公開日:2017/05/26 

青汁で美を磨く!キレイを目指す人のための正しい青汁の選び方

青汁を選ぶとき何を基準に選んでいますか?一口に青汁といってもいろいろなタイプがあり、本来は目的に合わせて選ぶべきです。ここでは、美への意識が高い人が選ぶべき青汁のチェックポイントとおすすめの商品を紹介します。正しく選んで美容と健康をGETしてくださいね。

青汁を選ぶときに注意しておきたいコト

知っていますか?青汁にはタイプがあります

健康やダイエットブームから青汁製品もさまざまな種類が続々と登場し増えました。

多くの製品に青汁という名前が使われていますが、内容まで同じというわけではありません。味や風味もそれぞれ違います、含まれる栄養素、粉末・液体・ゼリー状・粒状といった形状が異なるものもあります。

じゃあ、どうやって自分にあった青汁を探せばいいの?そんな風に感じるときは、まず、何を目的に青汁を飲むのかを考えてみましょう。紙とペンを用意してメモしてみるのもいいかもしれませんね。目的が決まったら、外せない条件を考えます。メモするときは箇条書きにするといいでしょう。

定期コースを申し込むのは飲んでから

まとめて買ったり、定期コースを選ぶ方が、1セットで買うより安いからと、いきなり継続を前提にたくさん購入したり、通販の申し込みをしてしまう人がいます。でも、実際に飲んでみると口に合わなかったり、舌触りやのど越しが好みでなかったりすることもあります。

通販の場合、定期契約で申し込むと一定期間はキャンセルできなかったり、まとめ購入の場合、簡単に返品や返金をしてくれないこともあります。こうなったら大変です。一度に買った方がお得と安易に決めるのは大きな間違いということですね。まとめ買いをする前に、一度は最小の単位で購入し、味を確かめてみましょう。味や製品内容を理解し、納得できたら、お得に購入することを考えましょう。

青汁は「おいしさ」よりも栄養バランス

青汁は、もともと味わいよりも健康づくりのための商品としてメジャーになったものです。まずいからこそ、体にいいものだ!という風潮さえあったくらいです。そんな経緯があるので、今でもおいしさだけで選んではいけません。おいしさはあとからアレンジ方法次第でどうにでもなります。重要なのは、目的にあった栄養バランスや飲みやすい形状を選んでみるということ。

特に美を目的にする人は、肌をキレイにするビタミンやミネラル、便秘対策になる食物繊維がたっぷり含まれているものを選びましょう。中には、コラーゲンなどの美容成分が含まれたものもあるので、いろいろチェックしてみるといいですよ。

青汁を摂取するうえで知っておきたいデメリット

メリットばかりではない。知っておきたいデメリット

青汁は体によいものですが、だからといってたくさん飲むのは間違いです。また、気が向いた時だけ飲むというのも、あまりおすすめできる方法ではありません。決められた量を毎日摂取するのが基本です。摂取量は青汁の箱などに記載されています。1日3回を推奨しているものもあれば、1日1回でいいものもあります。青汁は健康食品なので、あくまでも目安ですが、それを基本にしてくださいね。

過剰に摂取した場合、お通じが悪くなったり、逆にお腹がゆるくなることもあります。また、妊活中の人や何かの薬を飲んでいる人や持病の人は、事前に医師に相談するようにします。

ママの美容のための青汁は子どもには与えない

ママさんが飲んでいる青汁を、自分の子どもにも飲ませたいと思っている人もいるでしょう。でも、ちょっと待ってください!

お子さんの年齢や青汁の種類によっては、大人用の青汁があまりよくない影響を与えることもあります。例えば、乳児には強すぎる成分やはちみつが含まれていることもあります。小さなお子さんは菌への抵抗力がまだちゃんとできていません。成人向けに作られた健康食品が、必ずしもお子さんにもいいわけではないことを覚えていてくださいね。

もちろん、お子さんが飲んでもいい青汁や、親子で飲める青汁もたくさんあります。安心してのむためにも、事前のチェックを忘れないようにしてくださいね。

美を手に入れるには継続がポイント

青汁を飲んだからといって、すぐに美肌になったり、ダイエットができたりするものではありません。キレイになるには継続が最大のポイント。そのために、継続しやすい形状の青汁を選ぶようにします。例えばパウダータイプは水などに溶かす必要があります。それが面倒になって、飲むことをやめてしまっては意味がありません。

自分の生活スタイルを考慮して、どんな形状のものなら続けられるかを考えてみましょう。ちなみに、手軽さを優先するのであれば、錠剤対応やゼリータイプがおすすめですよ。

美容にこだわりたい方にオススメの青汁3選

おやつにもなる、黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

美容の定番ヒアルロン酸、食物繊維さらにはココナッツの花蜜やクマイザサ粉末など約40種類の植物発酵エキスなが配合されている、まさに美容のための青汁ジェルです。

青汁の王様、ケールもしっかり入っていますが、独特の苦みや青臭さはありません。その秘密は、黒糖と抹茶で味のバランスを整えているから。甘味があって、むしろおいしいと感じるほどの仕上がりになっています。

おやつ感覚で食べれる美容と健康にいいジェルです。しかも、1本72円というコスパのよさ!バッグやポーチの中にも入れやすく、家の中だけでなく、外出先でもしっかり摂取できそう。こういった点がポイントとなって、女性の人気を集めています。

アンチエイジングも期待できる、美感青汁

肌にハリやうるおいを取り戻すために注目されるのは、コラーゲン・コエンザイムQ10・プラセンタ・ヒアルロン酸・セラミドです。美容の5大栄養素ですね。美感青汁にはこれらのすべてが含まれています。それ以外にも、肌に元気を与えてくれる理想の栄養が多く含まれ、内側から、美肌や美白をしてくれます。コスメだけでは十分にフォローできないと考えている女性に、ピッタリの青汁ですね。

美感青汁もゼリータイプなので、おやつ感覚で食べられます。小腹がすいたときやダイエット中に甘いものがどうしても食べたくなった時、強い味方になってくれそうです。

アンチエイジングは本来手間暇かかるケアですが、チュルッと手間なくおいしく食べられて、ダイエットサポートもしながら若さもキープできるなんて、うれしいことづくめの青汁です。

国際銘茶品評会で金賞、神仙桑抹茶ゴールド

無農薬栽培、完全無添加と健康志向の方にピッタリの青汁です。ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富なのはもちろんのこと、主原料の桑葉は、美容とダイエットにはうってつけです。

初回限定ボックスにメジャーがついてくるのですが、これはスリムアップにも自信がある商品だということかも。美肌とダイエットの両方の願いをかなえたい人には、興味深い青汁です。

香りはまさにお茶。爽やかなつみたてのような上品なお茶の香りなので、青汁に苦手意識を持っている人でも抵抗感はなさそうです。専用のシェイカーがボックスに入っているので、簡単にシャカシャカと作れます。また、サラサラの粉末タイプなので、スイーツを作るときに、抹茶パウダーではなくこちらの神仙桑抹茶ゴールドで代用するのもよさそうです。

自分にとってベストな青汁をみつけよう

どんなに健康や美容にいいものだったとしても続けなければ効果がありません。この機会に、自分にとってベストな青汁を見つけてくださいね。

  • 目的をしっかり考えてから青汁を選ぶ
  • ママとお子さんが一緒に飲むときには要注意
  • 継続しやすいタイプの青汁を選ぶ

美は一日にしてならず!

毎日の青汁で、体の中からキレイを目指しましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

50



ページのトップへ