公開日:2017/06/15 

絶対避けたい!老廃物を溜め込む危険なNG習慣はこれ!

女性の大敵、セルライト。セルライトが作られる原因には、溜め込んだ老廃物が大きく影響しています。何気ない日々の習慣が、老廃物を溜め込んでいるかもしれません。そこで、絶対に避けたいNG習慣をご紹介します。もしやっていたら今すぐやめましょう。

老廃物が溜まるとどうしてセルライトができるの?

セルライトができるまでの仕組み

太もものお肉をねじったりつまんだりすると現れる、ぼこぼことした塊がセルライトです。一度つくと落としにくい、女性の大敵セルライトはどうやって出来上がるのでしょう。セルライトを作っているのは、脂肪細胞の周囲に溜まった老廃物や不要な水分です。新陳代謝が正常だと血行が良好で、酸素や栄養素が十分に行き届いているので、老廃物や不要な水分は体外に排出されます。

しかし代謝が落ちてくると、血行が悪くなって老廃物や余分な水分を溜め込むことになります。酸素が行き届かないとなると、血行が悪くなる、老廃物を溜め込む、身体が冷えて脂肪がつきやすくなる、セルライトが出現するという負の連鎖が起こってしまうのです。

老廃物が溜まりやすいパーツ

セルライトがつきやすいことからも分かるように、足は老廃物が溜まりやすいパーツです。太ももの付け根部分には、鼠蹊(そけい)リンパ節というところがあります。老廃物が溜まるのは、リンパ節の流れが滞ってしまうからです。足を動かさず座りっぱなしの姿勢を取ることが多いと、むくみを引き起こします。股関節が固まってしまいリンパ節の流れが悪くる原因の1つが、同じ姿勢を続けることです。

また、猫背気味な場合は、背中の代謝が落ちている可能性があります。前屈みの姿勢を取り続けると、背中の筋肉が収縮せず血液の流れが悪くなるので注意が必要です。

足首が固いとポンプ機能が低下

ふくらはぎは、第2の心臓とも呼ばれる血液循環に欠かせない重要なパーツです。酸素や栄養素を取り込んだ新しい血液は、心臓のポンプ機能で全身に運ばれます。そして、老廃物などを含んだ古い血液が再び心臓に戻ってくる仕組みです。ふくらはぎの筋肉がきちんと収縮してポンプ運動ができると、古くなった血液を足先から心臓へと押し出せます。ふくらはぎのポンプ運動が弱くなると、血液の流れが滞って老廃物や水分が溜まり、むくみの原因となってしまうのです。

さらに、太ももの付け根にあるリンパ節にも老廃物が溜まってしまい、脂肪がつきやすくなってセルライトが作られることにも繋がります。また、足全体を支えている足首は、代謝の要です。足首が固くなって可動域が狭くなると、ふくらはぎの柔軟性にも影響を及ぼすことになってしまいます。

老廃物を溜め込むNG習慣

身体を冷やす食べ物の過剰摂取

身体が冷えると血流が悪くなり、代謝が落ちて老廃物が溜まってしまうということが分かりました。身体を冷やす原因は食べ物も影響しています。例えば、いつも冷たい飲み物ばかり飲んでいると、内臓が冷えて栄養が吸収されにくくなります。血液の働きが弱くなるので身体全体が冷えていくことに。冷たい飲み物の過剰摂取には注意が必要です。

また、白砂糖は身体を冷やすことで知られています。そのため、甘いものの食べ過ぎも身体を冷やす原因に。洋菓子をはじめ、和菓子やスナック、チョコレートなど白砂糖が含まれているものが多くあります。市販の甘いものは食べ過ぎないように気をつけましょう。

癖になっている血行を悪くする姿勢

オフィスでは長時間パソコンとにらめっこ、移動や自宅ではスマホに夢中。そんな方は要注意です。背中が丸くなって肩が内側に入ってしまう、巻き込み肩になっている可能性が。巻き込み肩は癖になると、背中にある広背筋が縮んでしまい血液の流れが悪くなります。血行不良によって代謝が落ちると、老廃物が溜まって冷えやむくみの原因に。そして脂肪がつきやすい身体になってしまいます。

