公開日:2017/06/15 

黒髪女性必見!おしゃれを楽しむためにツヤ髪にする方法は?

ヘアカラーをしている人のほうが多い時代ですが、髪を染めずに黒髪でおしゃれを楽しみたい!と思っている方もいるのではないでしょうか。黒髪でおしゃれを楽しむには髪を軽く見せる「ツヤ髪」が大切。今回はツヤ髪にする方法をご紹介します。

「ツヤ髪」とは?気になる!髪を傷めにくいヘアアレンジ

ツヤ髪だといいことがたくさん!ツヤ髪のメリット

ツヤ髪は、若々しさやピュアな印象、清潔な印象など、人にいい印象を与えてくれます。年齢による髪の痩せ細りもそうですが、女性の場合はホルモンバランスの乱れなどで髪の潤いがなくなり、ツヤ髪から離れてしまいがちです。ツヤ髪を手に入れるには、しっかりとしたヘアケアが大切。適当な手入れでは、髪の毛はどんどんツヤ髪から遠ざかってしまいます。ツヤ髪を手に入れるには、毎日のちょっとしたお手入れが大切。それだけで、ツヤ髪を手に入れることができるんです!

さらさらで潤いがあるツヤ髪を手に入れると、毎日のスタイリングやヘアアレンジなどがしやすくなり、おしゃれ度もアップしたり、異性から好印象を持たれたりと、良いことがいっぱい。あなたも、手に入れてみませんか?

ツヤ髪を手に入れる条件とは?

ツヤ髪を手に入れるには、髪の毛が傷んでいないことが大前提です。髪の毛を保護し、潤いやハリを維持してくれるキューティクルが健康であることが大切になります。髪の毛にうねりがかかっておらず、ストレートであることもツヤ髪の条件のひとつ。また、髪の毛はカラーを入れた明るい色合いではなく、黒髪や黒髪に近いダークブラウンのほうが、ツヤ髪の代名詞である「天使の輪」ができやすくなります。

暗めのトーンの髪の毛は、キューティクルのダメージが少なく天使の輪を作りやすい状態です。逆に明るめのトーンの髪の毛は、色を抜く際にかけるブリーチでキューティクルが傷んで、表面のツヤがなくなり、天使の輪ができにくくなっています。

ツヤ髪キープ!髪を傷めにくいヘアアレンジ

自分でヘアアレンジをすることができたら、いつもとは少し違ったおしゃれを楽しむことができて、もっと輝いた毎日を過ごすことができるのではないでしょうか!そこで、髪を傷める原因となるヘアアイロンやヘアジェル、ワックスなどを使用しないで、簡単におしゃれな仕上がりを楽しめるヘアアレンジをご紹介します。

<くるりんぱ>

  • 髪の毛を適量、束にしてとります。
  • 目立ちにくい細めのゴムで結びます。
  • 結び目の真上を2等分します。
  • 2等分した割れ目に毛束を上から通します。
  • ポニーテールを整える時のように、毛先を2つに持って引っ張って整えます。
  • 結び目を押さえながら、軽く崩すとこなれ感が出ておしゃれ度がアップ!

くるりんぱをアレンジして、いろいろなヘアアレンジに応用することができますよ!

「キューティクル」とは?どうケアしたらいいの?

髪の毛の潤いを保ち、保護してくれるキューティクルとは?

キューティクルがどのようなものかをご紹介します。キューティクルとは、3層構造になっている髪の毛の最も外側の層の部分を言います。髪の毛の表面を覆っている部分で、外部の刺激から髪の内部を守ります。また、水分や髪の主成分であるタンパク質が失われないように、保つ働きもしています。キューティクルの働きが、髪の毛の潤いを保っているのです。

キューティクルの表面はウロコ状になっていて、汚れが付着しにくく、髪の毛の内側から栄養素が逃げにくい仕組みとなっています。キューティクルは硬い反面、摩擦に非常に弱くもろい性質です。そのため、乱暴にブラッシンングやシャンプーを行ってしまうと、キューティクル自体が剥がれてしまいます。また、ヘアアイロンで溶けてしまうこともあります。そしてその結果、内部のタンパク質が失われたり、枝毛や切れ毛が出来たりしてしまうのです。

正しいヘアケア方法でツヤ髪を手に入れましょう

正しいヘアケア方法を知り、日々のケアを欠かさずに行えば、簡単にツヤ髪へと導くことができます。毎日のバスタイムに少し意識を加えるだけで、ツヤ髪を手に入れることができるのです。まず、髪の毛を洗う前にブラッシングをすることを忘れないようにしましょう。そうすることで、からんだ髪をほぐれ、汚れが落ちやすくなります。

ブラッシングの後、シャンプー剤を頭皮につける前に、まずお湯だけで髪の毛に付いた汚れを洗い流すこともポイントです。そして、シャンプーをする時は髪の毛を洗いすぎないようにしましょう。もちろん、最後にトリートメントをすることも忘れてはいけません。

シャンプー後のトリートメントが重要!

