公開日:2018/03/15 

痩せる歌はどれ?!アニソンやボカロでカラオケダイエットする場合どのくらいの頻度で行けばよい?

カラオケがダイエットによいと注目されていますが、曲によって消費カロリーは違いますし、結局どれを歌えばダイエットに効果的なのかと迷っている人も多いのではないでしょうか。

ここでは特にアニソンやボカロに注目し、痩せるためにはどんな曲を選んで、どれくらいの頻度で行けばよいのかをご紹介します。

カラオケダイエットの曲をアニソンやボカロで歌った場合

カラオケで歌う曲は人それぞれですが、ダイエットいう観点で注目してみた場合、じつのところアニソンやボカロはダイエットに役立ちやすいとされています。それは以下のような理由があるからです。

カロリーを消費しやすいポイントをそろえている

アニソンやボカロの多くは、ダイエットに必要な要素をそろえています。

ダイエットに必要な要素というのは、カロリー消費が高いこと、歌の時間が長いこと、大きな声で歌えることの三つです。

カロリー消費が高いのは、アップテンポな曲かバラードですが、アニソンやボカロはどちらかに所属することも多く、カロリー消費が高い曲が多くあるといえます。

また、アップテンポな曲では特に、大きな声を出しやすかったり、体を動かしたりすることが多いため、これらもカロリー消費に繋がります。

バラードは声を張り上げることや、長い間発声することも多く、これがダイエットの上で大変に役立ちます。

これらのポイントを押さえているからこそ、アニソンやボカロは、ダイエットに向いているといえるのです。

ストレスを発散することができる

ダイエットをおこなう場合、それがストレスになってしまうことも少なくありません。

食事制限や慣れない運動で、精神的負担がかかってしまうこともあるでしょう。しかし、自分の好きな歌を歌ってダイエットができるとなれば、ストレスもそれほど感じないはずです。

また、歌を歌って大きな声を出すことは、ストレスの発散にも繋がります。仕事やプライベートのいらいらを晴らす際にも、役立つことでしょう。

カラオケがうまくなる

ダイエット目的のカラオケにしても、カロリー消費の高いカラオケをすることは、歌うことに慣れるだけでなく、発声ができるようになったり、喉が強くなったりとカラオケがうまくなることにも役立ちます。

自分一人で歌うのはもちろんのこと、友人と行くカラオケもより楽しくなるのではないでしょうか。

おつまみやドリンクには要注意

アニソンやボカロをカラオケで楽しく歌っていると、カロリーを消費するとともに、カロリーを摂取したくなる方も少なくありません。

特に近年のカラオケ店では、揚げ物やスイーツなど、カロリーの高くておいしいものがそろっています。せっかくのダイエットの妨げにならないよう、食べもの選びには注意が必要です。

また、糖度の高いドリンクも控えたほうがよいでしょう。ドリンクバーなどでドリンクが飲み放題の場合は特に注意しなければなりません。

ジュースやココアなどではなく、ウーロン茶などの甘くないものを選ぶようにしましょう。アニソンやボカロでカラオケをすることは、ダイエットにも適しています。

しかし、いったい、どれくらいの量を歌えば、ダイエットといえるのでしょうか。次は頻度や時間についてを見ていきましょう。

カラオケダイエットはどのくらいの頻度でカラオケに行くのがおすすめ?

カラオケダイエットはカラオケをおこなうことで痩せるというものですから、カラオケに通う必要があります。しかしどれくらいの頻度で通えばよいのでしょうか。

一般的に、ダイエットとしてカラオケをおこなう場合、週1~2回、時間としては1回につき3時間ほど歌う方が多いとされています。

また、ダイエットとしていく場合は歌う回数が増えることやダイエットを意識しながら歌えることから、一人で行くのが望ましいでしょう。

一人カラオケ専門店を利用する

一人でカラオケ店に行くのが恥ずかしいという方もいることでしょう。しかし、最近では一人カラオケ専門店も多く見かけられるようになりました。

一人カラオケ専門店であれば、一人で通うのが普通なので、恥ずかしい思いも少なくすみます。一人で大声を出せるため、ダイエットに向いている場所といえるのかもしれません。

通えない場合は家でカラオケをするのもあり

忙しいことや、コスト面などの理由からカラオケに定期的に通えない場合もあることでしょう。そんなときは、無理せず家でカラオケをするという手段もあります。

家で大きな声を出せない場合は、呼吸法や口を開けることを意識して、声を出さずにカラオケをしてみるのでも、十分に効果を期待できます。

アニソンやボカロは振り付けや身振り手振りをしながら歌って楽しい曲もたくさんありますから、家で踊りながら歌うのも、楽しいダイエットになるでしょう。

喉を痛めないようにする

カラオケで注意しておきたいのが、喉を痛めてしまうことです。

楽しくカラオケができるのはよいことですが、ハイトーンのアニソンやボカロを歌い続けることや、バラードで声を張り上げ続けることは、喉に負担がかかってしまいます。

さらに、じつのところ喉を痛めるということは、喉で声を出しているということですから、腹式呼吸がきちんとできていない可能性もあります。

お腹からしっかりと声を出し、腹式呼吸を意識しなければダイエット効果が薄くなってしまうので、注意しておきましょう。

自分の大好きな歌を歌って痩せられるカラオケダイエットの魅力

好きな歌を歌いつつ、ダイエットができるカラオケは、いろいろな面からメリットがあります。

アニソンやボカロは、今や定番カラオケソングとしても十分に親しまれるようになりました。アニソンやボカロが好きな方も多く、楽しく盛り上がれるという点でも、人気があります。

また、友達とカラオケついでにダイエットができるのは、ひとりで運動や食事制限をするダイエットは続かないという方にも嬉しいポイントです。

楽しく歌ってダイエットができるのであれば、ダイエットが面倒な方やストレスを感じてしまう方でも気軽にはじめられるはずです。カラオケで楽しく、ダイエットをはじめてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

151



ページのトップへ