公開日:2018/03/23 

飽きずに続けられるレタスダイエットの方法と口コミを調査!

ダイエットのためにいつもよりたくさん取ったり、その食品に置き換えたりといった食生活をしているとすぐに飽きがきてしまいます。

なかなかダイエットが続かない方の理由のひとつに飽きがありますが、レタスダイエットの場合そうならず続けられたとの口コミも多くなっています。

そこで、レタスダイエットの効果やその方法、口コミをご紹介します。

レタスダイエットの効果とやり方

海外セレブがレタスダイエットで大幅なダイエットに成功したことから注目され、チャレンジする方が増えています。まずはレタスについて知識を深めましょう。

レタスの特徴とその効果

シャキシャキした食感がおいしいレタスはダイエットや健康にうれしい特徴を持っています。

◆成分の約95%が水分

レタス1玉のカロリーは59kcalで非常に低く、その成分のほとんどが水分になっています。たくさん食べてもカロリーを取りすぎない上に腹持ちの良いところがダイエット向けの食品と言われる理由です。

◆ビタミンK

ダイエット中に不足しがちな栄養素のひとつで、ビタミンKは血液を固める働きと関わりがあります。他にも骨の形成に関係するたんぱく質の活性化にも必要と言われています。

◆葉酸

造血のビタミンとも言われる物で、赤血球の生産を助けるとされています。

現在では妊娠中に葉酸をサプリメントも使ってしっかり取ることがすすめられており、葉酸をきちんと取ることで胎児の先天異常のひとつである神経管閉鎖障害のリスクを下げると言われています。

レタスダイエットの方法

まず1日1玉食べ切ることを目指しましょう。特に食べ方に決まりはありませんが、食べにくい時には少し加熱する方法も可能です。

しかし火を通しすぎるとビタミンが壊れてしまうため、加熱は少しにとどめましょう。

レタスダイエットでより成功するためには、食事の一番初めにレタスを食べることがおすすめです。

外出先でレタスをしっかり食べることは難しいので、朝食と夕食でたっぷり食べるようにすると続けやすいでしょう。

注意するポイント

正しくレタスダイエットを行うことで目標体重に近づきやすくなります。

◆油の量や加熱時間

炒めてからレタスを食べる時に油を使いすぎるとカロリーオーバーになり、逆効果になってしまいます。それに加熱しすぎると熱に弱い栄養素が減ってしまうのでサッと炒める程度にしましょう。

油を使う場合はオリーブオイルのようなヘルシーな油がおすすめです。

シャキシャキのレタスを食べたいからと水に長い時間浸していると栄養が水に溶けだしてしまうため、サッと洗う程度にし、新鮮なうちに食べましょう。

◆水分をしっかり取る

レタスに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維のため、水分摂取が少ないと食物繊維が吸収して便が硬くなってしまいます。

その結果痩せたあとで便秘になる可能性があることから、レタスを多く食べる時は水分をたっぷり取ることも必要です。

おすすめレシピ

レタスだけでなくプラスする食材によって栄養バランスが取れ、味も変わるので続けやすくなります。

◆かき玉レタススープ

ひと口大にちぎったレタス・薄切りタマネギ・食べやすい大きさに切ったえのきを用意し、鍋に水とタマネギを入れて沸騰させます。

その後えのきを加えて塩コショウで味を調えます。火が通ったら既定の分量に合わせてコンソメスープの素を加えましょう。このあと溶き卵とレタスを加えて完成です。

◆レタスささみスープ

鍋に水と中華スープの素、細切りの人参を入れ、レタスはちぎっておきます。そぎ切りにしたささみ・塩・酒を袋に入れてもみ、片栗粉を入れてまぶします。

鍋にささみを入れて火が通ったらレタスを足してすぐに火を止めてできあがりです。

レタスダイエット成功者の口コミ

実際にレタスダイエットに挑戦して成功した方はどのような効果があったのでしょうか。口コミを参考にして失敗しない方法に取り組みましょう。

3か月で15kg減に成功

続けやすかったのでチャレンジしていたら3か月後には15kg落とせていました。特に夕食前にレタスをたっぷり食べるようにしていたところ、最初の1か月から5kg減っていました。

運動も合わせてしていたのでその分効果がしっかり出た気がします。(27歳/パート)

プラスとりささみで成功

レタスを積極的に食べることに加えてとりささみでたんぱく質を取るようにしました。他にはわかめや春雨、おからをメインにした食事に変えたところ半年でマイナス10kgの成果が出ました。

いろんな食材を使って食事制限をしたことで飽きずに続けられたのだと思います。(23歳/専業主婦)

お肉もしっかり食べた

食事前にレタスサラダを食べてから、たっぷりのお肉とブロッコリーを食べていました。夕食では特に多めのレタスを取るようにしていたらあっという間に3kg痩せられました。

レタスダイエットで便秘になった口コミを見ていたので、普段より多めに水分を取っていたことも良かったのかもしれません。(25歳/会社員)

スープにしたら飽きなかった

置き換えダイエットが今まで続いた試しがなかったものの、レタスダイエットで人気のスープにしてみたら長く続けられました。

どうしても素材そのままだけを食べ続けることができないので、食べ方や味のアレンジが豊富なレタスダイエットは飽きませんでした。

おかげでひと月マイナス5kgのダイエットに成功しました。(24歳/派遣社員)

レタスダイエットはスープがおすすめ

レタスは成分の約95%を水分が占めておりとてもカロリーの低いところが特徴です。

しっかり食べると腹持ちが良いことからもダイエットにぴったりの食材と言えますが、栄養が少ないためその他の食材も加えて栄養バランスを取ることが必要です。

そしてこれまでにレタスダイエットにチャレンジした方の多くが減量に成功しているので、正しい方法を守って取り組んでみましょう。

レタスを1日1玉しっかり食べることがポイントになるので、人気の食べ方であるスープにして上手に食べることをおすすめします。

ご紹介したレシピ以外にも、低カロリー高タンパクの食材を加えたり味を調味料でいろいろと変えてみたりすると飽きずに食べられて長続きが期待できるので、これまで続かなかった方もぜひチャレンジしてみてください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

124



ページのトップへ