公開日:2018/03/29 

バジルシードダイエットで無理なく痩せる!効果とやり方を紹介

『バジルシード』をご存知でしょうか?高いダイエット効果が期待できるため、近年、女性を中心に人気を集めている食品です。バジルシードを使って、無理なく健康的に痩せるため、ダイエット効果とやり方をご紹介します。

バジルシードはどういった食品なのか?

『バジルシード』は、近年ではスーパーフードとして国内外問わず、注目を集めています。まずは、バジルシードがどのような商品なのか、その人気の理由や特徴について見ていきましょう。

バジルの種でできている

バジルシードは、『オシマム・カヌム』と呼ばれる植物の種です。豊富な栄養素や食物繊維を含んでおり、主に食事制限のダイエットにおいて、とても優秀な効果を発揮します。

バジルシードダイエットは、普段の食事にバジルシードを入れるだけです。

簡単なダイエット方法のため、気軽にダイエットをはじめたい人におすすめです。

水を入れると30倍に膨らむ

バジルシードが持つ最大の特徴は、水を入れると約30倍に膨張することです。 そのため、少量摂取するだけでも、満腹感を得られます。100gでたったの100kcalと、非常に低カロリーなところも魅力でしょう。

しかし、バジルシードと一緒に食べるものが高カロリーでは、せっかくの効果を発揮できません。砂糖をはじめとする甘味料などを、入れすぎたりしないように注意が必要です。

効率よくダイエットをするためにも、『何とバジルシードを組み合わせるか』をよく考えて食事をしましょう。

バジルシードには不溶性食物繊維がたくさん

バジルシードには『不溶性食物繊維』が豊富に含まれています。

  • 不溶性食物繊維
  • 食べた後に胃の中で水分を吸収して膨張するため、便の量がかさ増しされ、お通じを良くするとともに、腸内環境も整えてくれるのです。

  • 不溶性食物繊維
  • 消化吸収を助け、血糖値の上昇を抑えます。

血糖値の上昇が緩やかになると、糖を脂肪に変える『インスリン』の分泌量が減るため、結果、脂肪を蓄積しにくくなるのです。

バジルシードがダイエット食品として人気を集めるのは、このように複数のダイエット効果が得られるためでしょう。

バジルシードダイエットの効果は?失敗しやすい?

ダイエットに適した食材のバジルシードですが、見た目、食感などが独特なため、苦手な方もいるでしょう。効果や成功するためのポイントを紹介します。

見た目がよくない

バジルシードは、その見た目から「カエルの卵に似ている」と言われます。見た目がとは言えないため、ダイエットに取り入れる際には、少し抵抗を感じることもあるようです。また、タピオカのようなゼリー状の独特な触感からも、苦手意識を感じる人がいます。

飲むことに慣れると成功しやすい

その見た目から敬遠されがちなバジルシードですが、継続的に取り入れることで、だんだんと慣れていきます。1度慣れてしまえば、ダイエット効果は高いので、成功につながりやすいでしょう。

POINT

食感が苦手だという人も、クッキーに混ぜて食べてみたり、ジュースに混ぜるなど、工夫をすることで緩和できます。自分にもっとも食べやすい方法を模索してみましょう。

バジルシードダイエットのやり方

バジルシードダイエットは、自分に合ったやり方で、食事に取り入れることが重要です。

頻繁に間食をする人は、間食をバジルシードに置き換えるとよいでしょう。特に、食事の前に取り入れると、空腹感をおさえることができ、食べ過ぎも予防できます。これにより、トータルの摂取カロリーを減らすことが可能です。

POINT

間食をあまりしない人は、1日3食のうち1食をバジルシードに置き換える方法がおすすめです。その際、残りの2食でカロリーを摂りすぎないように注意しましょう。

また、食前にバジルシードを摂取する方法も有効です。食べ過ぎを防止し、効果的に痩せる習慣を身につけることができます。その場合、食事の30分ほど前にバジルシードを食べるようにしましょう。

水に入れて飲む方法

バジルシードは水に入れて飲んでも良いです。水の中に入れると、約30倍に膨張するため、食事の前に飲むと、食べ過ぎを未然に防いでくれます。

水に入れるだけでは、味がなく物足りないという方は、フルーツジュースなどで味付けをして飲むとよいでしょう。飲みやすくなるため、ダイエットも長続きしやすくなります。

寝る前のスープに

寝る前に食べる夜食は、その後にカロリーが消費されにくいので、脂肪として体内に蓄積されやすくなります。

本来なら寝る前には何も食べないことが好ましいですが、どうしてもお腹がすいてしまったときには、夜食をバジルシード入りのスープなどに置き換えてみるとよいでしょう。

夜食を寝る前のスープに置き換えることで、あまりカロリーを気にせずに、空腹感を満たすことができます。

朝の味噌汁に

バジルシードを朝に取り入れることも効果的です。食事制限ダイエットをしている人も、朝食にバジルシードを加えた食事を取ることで、少量であってもお腹を満たすことができます。

朝から摂取することで、その後の食事量を制限することができ、カロリーの取り過ぎを防いでくれるため、より高いダイエット効果が期待できます。

便秘の人はヨーグルトに入れるのもおすすめ

便秘に悩む人は、バジルシードをヨーグルトとともに摂取するとよいでしょう。バジルシードは食物繊維を豊富に含むので、便秘を解消する効果も期待できます。

また、ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は整腸効果があるため、便秘の解消とダイエット効果の両方を得ることが可能です。

バジルシードダイエットのレシピ

ダイエットを継続的に進めていくためには、さまざまなレシピに挑戦し、味の変化を加えていくことも必要です。味に飽きて挫折することがないよう、おいしくダイエット生活を送ることが、理想の体重に近づくうえでは欠かせません。

アサイー チア&バジルシード ヨーグルト

バジルシードやチアシードといったシードには、食物繊維が多く含まれています。しかし、シード自体には味がついていないので、アサイージュースなどと混ぜ合わせ、飲みやすくして取り入れるとよいでしょう。

さらに、ヨーグルトを加えると味の変化も楽しめるので、飽きにくく、ダイエットを長く継続しやすくなります。

おからとバジルシードのプチプチクッキー

おからでできたクッキーにバジルシードを混ぜて食べると、食感も楽しめる『ダイエットお菓子』が出来上がります。ダイエット中には我慢しなければならないお菓子も、ダイエット食品であるバジルシード入りなら、抵抗なく食べることができますね。

おからは、豆腐を作るときに残ったかすのことです。おからには食物繊維が多く含まれるため、便秘の解消や腸内環境の改善につながると言われています。

おからをバジルシードと組み合わせることで、より効果的にダイエットを進めていけることでしょう。

バジルシードを使って気軽にダイエットしよう

スーパーフードと呼ばれるバジルシードは、大きなダイエット効果が期待できる食材として、注目を集めています。3食のうち、1食をバジルシードに置き換えてみたり、水に入れて食前に飲んだりと、自分にあった方法を選んでください。

もし、バジルシードを食べることに飽きてしまったら、ヨーグルトやスープに入れて味を変えるなど工夫をしましょう。

POINT

バジルシードダイエットでもっとも大切なことは、続けることです。チアシードダイエットを習慣化して、健康的かつ効率的に痩せましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

399



ページのトップへ