公開日:2017/12/11 

コッコアポの成分は?便秘に効くのは?ラインナップを調査

肥満や便秘を解消するクラシエ薬品の漢方薬「コッコアポ」。でも、製品ラインナップによって、含まれる成分が違うということをご存知でしたか?

今回は、コッコアポの各製品の特徴および、特に便秘に効く製品について調べました。

コッコアポの製品ラインナップと成分

コッコアポの製品ラインナップ

肥満やむくみの改善ができる漢方薬「コッコアポ」シリーズ。CMで有名ですよね。便秘に効くと聞いて、コッコアポを飲みたいと考える人もいるでしょう。

肥満症に効く漢方薬としては、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)が有名です。コッコアポもそのひとつなのですが、実は製品ラインナップのうち、防風通聖散が入っているのは「コッコアポEX錠」だけなのです。

まずは製品ラインナップをご紹介します。

  • コッコアポEX錠
  • 食欲があってすぐおなかがすき、お腹周りの脂肪が気になる方用
  • コッコアポG錠
  • イライラとストレスがたまりがちであちこちの脂肪が気になる方用
  • コッコアポL錠
  • 疲れやすくて特に下半身のたるみが気になる方用
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 手足が冷える、足のむくみが気になる方用

同じ「肥満とむくみ」に対応する製品でも、太り方のタイプによって選ぶ製品も変わってきます。

コッコアポは製品によって配合成分が違う

漢方薬は「証」と言って、同じ症状でも体質によって選ぶ薬を変えて処方します。

コッコアポシリーズもそれと同じ考え方で、同じ「肥満」でもどういうタイプの肥満なのかを見極めた上で、その人に合った製品が選べるようになっているのです。各製品に配合されている漢方薬名を見てみましょう。

  • コッコアポEX錠
  • 元気で便秘気味な人の便秘を解消して脂肪燃焼を促進する防風通聖散
  • コッコアポG錠
  • ストレスで身体にこもった熱を取り除いて脂質代謝を助ける大柴胡湯(だいさいことう)
  • コッコアポL錠
  • 疲れやすくて運動不足の人の脂肪燃焼を助ける防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • むくみを解消する

この中で、便秘にも有効な製品はどれでしょうか。

便秘に効くコッコアポは2製品

ご紹介したコッコアポシリーズの中で「便秘に効く」のは防風通聖散を含むコッコアポEX錠と、大柴胡湯(だいさいことう)を含むコッコアポG錠です。

コッコアポEX錠は、体力が比較的あるが便秘気味で、お腹周りの脂肪が気になる人に作用して、便を柔らかくして排出しやすくするとともに、お腹周りの脂肪燃焼を助けてくれます。

一方、コッコアポG錠は、ストレスからくる自律神経の乱れを整えることで、弱っている腸の働きを元に戻そうとする働きがあるのです。

自分はどちらのタイプの体質なのかを見極めてから、コッコアポEX錠にするかコッコアポG錠にするかを選びましょう。次の章では、コッコアポEX錠とコッコアポG錠、それぞれの効果と副作用について見ていきます。

コッコアポEX錠の効果と副作用

コッコアポEX錠の効果

コッコアポEX錠は、体力があってお腹周りの脂肪が気になり、かつ便秘気味の方におすすめの漢方薬です。効果は以下の通りです。

  • 高血圧や肥満に伴うどうき、肩こり、のぼせ、むくみ、便秘
  • ちくのう症(副鼻腔炎)
  • 湿疹、皮膚炎
  • ふきでもの(にきび)
  • 肥満症

肥満症や便秘に効くほか、吹き出物や湿疹、ちくのう症にも効果があります。

コッコアポに含まれる防風通聖散は、白色脂肪細胞(脂肪を蓄積する細胞)と褐色脂肪細胞(脂肪を燃焼する細胞)の両方に働きかけ、溜め込んだ脂肪を分解して燃焼するよう促進。

