公開日:2017/06/15 

お風呂上りに要注意!キレイを保つボディケアとヘアケア法

お風呂では、ボディとヘアケアができると思っていませんか。確かにお風呂はその効果があります。ですが、お風呂上りのケアの有無が、よりキレイになれるか否かの分かれ目になることもあるのです。お風呂上がりのケアで、キレイを保つ方法をご紹介します。

お風呂上りのケアでキレイが決まるのはなぜ?

お風呂上りのボディとヘアは敏感な状態

お風呂に入ると、肌が潤い、さっぱりとした気持ちになるかと思います。ボディもしっとりとし、ヘアも汚れがない状態だと感じることでしょう。お風呂に入ることは、ボディやヘアの新陳代謝を活発にし、清潔さを保ってくれます。

ですが、お風呂には意外な落とし穴があるといわれています。場合によってはしっかりとケアができていない場合、逆にきれいになることができないことがあります。お風呂上りのボディケアとヘアケアをしっかりと行うことで、より健康的でキレイなボディやヘアを保つことができるのです。

実は、お風呂上りは、ボディやヘアの毛穴が開いた状態になっていることが多いとされています。また、お風呂のお湯が肌の水分を吸収し、乾燥した状態になることから、無防備で敏感になっているのです。そのため、刺激を受けやすい状態でもあるのです。

ボディの乾燥は、新陳代謝を悪くする

お風呂上りは、ボディの乾燥が激しくなるとされています。お風呂に入ると、肌に潤いを与える働きをしている「保湿因子」が流れ出るといわれているからです。そのため、入浴後は入浴前よりも、水分が逃げていきます。また、水分が急激に蒸発してしまうこともあって、特に乾燥しやすい状況になるのです。

さらに、ボディが乾燥すると新陳代謝も悪くなり、古い皮膚から新しい皮膚へ生まれ変わるというターンオーバー機能が鈍ってきます。そうなると、古い角質が肌にたまり、潤いも不足するため、余計にボディがカサつく結果となることが多いといわれます。

濡れたヘアは雑菌が生じやすく、乾燥しやすい

濡れたヘアは、雑菌が増殖しやすいといわれています。特に、洗ったままで放置している時間が長くなればなるほど、雑菌の増殖を進ませてしまうのです。ヘアに雑菌が増殖すると、嫌なにおいが発生する要因にも。

お風呂から上がったら、できるだけ早く乾かすようにしましょう。自然乾燥派の方は、雑菌対策のため、ドライヤーを使うことをおすすめです。頭皮が潤っていないと乾燥が生じ、かゆみやフケなどのトラブルを起こしがち。新陳代謝も悪くなるため、ボディと同じように保湿をすることが大切です。

お風呂上りに大切なボディとヘアケアとは?

ボディケアは、乾燥対策を心がけて

お風呂上がりのボディは、乾燥しているので、なるべく早く肌を保湿することが重要です。5分以内にボディケアを行うことが推奨されています。お風呂でほてったボディは水分の蒸発が早く、15分後には急激に乾燥している状態になるからです。乾燥がひどくなる前のケアが必要なのです。

保湿には水分の膜をつくり、皮脂と混じり合い、バリア機能を保ってくれる「尿素」配合のクリームが効果的だとされています。他にも、肌の細胞の奥にまで届くボディオイルや弱アルカリ性のボディローションを使うことで、高い保湿効果が期待できます。

ヘアは素早く乾かし、潤いを閉じ込めて

ヘアをしばらく濡れたまま放置しておくということはありませんか。この行動はとても危険なことなのです。濡れたヘアは、キューティクルが開いた状態になっているからです。キューティクルとは、外部の刺激からヘアを守ってくれる働きを持っています。

濡れたヘアのままで長時間過ごすことは、キューティクルへの摩擦も増え、髪の毛がパサつく原因にもなります。ドライヤーで熱を与えることで、キューティクルを閉じることができ、パサつく前に潤いを閉じ込めることができます。

また、頭皮を濡れた状態にしておくことは、雑菌を増殖させる原因にもなるといわれています。ドライヤーでしっかり乾かすと雑菌の増殖を防止できます。

お風呂の中でもボディとヘアケアは可能

ボディやヘアケアというと、お風呂上りのイメージですが、それが全てではありません。

例えばボディをタオルでふく前に、濡れた体にボディクリームなどを塗ることで、水分と油分が乳化します。こうすると少しの量でものびがよくなり、ボディへなじみやすくなります。保湿成分の高い入浴剤やボディソープを併用して使う方法もあります。

ヘアケアなら洗い流さないトリートメントなど、濡れた髪につけることができる製品もあります。その後すぐにドライヤーで乾かし、潤い成分を浸透させることができるといわれています。

これがイチオシ!ボディとヘアケア製品

ボディローションなどは保湿性を重視

お風呂上がりのボディケアは、保湿性が高いものを使うことが大切です。保湿性の高いボディケア用品は、さまざまなものがあります。ただ、肌質は個人によって異なるので、サンプルなどを使用し、自分の肌に合うものを選ぶことがおすすめです。

お風呂上がりの乾燥した肌は、皮膚のpHがアルカリ性になっていることが多いといわれています。そうなると、皮膚が乾燥し、雑菌が増殖したり、かゆみが出やすくなります。pHが弱アルカリ性のローションを使用することで、キレイなボディを維持できることでしょう。

ヘアケアには育毛ローションなどマッサージを

ヘアもボディと同じように、保湿することで潤いを保つことができます。ヘアの保湿には、育毛ローションなどをお風呂上りに頭皮にやさしくすり込ませることが効果的だといわれています。

お風呂上りは頭皮の汚れが除去され、毛穴が開いた清潔な状態で、ローションの浸透もよくなるとされています。ローションはノンアルコールタイプで、血行不良対策には血行改善の成分が配合されたローションを選ぶことがおすすめです。

ヘアオイルを使うことも有効だといわれています。オイルは、保湿に加え、頭皮の保護作用も高いため、やさしくヘアを守ってくれます。さらに、オイルは頭皮の奥まで浸透しやすいため、マッサージをしながらすり込むことで、血行促進が期待されます。

お風呂の中でボディとヘアケアできるものも

一般的には、ボディとヘアケア製品は、お風呂上りにするものが多く発売されています。中には入浴時に使用できる製品もあります。お風呂上りにケアをするのは面倒だと感じる方には、ありがたいアイテムかもしれません。

ボディケア製品として、ボディソープとボディオイル、マッサージ効果が1つになっているものがあります。これなら、ボディを洗うだけで保湿とマッサージの役割がありますので、お風呂上りのケアはしなくてもいいですね。

ヘアケア製品も頭皮の乾燥やダメージを防ぐオイルシャンプーやクリームシャンプーなどがあります。お風呂上りにヘアを素早く乾かすことに変わりありませんが、シャンプーをしながらマッサージや潤い効果が期待できます。

ボディとヘアケアを侮るなかれなのです

  • お風呂上りは、ボディとヘアが敏感な状態になっていることを覚えておく
  • ボディケアには、保湿性が高い製品を使用する
  • お風呂上りには、雑菌を増殖させないためにも素早くヘアケアをする

お風呂上り以外でのケアは入念にするが、お風呂上りはいろいろと忙しく、ボディやヘアケアがおろそかになりがちな方も多いと思います。お風呂上りこそキレイをつくるベストタイミングなので、上のポイントが重要になります。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

306



ページのトップへ