正しい姿勢を作るには、背中の筋肉を使う必要があります。といっても、ジムなどで鍛えるのではなく、骨盤を立ててお腹を伸ばし目線を真っ直ぐにするだけでも効果的です。背中にある大きな筋肉を動かすことは、代謝アップをして老廃物を押し出すことに繋がります。正しい姿勢をキープすることで血液の流れが改善されて、冷えやむくみが解消されます。

運動不足は身体を歪ませる原因

少しの距離でも階段を使わずに、エレベーターやエスカレーターを利用することはありませんか?デスクワークで動かない上に、移動も歩かないと股関節が固くなっていきます。股関節周りが固くなってくると、老廃物が流れにくくなり溜め込む結果に。そして、悪い姿勢が習慣になることは、骨盤にも歪みを生じさせていくのです。

また、骨や関節が正しい位置からずれた状態でいると、バランスが取れなくなり姿勢が崩れてしまいます。バランスが崩れると、余分な力が入りやすくなり身体は緊張状態に。血行も滞るので、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。代謝も落ちてくるので、身体が冷えたり脂肪がつきやすくなったりして、セルライトに繋がってしまうのです。

セルライトを撃退する方法

美脚を手に入れるセルライト撃退マッサージ

足裏から太ももまでを順番にマッサージしていくのが、セルライト撃退への近道です。マッサージをする時は、お風呂の中や入浴後の身体が温まった状態で行うようにしましょう。まず、足の指をつまんで縦や横に引っ張ったり、手の関節を使って押したりしてほぐします。次に、両手の親指が前側にくるようにして足首を掴み、膝裏に向かってふくらはぎを優しくゆっくりと撫であげていきます。膝裏にあるリンパ節に老廃物を流し込むイメージで行いましょう。

最後に太もものマッサージです。内側と外側をそれぞれ、雑巾絞りの容量で絞り上げたら、膝から足の付け根に向かって優しくさすっていきます。お風呂上がりに行う時は、マッサージオイルやクリームを使うと、美肌効果もプラスできるのでおすすめです。

ふくらはぎを鍛えて代謝アップ

ポンプ機能を持つふくらはぎは、セルライト撃退に欠かせないパーツです。電車に乗っている時間や台所仕事をしている時間を利用して、つま先立ちでふくらはぎを引き上げるトレーニングをしましょう。親指に重心をかけるようにして、息を止めないようにするのがポイントです。デスクや自宅では座ったままできるトレーニングがおすすめ。

  • 椅子に深く腰かけたら、坐骨を立ててアゴを引き背筋を伸ばします。
  • 右足を床と平行になるようにゆっくり持ち上げて真っ直ぐ伸ばします。
  • 右足のつま先を下に向けて足首を曲げ、力を入れて3秒キープします。
  • 右足のつま先を上に向けてかかとを伸ばし、力を入れて3秒キープします。

片足10セットずつ行うと効果的です。余計な力が入らないように、ゆっくり呼吸をするのがポイントです。

ながらトレーニングで柔軟性アップ

股関節を柔軟にして老廃物の流れを良くするためには、日々の努力が不可欠です。長く続けるには、ながらトレーニングが適しています。ついでにできるので、続けていくうちに自然と習慣になっていきます。股関節はテレビを見ながら柔軟トレーニングをしましょう。

  • 骨盤を立てて床に座り、あぐらをかいて両足の裏を合わせます。
  • 息を吸ったら、足の付け根部分から身体を前方にゆっくり倒して両手を伸ばします。
  • ゆっくり息を吐きながら、手の平を遠くへつけるイメージで、身体を伸ばしましょう。
  • 深く呼吸をしながら10秒数えて元に戻ります。

これだけでも股関節の柔軟性が出てくるので、生活の中に取り入れてみましょう。

老廃物を流す習慣を身につけてスタイルアップ

老廃物を溜め込むNG習慣はついやってしまいがちですが、意識することで正すことができます。

  • 冷たいものや甘いものを食べ過ぎない
  • 正しい姿勢を意識する
  • ながらトレーニングで柔軟性を保つ

生活の中で気をつけていると自然と習慣になっていきます。NG習慣を良い習慣に変えて、老廃物とお別れしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

28



ページのトップへ