また、余分な水分や老廃物を輩出しやすくし、便を柔らかくする効果もあります。

コッコアポEX錠の副作用

コッコアポEX錠の副作用にはどのようなものがあるでしょうか。

  • 皮膚
  • かゆみや赤み、発疹
  • 消化器
  • 吐き気や不快感、食欲がなくなる、お腹が張る、激しい腹痛を伴う下痢、腹痛
  • 神経
  • めまい
  • その他
  • 発汗やどうき、むくみ、頭痛
  • まれに起こる重い症状
  • 間質性肺炎(動くとすぐ息切れする、空せきなど)、偽アルドステロン症やミオパチー(手足のしびれやだるさ、脱力感など)、肝機能障害(黄疸、褐色尿、全身のだるさなど)

特に皮膚のかゆみや発疹、下痢は口コミでも見られる副作用です。飲み始めて異変を感じた場合は、コッコアポEX錠に添付されている説明書を持って、医療機関へ相談しましょう。

コッコアポEX錠使用時の注意点

コッコアポEX錠を使用する時にしてはいけないことと注意点も確認しておきましょう。してはいけないこととしては2点。「他の下剤と併用しない」「授乳中の女性は使用しない」という点です。

また、使用前に医師や登録販売者に相談する必要のある人は次の通りです。

  • 医師の治療を受けている人
  • 妊婦または妊娠していると思われる人
  • 体の弱い人や体力の衰えている人
  • 胃腸が弱くてすぐ下痢をする人
  • ひどく汗をかく人
  • 今までに薬でアレルギーを起こしたことがある人
  • むくみや排尿困難のある人
  • 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害いずれかの診断を受けた人

自分に当てはまる項目がないかどうか確認してくださいね。

コッコアポG錠の効果と副作用

コッコアポG錠の効果

コッコアポG錠は、体力があってわき腹からみぞおちにかけて苦しく、かつ便秘気味の方向けの漢方薬です。効果について見てみましょう。

  • 胃炎
  • 常習便秘
  • 高血圧や肥満に伴う肩こり、頭痛、便秘
  • 神経症
  • 肥満症

EX錠に比べると、G錠は神経症に伴う胃炎や常習化した便秘にも効くということが分かりますね。同じように肥満症と便秘に効くとは言え、作用の仕方が違うということが良く分かります。

ストレスによって高まった体の熱を落ち着かせることで、乱れた自律神経を元に戻すよう働きかける効果が大きく作用しているのでしょう。

コッコアポG錠の副作用

効果についてはEX錠と違う部分がいくつかありましたが、副作用はどうなのか気になりますね。コッコアポG錠の副作用について見ていきましょう。

  • 皮膚
  • かゆみや赤み、発疹
  • 激しい腹痛を伴う下痢、腹痛
  • まれに起こ重いる症状
  • 間質性肺炎(動くとすぐ息切れする、空せきなど)、肝機能障害(黄疸、褐色尿、全身のだるさなど)

コッコアポG錠は、EX錠に比べると副作用が少なめですね。ただ、皮膚のかゆみや発疹、下痢など、EX錠と似たような副作用があります。EX錠と同じですが、これらの症状が出た場合は、すぐに使用を中止して医師に相談しましょう。

使用前に医師や登録販売者に相談する必要のある人は次の通りです。

  • 医師の治療を受けている人
  • 妊婦または妊娠していると思われる人
  • 体の弱い人や体力の衰えている人
  • 胃腸が弱くてすぐ下痢をする人
  • 今までに薬でアレルギーを起こしたことがある人

注意事項も、EX錠より若干少ないですね。内容はすべてEX錠にあった条件と同じです。G錠を使おうと考えているけれどお腹が弱い方や体力があまりない、という方は医師などに相談してから使い始めるようにしてください。

便秘に効く成分の入っているコッコアポは2種類

コッコアポシリーズの製品ラインナップの紹介と、便秘に効くタイプのコッコアポ製品2種類の効果や副作用についてご紹介しました。コッコアポシリーズは、体質別に別の漢方薬を有効成分として使用しています。

便秘にも効くコッコアポシリーズは防風通聖散のEX錠と大柴胡湯のG錠!

EX錠は元気でお腹周り脂肪が気になり便秘気味の人向きで、G錠は元気でわき腹からみぞおちにかけて苦しく便秘気味の人向きなので、自分の体質を見極めて選んでくださいね。


おすすめの防風通聖散を紹介!
防風通聖散の効果は?飲んだ人に聞いた本音口コミ大公開


  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

101



ページのトップへ