公開日:2018/03/19 

体のラインが見えない冬こそダイエットの季節!冬ダイエットにおすすめの運動と食事方法

冬は厚着をすることが多くなり、体のラインも見えにくくなっています。

そのため、体型のことが気にならない時期で、ダイエットを忘れてしまう人もいますが、あえて冬にこそダイエットを始めましょう。

冬のダイエットにおすすめの運動や食事、服装を紹介します。

冬ダイエットにおすすめの運動法

ダイエットをするには、まずは運動が必要となります。冬ダイエットでも運動を取り入れることで効果的に痩せましょう。

冬は体を動かしてダイエットをするのに、意外と向いているおすすめの季節となります。知る人ぞ知るダイエットの良いタイミングを生かしましょう。

冬は運動で痩せやすい

冬は夏とは違って、汗をかきにくくなっています。暑い夏の季節に運動をすると、汗がダラダラと流れ、いかにも「ダイエットに効果がある!」と感じられそうな状態になります。

確かに、計測してみれば、夏と冬では体重の減りに変化があり、夏の方がよく減っているように感じられます。

ところが、夏に運動をして減った体重は、基本的に汗による水分の重さが多くを占めているのです。

反対に、冬は体を寒さから守るために体温が上がり、基礎代謝も高くなっています。そのため、冬は夏よりも体脂肪を燃焼しやすくなっているのです。

ダイエットで痩せるためには、体脂肪を減らすことが基本となります。夏場の汗による体重の減少は、水分補給で元に戻ってしまうものです。

また、夏は汗をかくことで体の負担もきつく感じられ、運動が辛くなることもあります。意外かも知れませんが、冬の方が運動をしてダイエットをするのに向いているのです。

冬に気をつけたいダイエットの敵

冬はダイエットに向いている季節であるとは言いましたが、注意すべき点もあります。運動でダイエットを成功させるには、以下のようなダイエットの敵に負けないようにしましょう。

  • 寒くて体を動かすのが面倒だという気持ち
  • 寒いので外で運動したくない気持ち
  • どうせ冬は太りやすいという固定概念

おすすめの運動

冬のダイエットでは、運動のために外に出るのがつらいという人が多くなります。そんな場合には、外に出なければいけない時に集中的に体を動かすようにすると快適です。

外出の際に、普段よりも運動量を増やすことで、体も温まり、寒い外でも快適に過ごせるかもしれません。

行うことは、エスカレーターを避けて階段を使うことや、一駅多く歩くことなどで十分です。小まめに運動を取り入れることで脂肪を燃焼させます。

また、朝の起き抜けにベッドの中で体を動かすのも効果的です。朝は寒くて布団から出にくくなりますが、そこで軽くストレッチなどを行うことで体も温まり、目も冴えて快適な朝を迎えられます。

冬ダイエットにおすすめの食事と服装

冬のダイエットには、食事という強い味方がついています。冬にはダイエットに向いている食材や料理が豊富になり、おいしく痩せられる食事メニューを選ぶことができます。

食べすぎはいけませんが、おすすめの食事を取り入れてダイエット効果を促進しましょう。また、ダイエットにおすすめの服装も紹介します。

服装選びでダイエットをより効果的にサポートするだけでなく、冬場の寒さを快適に乗り切ることができそうです。

冬食材でダイエットが促進する

冬の食材やメニューの多くには、体を温めるものがあります。体を温めることは、代謝を高める効果が期待でき、さらに内臓や血流などの体の機能をアップして健康の維持に役立ちます。

また、冬のメニューによく使用されている調味料、香辛料の中にもダイエット効果を持つものがあります。冬場は、食材から味付けまで、ダイエットメニューとしてこだわることができそうです。

体を温める服装がダイエットを促進

冬の衣類は体を温めるためのものが多く、意外と夏場よりも体温を維持するのに適していることさえあります。夏場は薄着でいることが快適となり、体を冷やしやすくなっています。

特に足先などの末端を露出することも多くなってしまいます。薄着のままでひんやりとエアコンの効いた室内に入ることで、さらに体を冷やしてしまいます。

冬場であれば、基本的には温かい衣類を選ぶこととなり、自然と手足の末端も冷やさないように注意をします。

そのため、外気は冷たいけれど、服装によって体温を守り、代謝を高める効果が高くなります。

冬に気をつけたいダイエットの敵

冬の食材や服装は、楽しみながらダイエットをサポートしてくれますが、食事や服装の中にもダイエットの敵が潜んでいます。冬の食事や服装のマジックに騙されないように注意が必要です。

  • クリスマスや年末年始などのおいしいイベントの数々
  • 体型を隠せる重ね着による気持ちの油断
  • 寒さによって自然に体脂肪を蓄積されてしまう

おすすめの食事

冬の旬である根菜類は体を温める効果が期待できる食材です。ダイコンやニンジン、ごぼう、レンコンなど、おすすめの食材となります。

また、薬味や香辛料を豊富に味付けにくわえると、風味が良くなる上に体が温まります。

ネギやしょうが、ニンニクなどは、冬場の料理にピッタリの薬味です。また、飲み物は温かいものを選びましょう。

おすすめの服装

体を冷やさないためには、室内と外出で小まめに服装の調節をして、汗をかかずに体を温めることが大切です。

冬でも室内で厚着をしていると、知らない間に汗をかき、体を冷やしてしまうことがあります。

室内ではできるだけ薄着をして、外出の際には体温を下げないように体の太い血管を温めるアイテムと取り入れましょう。

首元や太ももを温めると良いので、マフラーやタイツ、スパッツなどはおすすめです。手袋や靴下なども良いですが、室内、特に就寝時の靴下には注意が必要となります。

温かく寝られるはずなのに、締め付けによって血行不良を起こす恐れもあり、反対に冷えてしまうこともあります。

冬ダイエットで効率良く痩せる!

多くの人がダイエットをサボりがちな季節ですが、意外とダイエットが向いている冬。自分だけ効率良く痩せて、春が来て薄着になったらみんなをあっと驚かせましょう。

冬のダイエットのコツは、運動と食事、服装を十分に活用して行うことです。ダイエットに必要となる基礎代謝や代謝を高める食材など、環境は十分に整っているので、それを生かしてダイエットを進めましょう。

分厚い冬もの衣類を脱いでも、そこには冬の間に蓄積した脂肪はありません。春もののファッションも自信を持って楽しみ、いつもの春よりも軽やかな足取りで街を歩けそうです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

360



ページのトップへ