公開日:2018/04/26 

健康&美容を手に入れる!甘酒ダイエットの効果と方法とアレンジレシピ

『飲む点滴』と言われる甘酒ですが、ダイエット効果が期待できることをご存知ですか?甘酒ダイエットはいくつかの注意点を守って飲むだけなので、とても気軽にできるダイエット方法です。

甘酒ダイエットについて、その種類や効果について説明していきます。

テレビで話題の甘酒ダイエットの種類

甘酒には、2つの種類があります。『米麹からつくられる甘酒』と、『酒粕からつくられる甘酒』です。まずは、これらの甘酒について説明していきます。

米麹を使った甘酒とは

『米麹からつくられた甘酒』とは、米のでんぷんを、麹の作用で糖分に変えることによって作られた甘酒のことです。

アルコール分を含まないので、お酒の飲めない子供でも飲むことができ、どんな人でもダイエットに取り入れることができます。

また、米麹からつくられた甘酒の特徴として、『発酵を1度しか行わない』という点があります。米麹を発酵させることでブドウ糖が作られ、このブドウ糖が主に身体のエネルギーのもとになるのです。

酒粕を使った甘酒とは

では『酒粕を使った甘酒』はどのように作られているのでしょうか?

まず、米麹をさらに発酵させたものを、『もろみ』と呼びます。もろみを絞ったものが『日本酒』となり、絞ったあとの残りが『酒粕』とよばれます。この酒粕を溶かして作ったものが、酒粕を使った甘酒です。

酒粕の甘酒発酵方法と、米麹の甘酒発酵方法には、発酵回数の違いがあるのです。米麹を発酵するのと、酵母を発酵するのと2回の発酵を行います。『発酵を2回すること』に、酒粕の甘酒が持つダイエットの秘訣が隠されているのです。

米麹を発酵するとブドウ糖が生成されます。酵母の発酵でブドウ糖は、さらに食物繊維やタンパク質を作り出します。食物繊維が作られることは、便秘の解消にもつながるのでダイエットに効果的だといえるでしょう。

また、酵母の発酵によって作られる、タンパク質にもダイエットの秘訣があります。このタンパク質は『レジスタントプロテイン』と呼ばれ、脂肪の吸収を促進し、代謝をよくしてくれる効果が期待できます。

2回目の発酵で、ブドウ糖はアルコールによって分解されます。ブドウ糖が分解されるので、米麹の甘酒に比べて甘さはありません。酒粕からつくられた甘酒には、アルコールが含まれるのでお酒が苦手な方は注意しましょう。

どっちの甘酒も体には良い

『米麹からつくられた甘酒』と『酒粕からつくられた甘酒』は、どちらが良いのでしょうか。

米麹からつくられた甘酒にはブドウ糖が含まれ、身体のエネルギー源になるとともに代謝を挙げる効果が期待できます。

また、酒粕からつくられた甘酒には食物繊維や、レジスタントプロテインと呼ばれるタンパク質によって便秘解消、脂肪燃焼の効果が期待されます。

どちらの甘酒も健康に良いことは疑いの余地がありません。どちらを飲んでもダイエット効果が期待できるので、味の好みやアルコールの可否など、自分に合った甘酒を選ぶと良いでしょう。

米麹の甘酒のダイエット効果と飲み方

『米麹からつくられた甘酒』は、お酒が飲めない人でも飲めるので、たくさんの人に飲まれ続けています。そうした米麹の甘酒をダイエットに取り入れる際の効果的な飲み方について紹介します。

1食を置き換えて飲む

甘酒ダイエットをする際には、置き換えダイエットが効果的です。置き換えダイエットとは、1日の食事のどれかを甘酒に置き換えようというダイエット方法です。

米麹からつくられた甘酒は、ブドウ糖などの体のエネルギー源になる成分が多く含まれています。ブドウ糖を朝に摂取すれば、1日をエネルギッシュに送ることができます。

飲み過ぎには注意

ブドウ糖が体内に吸収されると血糖値が上がってしまいます。米麹からつくられた甘酒は、アルコールを含まないので、お酒が飲めない人でも飲めるという特徴を持っていましたが、血糖値の上昇には注意しましょう。

