公開日:2018/02/02 

韓国アイドルはみんなコグマダイエットで痩せたって本当?名前もかわいいコグマダイエットについて

近年、韓国から発症したとされているコグマダイエットが人気を博しています。コグマとはサツマイモのことを指し、普段の食事の主食をサツマイモに置き換えるだけというシンプルなダイエット。これが韓国のアイドルやモデル、芸人に至るまでさまざまな人がハマり、痩せたという口コミや成功例が続出しているのです。

韓国のコグマダイエットで「痩せた」が話題に

コグマ(サツマイモ)がダイエットに向いている理由

サツマイモがダイエットに向いているといえるのには、さまざまな理由があります。

◆低カロリーで腹持ちがいい

サツマイモは甘みもあるため、一見ダイエットに向いていないと考える人も多いのですが、じつのところカロリーは100gで130kcalとそこまで高くはありません。さらに満腹感も得やすく腹持ちがよいので、食べすぎることがなく、ダイエットに向いているとされているのです。

◆食物繊維が豊富

サツマイモは食物繊維が非常に豊富です。食物繊維は腸内をデトックスし、環境を整えてくれる存在。便秘の改善にも役立ち、体の中からきれいにしてくれます。

◆栄養も豊富

食物繊維だけでなく、サツマイモにはじつにたくさんの栄養分が入っています。たとえばビタミンCやカルシウム、ミネラル、カリウムなど体に欠かせない成分がたくさん。ダイエット食品として取り入れるのはもちろんのこと、日常に必要な栄養分を取り入れるのにも向いているのです。

◆糖質が低い

サツマイモは意外にも糖質が低い食品。たとえば白米やパン、パスタなどよりもGI値が低く、ダイエットにとてもぴったりな食品といえます。

◆手に入りやすい、安価なので続けやすい

これもダイエットを続けるための大きなポイントになりますが、サツマイモはスーパーで簡単に手に入れられるため、普段の食事に取り入れることが難しくありません。また、価格も安価であることから、無理に購入する必要もないため、続けやすいといえます。

このように、コグマ(サツマイモ)はダイエットに向いているポイントがいくつかあると考えられています。ただし、やみくもに置き換えるだけではダイエットを成功させることはできません。いくつかの注意点を守りつつすすめていくのがよいでしょう。

摂取量を守るのがコグマダイエットのポイント

コグマダイエットは主食をサツマイモに置き換えるだけという極めてシンプルなダイエットですが、いくつかの注意点があります。

摂取量は150gほどをキープ

最も重要なのが、摂取量を一定にしてキープすること。だいたい150gが望ましく、多すぎないように気をつけなければなりません。

また、置き換えるのは1日3食のうち、1食のみでかまいません。特に夜に置き換えるのがベストとされています。夜の時間は朝に比べてどうしても量を多く食べてしまうもの。サツマイモに置き換えることで食べすぎを防ぐという効果があります。

150gはだいたいごはんでいうならば1杯分ほどの量。つまりお茶碗一杯のごはんをサツマイモに置き換えると考えれば、そこまで難しくはないのではないでしょうか。

皮のまま、シンプルな調理法で食べる

食べ方としては、できるだけ皮のついたままいただくほうが望ましいです。サツマイモの皮にはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があることや、実の部分よりも食物繊維やカリウムが多く含まれていることなどが理由として挙げられます。

調理する場合でも蒸す、焼く、茹でるなどのシンプルな方法に留めるほうがよいでしょう。特に蒸すと、サツマイモの糖質を上げることなく、栄養をキープしたままいただくことができます。一方で焼くのも問題ありませんが、じっくり焼くなどの方法は向いていません。GI値が高まってしまうからです。

ほかにも、サツマイモといえば甘いスイーツを想像する方が少なくありませんが、スイートポテトや大学芋などで摂取するのは控えましょう。油分や糖分がたっぷり含まれているのでは、ダイエット効果を期待することはできません。

このように、コグマダイエットはサツマイモを食べれば何でもよいというわけではなく、いくつかのポイントを守ることでより効果を発揮してくれます。さらに、サツマイモを食べるときには、一緒に食べる食材を工夫することで、より効率的なダイエットをおこなうことができると考えられているのです。いったいどんなものを食べればよいのか、具体例を見ていきましょう。

一緒に食べる食材を工夫すればコグマダイエット期間を早める事も可能

コグマダイエットはサツマイモを主食と置き換えて食べるだけというじつに簡単なダイエットです。しかしながら主食と置き換えたとき、おかずも別に食べることになるため、おかずにも注目しておくと、より効果的なダイエットが望めます。

脂質、たんぱく質のあるおかずと食べる

サツマイモは栄養が豊富にありますが、その分少ないのがたんぱく質と脂質です。特にたんぱく質は、ダイエットをしている方にとって不足しやすい成分のひとつ。注意してキープするようにする必要があります。

たとえばたんぱく質がたくさん入っているものといえば大豆やささみ、鶏むね肉などが挙げられます。高たんぱく質のものを取り入れながらいただくのがよいでしょう。

野菜や果物、牛乳と食べている例が多数

脂質やたんぱく質以外にも、栄養を補ったり、美容に気を遣ったりなどといった理由から、フルーツや野菜、牛乳などと一緒に食べている例が多く見られます。特に韓国のアイドルや芸能人は、サツマイモとサラダ、サツマイモとリンゴ、サツマイモとトマト、といったような組み合わせや、サツマイモと牛乳を混ぜてスムージーにして食べているという例も。

サツマイモは取り入れやすいものの、シンプルな調理法でなければダイエットに向かないため、食べ飽きてしまう方も少なくありません。だからこそ、さっぱりとした野菜やフルーツと組み合わせて栄養を補ったり、ドリンクにしたりして変化を加えていただくなどといったダイエットへの工夫が考えられているのでしょう。

コグマダイエットは、主食をサツマイモと置き換えるだけというじつに簡単な方法です。しかしながら、シンプルな調理法ゆえに、工夫することがとても重要。食べ合わせをときに変えてみたりするなどして、無理なく続けられるようにしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

892



ページのトップへ