トリートメントは、大きくインバス・トリートメントとアウトバス・トリートメントの2種類に分けることができます。インバス・トリートメントとは、インバス=お風呂の中、という意味で、シャンプーをした後に使う洗い流すタイプのトリートメントのことです。インバス・トリートメントのメリットは、乾かす前の濡れた髪の毛はキューティクルが開いた状態になっているので、トリートメントの成分が髪の奥深くまで浸透しやすい点です。

アウトバス・トリートメントとは、髪を乾かした後などに使う洗い流さないタイプのトリートメントのことです。アウトバス・トリートメントを使用することで、髪の毛をコーティングしている状態がつづくので、日中の紫外線や、静電気などから髪の毛を守ることができます。

正しいドライヤーの使い方&朝の時短ヘアアレンジ

ヘアドライヤーの使い方で髪の質が全く変わる!?

ヘアドライヤーはお風呂上がりに毎日使ってほしいアイテムです。でも、正しくヘアドライヤーを使っていない人が意外と多いのです。あなたも、間違った使い方で髪の毛や頭皮を傷めているかもしれません。お風呂上がりの塗れた髪の毛はキューティクルが開いていて、とても傷つきやすい状態です。ヘアドライヤーで乾かさずにいると、洋服を着る時の摩擦や、布団、枕などとの摩擦で髪の毛のキューティクルが剥がれ落ちてしまう危険性があります。

濡れた髪にヘアドライヤーで熱を加え、乾かしてあげることでキューティクルが閉じます。また、頭皮や髪の毛が濡れている状態を放置すると、カビや雑菌を増やす原因にもなります。カビや雑菌は、髪へのダメージや頭皮の炎症、においの原因にもなりますので、洗ったあとは必ず乾かすようにしましょう。

ヘアドライヤーの使い方

お風呂上がりにタオルドライをして髪の毛の水分を拭き取ります。タオルで髪の毛を絞らずに、はさむようにしてやさしく水分を抜きましょう。髪の毛をかきわけて、直接頭皮に風をあてるようにして乾かしていきます。ヘアドライヤーは頭皮から20cmの距離を保つようにすることがポイントです。また、ヘアドライヤーを揺らすように動かしながら乾かすと、頭皮の乾燥を防ぐことができます。

キューティクルは、根元から毛先に向かって髪の毛を覆うように重なっています。ドライヤーもその方向に沿う向きで、髪の毛の根元から毛先に向かってあてて乾かしいきます。髪の毛が乾いてきたら、冷風で仕上げをしていきましょう。ヘアドライヤーをし終えたら、ヘアブラシで髪の毛を整えます。ブラッシングは髪の毛を乾かした後に行いましょう。

朝シャン後のヘアアレンジも大丈夫!

忙しい朝、あまり時間をかけずにおしゃれなヘアアレンジをしたいと思いませんか?そんな方にオススメなのは、大人気中のヘアアクセサリー「マジェステ」です。「マジェステ」とは、日本で古くから親しまれている「棒さし」というヘアアクセサリーを現代風にアレンジしたものです。

現代風にアレンジしたものなので、デザインはおしゃれで素敵なものばかりです。ハートに弓矢がかかったようなキュートなデザインのものから、エスニック風で大人可愛いものまで、デザインの幅が広いのも魅力的です。海外では「スティックバレッタ」というネーミングで親しまれ、話題になっているアイテムです。

美しいツヤ髪を目指して

毎日のヘアケアを欠かさずに行い、また正しいケアを行うことで簡単にツヤ髪へと導くことができます。きれいな髪の毛を維持して、おしゃれ度もアップさせましょう!髪の毛の見た目がきれいになるだけでなく、健康的で若々しい印象も手に入れることができるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

  • ツヤ髪を手に入れるには、髪の毛を傷ませるような行為をしないこと
  • 毎日のバスタイムで意識して、ツヤ髪のためのシャンプーを行いましょう
  • ヘアドライヤーを正しく使い、頭皮と髪の清潔を守りましょう
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

17



ページのトップへ