特に、糖尿病の方は注意が必要です。また、糖分・カロリーの摂りすぎにもつながりますので飲み過ぎないようにしましょう。

ダイエット以外にもこんな効果が

麹菌の中には、『ビタミンB群』が多く含まれます。ビタミンB群は、血行を良くし、代謝を挙げてくれる効果が期待できるため、皮膚のたるみやむくみの改善につながると言えます。

また、皮膚の状態をよくするビオチンという成分も多く含まれるため、肌荒れ解消など美肌効果も期待できることでしょう。

酒粕の甘酒のダイエット効果と飲み方

次に、『酒粕からつくられた甘酒』の効果的なダイエット方法を紹介します。

ダイエットに嬉しい栄養

酒粕からつくられた甘酒には、ダイエットにうれしい栄養素が入っています。まずは酒粕に含まれる『食物繊維』です。

食物繊維を豊富に含む、酒粕からつくられた甘酒をダイエットに取り入れると、腸内環境が良くなり、便秘も解消が期待できます。

さらに、レジスタントプロテインの働きによって、脂肪燃焼が促進されることが期待できるのです。お酒と言えども、ダイエットにうれしい栄養素がたくさん含まれているのです。

糖質制限ダイエット中の人にもおすすめ

酒粕からつくられた甘酒は、すでにブドウ糖が分解されてしまっています。そのため米麹からつくられた甘酒に比べて、糖質ダイエット中の人にもおすすめのダイエット方法です。

酒粕をもとにした甘酒づくりは、お家でも簡単にできます。糖質制限ダイエット中の方でも安心して飲むことができるので、ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

砂糖が多いので飲む量に注意しよう

酒粕からつくられた甘酒は、甘味が少なくなんだか物足りない気がするのも確かです。甘味が足りないゆえに、砂糖によって甘味がつけられていることもあるので、糖分の摂り過ぎには注意しましょう。

特に、市販されている甘酒を購入する際には、成分表示に気を付けて選ぶと良いでしょう。

100g当たりのカロリーで比べた時に、酒粕からつくられた甘酒は、米麹からつくられた甘酒よりもカロリーが低いです。

しかし、市販品は砂糖を加えることが多く、結果的に米麹の甘酒よりもカロリーが高くなっているものもあります。甘酒ダイエットでは、カロリーに気を付けて飲むようにしましょう。

味を変えて甘酒ダイエットを楽しもう

甘酒ダイエットを続けていくためには、味の変化が重要になってきます。甘酒を毎日飲んでいくので、だんだんと味が物足りなくなったり、飽きてしまったりします。

そうしたときでも楽しくダイエットを続けていくために、味を変えて甘酒ダイエットを行うと良いでしょう。

他の飲み物と合わせてみよう

甘酒の味に変化が欲しくなったら、ほかの飲み物と組みあわせるのがおすすめです。おすすめは『豆乳』と組み合わせての飲み方です。豆乳はダイエットに合わせて、『大豆イソフラボン』のもつ美肌効果も期待できます。

豆乳を入れることで、味にまろやかさが出て飲みやすくなります。砂糖の含まない無調整の豆乳を選んで甘酒と組み合わせて飲むとなお良いでしょう。

きな粉やヨーグルトと合わせる

『きな粉』や『ヨーグルト』と合わせるのもおすすめです。きな粉には、食物繊維が豊富に含まれています。

きな粉は、食物繊維だけでなく大豆オリゴ糖を含むので、食後に血糖値が急に上昇してしまうのを防いでくれます。糖質制限ダイエット中の方も、安心して楽しめることでしょう。

また、ヨーグルトと組み合わせると、植物性は高食品の甘酒と動物性発酵食品であるヨーグルトの両方を効率良くとることができ、腸内環境を整えてくれる効果が期待できます。

そのほかにも、甘酒をスムージーと組み合わせるなどして、様々なバリュエーションで甘酒ダイエットを継続できるように工夫していくと良いです。

栄養豊富な甘酒でダイエットしよう

一言に甘酒といっても、『米麹からつくられた甘酒』と『酒粕からつくられた甘酒』の2つがありました。どちらも健康に良いだけではなく、美容や疲労回復にも効果的であるので、自分の好みに合った甘酒を選んで、ダイエットに取り入れましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

245



ページのトップへ