけダイエットで身体に負担なくダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

339



ページのトップへ