公開日:2017/05/26 

肌が老けるのを防ぐ!ほうれい線にも効果的なクリームの選び方

ほうれい線が目立つようになると、老けて見えるというのは残念ながら事実です。乾燥肌だったり、敏感肌だったりすると、ほうれい線が目立つのも早いとか。お肌の老化を防いで、ほうれい線も予防できる、そんな効果が期待できるクリームの選び方をご紹介します。

ほうれい線が目立つようになる原因はお肌

ほうれい線が目立ちやすいお肌がある?

ほうれい線が目立ってくるのは、頬が垂れ下がったようにみえる肌のたるみが原因です。人は年をとるにつれて老化し、お肌も含め体のあちこちにゆるみや不都合が生じてきます。老化を待たずとも、若い人の間でもほうれい線が目立つという方が増えてきています。

パソコンやスマートフォンの普及に伴い、頭を下げて同じ画面をずっと見ていることが増えて猫背気味になっているのも理由となっています。重力の影響もあり、下向きの姿勢を続けると頬に直接重力がかかり、頬がたるんでしまうということになるのです。

それだけでなく、お肌自体のたるみも原因となります。お肌の質によっては、ほうれい線が目立ちやすいお肌もあります。

お肌は多層構造で様々な物質が関係している

お肌は、厚みはせいぜい1.5mmほどと薄いのですが、多層構造をしています。表面は角質層で覆われた表皮です。角質層は、ブロック状になった角質細胞が重なってできています。このブロックを、セラミドを主成分とする細胞間脂質がつないでいます。しっかり張り合わされていると、お肌の内側に水分がキープされます。

表皮の下にコラーゲンやエラスチンが網状になっている真皮層があります。真皮層には、線維芽細胞やゼリー状のヒアルロン酸などがあり、肌の内側から水分を保っています。真皮層の下に、脂肪層がメインの皮下組織があります。顔の表情筋に直接張り付いていて、このおかげで、細かな表情を作ることができます。

お肌のターンオーバー機能が正常なら老化を防げる

お肌には、ターンオーバー機能、お肌の新陳代謝機能が備わっています。お肌は多層構造になっていますが、基底層で生まれた細胞は形を変えながら、時間と共に表面に押し上げられて最後は垢となって剥がれ落ちます。この機能が低下すると肌の色がくすんだり、シミが増えたりといった症状があらわれます。

お肌の中でも老化が進むとコラーゲンなどが減り、肌のハリがなくなっていきます。実は、このコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった要素は、お肌の中でも作られています。真皮の中にある線維芽細胞は古くなったエラスチンやコラーゲンなどを分解しつつ、新たに作っているのです。

ヒアルロン酸も同様に線維芽細胞が作っています。年を取るにつれて、あるいは紫外線の影響を受けると線維芽細胞の再生能力が弱まってしまい、真皮にある成分の生産が滞ってしまいます。

しっかり保湿できる成分が配合されていること

お肌のたるみを防ぐために必要な成分

ほうれい線を予防するためには、お肌のたるみを防ぐのが近道といえます。お肌のたるみを防ぐには肌の水分をしっかり保つ、保湿を行うことと、真皮層の成分がしっかり再生される肌の再生機能がきちんと働くようにしてあげることが必要です。

お肌にはバリア機能があります。お肌の1番外側にある皮脂膜、そのすぐ下にある角質細胞内にある天然保湿因子や角質細胞の隙間を埋めて、水分の蒸発を防いでいる角質細胞間脂質がバリア機能を請け負っています。紫外線や乾燥、雑菌といった外部刺激から体を守っているのです。同時に内側から水分が必要以上に蒸散するのを防いで、お肌の保湿を守る役目もあります。

お肌の水分保持に有効なヒト型セラミド

お肌の水分をキープする役割を担っているのが、角質層で角質細胞の接着材として機能している細胞間脂質です。実にお肌の水分保持の8割を細胞間脂質が担っています。この細胞間脂質の大部分を占めているのがセラミドです。

セラミドにも、種類があります。人の皮膚にあるヒト型セラミドはバイオセラミドとも呼ばれていますが、人間の角質層にあるセラミドと化学構造が同じになっています。天然酵母を利用して作られることが多く、他のセラミドと比べて高い保湿力を持っています。

化粧品の成分としては、セラミド1、セラミド2といった形でセラミドの後に番号が振られています。保湿力が高くて浸透性も高いので、このヒト型セラミドが含まれているものを選ぶといいかもしれません。

最近話題のヒルドイドの保湿効果は?

