公開日:2018/03/22 

実は低糖質でヘルシー!朝ごはんはしっかり食べたい派の人におすすめベーグルダイエット!

パン屋などでお馴染みの「ベーグル」ですが、実はダイエット効果があるということは知っていますか。

ベーグルは太ってしまいそうなイメージがありますが、ダイエットに適した効果がたくさんあるのです。

どのような効果があるのか、ここではベーグルダイエットについて詳しく紹介します。

ベーグルはダイエットにとても効果的!

ダイエット中にご飯は我慢できても、パンを食べられないのはつらいと感じる女性は多いようです。

そのようななか、ダイエットに適しているパンということで注目を集めているのが「ベーグル」です。

こちらではベーグルがどのような効果を持つのかを紹介します。

カロリー抑制効果

ベーグルはパンでありながら、シンプルに焼き上げられているためカロリーが低めに設定されています。そのため、ベーグルをメインとすることで1日の摂取カロリーを抑えることができます。

すべてのものにいえるわけではありませんが、ベーグルの1個あたりのカロリーは179kcalほどです。糖質は20g以下のものを選ぶとダイエット効果を実感できるのではないでしょうか。

ただし、これは1個を食べた時のカロリーなので、2個食べる時は2倍で考えてください。ベーグルダイエットは基本的に1食につき1個という考えで行った方がダイエット効果を実感しやすいです。

満腹感を得やすい

ベーグルはパンでありながら、他のものと違ってやや固いものがほとんどです。固いということは、1個を食べるために時間がかかるということです。

満腹中枢は食事を始めて15分~20分ほどで働き始めます。ベーグルのような固いものを食べることで、食事の時間を緩やかにできて、少量で満腹感を得られるようになります。

柔らかいパンの場合は、食べる量が増えてしまい、満腹中枢が働き始めるころには既に食べすぎている可能性が高いので、ベーグルのような固いパンはダイエットに便利なのです。

フェイスラインを鍛えてくれる

ベーグルはやや固めのパンです。食べる時には何度も噛まなくてはいけません。

しかし、ベーグルをしっかり噛んで食べることで顎の力も鍛えられますし、フェイスラインを引き締める効果もあります。ダイエットと並行して小顔効果を得たい人には、特にベーグルダイエットはおすすめです。

噛むという単純な動作で、フェイスラインを鍛えられるのかと考えている人もいるかもしれません。しかし、ベーグルダイエットを行った結果、小顔効果を実感できたという人もいるので、効果がないとはいえないようです。

ベーグルダイエットは朝ごはんに最適

ベーグルダイエットは、朝ごはんに最適ということを知っていますか。

朝食に最適な理由はいくつかありますので、こちらではその理由について紹介します。

ベーグルは低カロリー

朝からカロリーの高いものを食べると胃もたれを起こす人も珍しくありません。特に胃腸系が弱い人は、胃もたれを起こしやすいので低カロリーの食事にしなければいけません。

ベーグルは1個あたり179kcalで、100g換算の場合は211kcalとなります。ベーグルには脂質を含んだ材料が一切使われていないため、カロリーが低いのです。

ちなみに、食パンのカロリーと比べると6枚切り1枚で158kcal、100gで換算すると264kcalとなります。食パンにはバターや牛乳が使われているため、その分の脂質でカロリーがあがっているのでしょう。

朝食にカロリーの低いものを選ぶのであれば、やはりベーグルはすすめできます。

ベーグルは腹持ちがいい

ベーグルと食パンのカロリーは、ベーグルの方が低いとはいえ、あまり大きな差が見られないと感じた人もいるでしょう。

確かに食パンに比べるとカロリーが控えめという程度ですが、食パン1枚ではお腹いっぱいになる人はあまりいません。しかし、ベーグルは腹持ちが良いため1個食べただけで満腹になる人も多いのです。

ベーグルにすれば1個ですむところが、食パンにすれば2枚食べてしまうという人も珍しくないでしょう。

その時のカロリーを考えてみると、ベーグルは179kcalに対して、食パン2枚の場合は316kcalと大きな差が出ます。カロリー控えめで腹持ちが良いというのは、ダイエット時に大きな影響を与えてくれます。

ベーグルの最大のメリットは「腹持ちの良さ」と答える人もいるので、他のダイエット方法で長続きがしなかった人は、ベーグルダイエットを実践してみてはいかがでしょうか。

ストレスなく継続できる

実際にベーグルダイエットを実践した人で、良い評価をしている人は多くいます。ベーグルはダイエットに適しているといっても美味しいパンですし、ダイエットのために味のない食べ物ばかりを続けなければいけないわけではありません。

そのため、ストレスなく継続できて1ヶ月で3kg痩せたという報告例もあります。もちろん、痩せ方には個人差があるので必ず3kg痩せられるというわけではありませんが、1食だけでもベーグルに置き換えることで効果を実感している人は少なくないようです。

反対に、糖質やカロリーの高いベーグルを食べたことで太ってしまったという人もいるので、ベーグル選びの際はカロリーや糖質には注意しましょう。

ベーグルダイエットは食べる量に注意!

カロリーが低く、腹持ちが良いからといってベーグルを無制限に食べていいわけではありません。むしろ、ベーグルは糖質が低いわけではないので食べすぎには気をつけなければいけないのです。

ベーグルの糖質量がどれくらいかというと、1個分(85g)で約35gといわれています。ちなみに食パン1枚(60g)では26.8gとされているため、ダイエットしやすい食べ物ではありますが、糖質がやや高めというデメリットもあるので食べすぎには気をつけましょう。

朝食に1個などであれば、全然問題ないのですが、空腹から2個、3個と食べる人は控えた方がいいかもしれません。理想的なベーグルダイエットは、1食をベーグル1個に置き換えるという方法です。

しかし、ベーグルしか食べないのは栄養も偏って身体に良くありません。長期的なダイエットと考えて、朝食のみをベーグルに置き換えるというやり方が効果的といえます。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

57



ページのトップへ