公開日:2018/04/23 

アーモンドダイエットとは?方法や嬉しい効果も紹介します

アーモンドにダイエットに効果があることをご存知でしょうか?

アーモンドはカロリーも高く、食べると太るイメージもありますが、適切に摂取すればダイエット効果が期待できます。そんなアーモンドを使用したダイエット方法について紹介します。

アーモンドダイエットの方法は?

アーモンドダイエットの方法は、とてもシンプルです。毎日、決められた量のアーモンドを食べるだけです。ただし、無計画にアーモンドをたくさん食べればいいのではなく、毎日食べる目安量が決まっています。

1日に何グラム食べていいの?

アーモンドを食べるだけのアーモンドダイエットですが、基本のアーモンドの量は、1日あたり25gです。アーモンドは1粒約1gなので、25粒が目安量となります。

食べ方は、25粒を1度に食べるよりも、数回に分けて食べる方がいいでしょう。

1粒のカロリーは?

ナッツの一種であるアーモンドのカロリーは高く、1粒あたり約6kcalです。1gあたりのカロリーは、ご飯よりも高くなっています。そのため、アーモンドダイエットを行う時は食べ過ぎに注意が必要です。

アーモンドダイエットで食べるアーモンドは、実を炒めただけで味を付けていない素焼きアーモンドが適しています。

塩味などがついた味付アーモンドも市販されていますが、塩分摂取量が高くなってしまうため、ダイエットの際には避けた方が良いでしょう。

またアーモンドチョコレートのようなお菓子をアーモンドダイエットで素焼きアーモンドの代用品として食べるのも、カロリー過多の原因になるので厳禁です。

食べるタイミングはいつがいい?

アーモンドを食べるタイミングは、食事の前がおすすめです。少量の水といっしょに摂取すると、お腹の中で膨れるので食事量を減らすこともでき、摂取カロリーを減らしやすくなるのでより高いダイエット効果が期待できます。

POINT

ダイエット中でおやつを控えている時であれば、おやつとしてアーモンドを食べるのもいいでしょう。ただし、夜に食べるのを避けてください。

ダイエット中に嬉しいアーモンドの効果

アーモンドは、確かに脂質が高く食べ過ぎるとカロリー過多になってしまう食材ですが、上手に摂取すればダイエットにうれしい効果がたくさんあります。

ダイエット中の食生活にアーモンドを取り入れるだけで、さまざまな効果が期待できます。

お腹の調子を整える食物繊維が豊富

アーモンドには、食物繊維が豊富に含まれています。一般的に食物繊維が多いといわれる野菜の代表であるごぼうの1.6倍、レタスの9倍です。

アーモンドを摂取するとお腹の調子を整え、老廃物の排出をサポートしてくれるデトックス効果も期待でき、便秘解消に役立ってくれます。

ビタミンEの抗酸化作用で美肌に

ビタミンEの含有量が高いのも、アーモンドの特徴です。

  • ビタミンE
  • 活性酸素の害から身体を守ってくれる『抗酸化作用』があります。

ビタミンEはこの抗酸化作用により、お肌のシワやシミ、たるみなどを予防してくれる成分としても知られています。

アーモンドからビタミンEを摂取することで、ダイエット効果に加えて、老化を予防して美肌を保つアンチエイジング効果も期待できるというわけです。

また、アーモンドの薄皮には抗酸化作用があるという『フラボノイド』が含まれているので、美容目的も兼ねたいのであれば、フラボノイドも摂取できる薄皮がついたアーモンドを食べてみましょう。

オレイン酸は血行を良くし代謝を上げる

アーモンドには、『不飽和脂肪酸』のひとつである『オレイン酸』も多く含まれています。

  • オレイン酸
  • 善玉コレステロールを減らすことなく悪玉コレステロールを減らす働きや、血糖値を下げる働きがあることが知られています。

それだけではなく、オレイン酸には血行を良くしてくれる効果もあります。血行が活発になれば代謝も上がり、体脂肪を燃焼しやすくしてくれるので痩せやすい体質になる効果も期待できます。

アーモンドダイエットの注意点

アーモンドダイエットは、一定量のアーモンドを毎日食べるだけという手軽で実行しやすい方法です。

しかし、簡単な方法なだけにアーモンドダイエットはひとつ間違えると太る原因を作ることになりかねないため、実践する際に注意したい点もあります。

食べすぎは太る原因に

先述のように、アーモンドはカロリーが高いナッツ類です。食べ過ぎるとダイエットどころか太る原因となってしまいます。

アーモンドダイエットを行う時は、食べる量は必ず1日25粒と決められていますが、この量以上を食べるとカロリーオーバーになります。

POINT

アーモンドは脂質が高いため、食べ過ぎで肌荒れを引き起こすこともあります。そのため、アーモンドダイエットでは1日の摂取量を厳守するのが鉄則です。

過食は下痢を招く原因に

アーモンドには、食物繊維が豊富に含まれています。

適量を食べる分には必要な食物繊維量を摂取できますが、1度にたくさん食べ過ぎてしまうと腸内で水分と脂肪分が分離してしまうことにより、腹痛や下痢を起こす可能性があります。

このことからも、アーモンドダイエットではアーモンドを食べすぎない、一気に食べずに数回に分けてアーモンドを食べることを守りましょう。

もし、アーモンドダイエットを始めてからお腹の調子が悪くなったなどと感じた場合は、アーモンドの量を減らしましょう。

ダイエットにおすすめのアーモンドレシピ

原則として、味付けがされていない素焼きのアーモンドを食べるだけのアーモンドダイエットですが、アーモンドそのままでは食べづらい、食べ続けるのはちょっとつらいという時は、アレンジレシピでおいしくアーモンドを食べてみるのもおすすめです。

アーモンドは、デザートや料理のトッピングとしても活用できます。その具体例をいくつか紹介しますので、気に入ったものがあればダイエットに取り入れてみてください。

ヨーグルトのトッピングに

朝食として食べることも多いヨーグルトにアーモンドをトッピングすると、食物繊維などの栄養素もプラスでき、カリカリとした食感のアクセントを付けられます。

ヨーグルトにアーモンドを入れるだけで簡単にできるレシピですが、バナナなどのフルーツやはちみつ、きなこなどを一緒にトッピングすると、飽きずにおいしく食べられます。市販のヨーグルトにもアーモンドを砕いたものが入っているものもありますので、試してみてください。

アーモンド入りかぼちゃサラダ

普通のかぼちゃサラダにアーモンドを入れても、楽しい食感のサラダに仕上がります。

材料

  • かぼちゃ:100g
  • じゃがいも(小):1個
  • アーモンド:適量
  • カシューナッツ:適量
  • レーズン(ラム酒漬け):適量
  • マヨネーズ:12g
  • 牛乳:15g
  • 粒マスタード:6g
  • 塩こしょう:少々

小さく切ったかぼちゃとじゃがいもをレンジにかけて柔らかくしてつぶし、マヨネーズ、牛乳、粒マスタード、塩こしょうを混ぜます。これにアーモンドとカシューナッツを加えてできあがりです。

アーモンドをダイエットに取り入れて健康的に痩せよう

カロリーが高く一見ダイエットとは縁遠い食材と思われがちなアーモンドですが、実はダイエットに効果的な栄養素が豊富に含まれています。

美容効果が期待できる成分も含まれているので、適量を守って食べるだけでダイエットと美容効果が期待できます。ただし、やはり食べ過ぎると逆効果になってしまうため、しっかり管理する事も重要です。

まとめ

毎日実践しやすいアーモンドダイエットを毎日の生活に取り入れて、健康的にダイエットをしてみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

219



ページのトップへ