薬品として扱われているヒルドイドは皮膚の水分保持効果があるクリームで、医薬品扱いなので保険適用です。主成分はへパリン類似物質になっていて、肌本来が持つ保湿力を強化する働きがあり、アトピー性皮膚炎などの治療にも使われています。

皮膚細胞に浸透して水分補給し、高い保湿力が持続するという特徴もあります。高い保湿力があり、肌の新陳代謝を活性化してターンオーバーを促進する効果があるとされ、シミやしわにも効果が期待できます。

お肌の再生能力が高いと皮膚の奥にできた傷やメラニン色素にも作用し、お肌をあるべき正常な状態に戻してくれるのです。その嬉しい副作用がニキビへの効果です。ヘパリンは、ニキビにも効果的ともいわれています。

エイジングケア対策に効果的な成分が配合されていること

ほうれい線が目立たないお肌つくりを目指す

ほうれい線が目立ちにくいお肌にするためには、お肌がもともと持っているターンオーバー機能がきちんと機能する状態になる助けをすることが肝要です。一時的にほうれい線を消すのではなく、ほうれい線ができにくい目立ちにくいお肌にするのが目標です。

お肌のターンオーバー機能を妨げる最大の外部要因は紫外線です。紫外線対策のクリームは、お肌のエイジングケアの基本にあるものといえます。UVクリームは様々なものが、多くのメーカーから発売されています。

SPF値が高いに越したことはありませんが、自分のお肌に合うか、つけた時にピリピリしたりしないかといった使用感を考慮して、使いやすいものを選ばれるといいでしょう。

医薬品に区分されるトレチノインの効果は?

医薬品として販売されているトレチノイン配合クリームがあります。皮膚科で処方され、そばかすなどの表皮にあるシミ、紫外線による皮膚のダメージや劣化に効果があるとされています。皮膚の細胞分列を促進して新しい皮膚の再生を促します。皮膚の生成を数時間で行ってくれるので、ほうれい線にも効果が期待できます。

それほど普及しているクリームではないため、副作用の危険性が否定されていません。トレチノインは角質を剥がしていくので、レチノイド反応が生じる危険もあります。強い反応が出ると炎症後色素沈着というシミを作ってしまうので、使用する際には注意深く、医師の判断を仰ぎながら使われることをおすすめします。

肌のターンオーバーを促進する成分が配合されているもの

真皮の中にあるコラーゲンやヒアルロン酸は、お肌の内側から水分を保持する役割を担っています。さらに水分を保つだけでなく、お肌全体に潤いをもたらすことで、弾力や柔軟性をもたらす元ともなっています。ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれているクリームも、ある程度はお肌の質アップや、ほうれい線に効果があるといえます。

お肌の保水をし、弾力を保つ役割もある天然保水成分は、洗い過ぎによっても力を失ってしまいますから、クレンジングの際にはお肌を傷つけないよう気を付ける必要があります。保水力だけでなく、抗酸化作用などももっているプロテオグリカンは、お肌のターンオーバーを促進する機能もあるといわれています。

ほうれい線に効果があるクリームはお肌に効果があるもの

  • ほうれい線はお肌のたるみや質の変化が原因になっていることが多い
  • 保湿効果を高めて、お肌のブロック機能を応援
  • クリームを選ぶなら、保湿効果が高いもの、ターンオーバーを促進する、アンチエイジング機能をもっているものなどを選ぶ

ほうれい線を解消、予防するためには、お肌の質を変えていくことが有効です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

69



ページのトップへ