公開日:2017/05/26 

敏感肌でも大丈夫!メイクが映えるスキンケア方法!

メイクをし続けると肌へのダメージが蓄積していきます。ついつい忙しくて後回しになってしまうスキンケアですが、肌荒れやニキビが出来てしまうと嫌ですよね。そこで誰でも簡単にメイクが映えるスキンケアの方法をご紹介します!

スキンケアをしているのに肌が荒れてしまう原因

クレンジングに時間をかけすぎている

時間をかけてクレンジングを行うと、肌の保湿成分まで洗い流してしまうため、肌荒れの原因にもなるのでやめましょう。クレンジング剤は非常に強い洗浄成分が含まれています。ガンコなメイクもすっきり落ちますが、長時間かけてクレンジングを行ってしまうと肌を傷つけてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。

理想的なクレンジング時間は1分以内。短い時間で丁寧に洗い流すようにしましょう。また石けんでゴシゴシ洗うのもNG!石けんを使用する際には、モコモコの泡をつくって、顔を泡で覆うように優しく洗うことをおすすめします。

クレンジング剤を使用しても、石けんで洗う際でも、水かぬるま湯が鉄則。すすぎ落とす時にも手でゴシゴシとはせずに、たっぷりの水かぬるま湯で丁寧にすすぐようにしてください。

肌の手入れを後回しにする

お風呂上りの水分をたっぷり含んだ肌をそのまま自然乾燥させるのは避けましょう。自然乾燥は大事な保湿成分を全部蒸発させてしまうので、特に乾燥肌や敏感肌の人には悪化させてしまう原因にもなります。

お風呂上りには、タオルで優しく水分をふき取って、すぐに化粧水や乳液で保湿をしてください。保湿ケアには最後にクリームなどで「フタ」をしてしまうのがベストです。

意外に思うかもしれませんが、長時間のフェイスパックは逆効果になることも。パックが乾燥した状態で放っておくと、顔の水分まで蒸発してしまうおそれがあります。パックを付けたまま寝るのは危険です。フェイスパックは15分~30分程度がちょうどいいですよ。

熱めのお風呂でデトックスはNG!

肌をケアする方法としてやってはいけないのは、熱めのお風呂に長時間つかってしまうことです。一見すると血流も促進され、身体が発汗して良さそうに思えます。しかし、熱いお湯につかることで、肌内部の潤いを守る成分であるセラミドの機能が発揮できなくなり、かえって肌の乾燥を招く原因になってしまうのです。お湯につかる際は、38度から39度程度のぬるま湯にしましょう。

また、クレンジングをする前に湯船につかってしまうのも避けたほうがいいでしょう。お風呂の湿度でクレンジングの洗浄力が低下してしまい、メイクを落とすのに時間がかかってしまいます。お風呂に入る際には、まずクレンジング剤を使ってメイクを落としてから、湯船につかるようにすると肌へのダメージも少ないですよ。

簡単スピーディ!3つのスキンケア&メイク

「クレンジング・洗顔・化粧水」が鉄則

肌のケア方法としては、「クレンジング・洗顔・化粧水」がワンセットです。クレンジングをする際には、アイメイクを専用リムーバーで落としておくとスムーズにメイクを落とせますよ。肌が渇いた状態でクレンジング剤を額、頬、鼻、顎につけて、丁寧かつあまり時間をかけすぎないようにして、洗うようにしましょう。

入浴後は最も肌が乾燥しやすいので、顔の水分をふき取ったら、すぐに化粧水をつけるようにしましょう。日焼けをした際には、コットンにたっぷりと化粧水を含ませて、肌に貼っていくのがコツ。日焼け対策のコットンパックは、フェイスパックよりも短めの3分から5分程度がベスト。化粧水をつけたら、保湿成分が逃げないように「美容液⇒乳液orクリーム」の順番でフタをしていきます。

日焼け止めは保湿ケアをしてから5分後がベスト!

肌のケアには紫外線を防ぐ日焼け止めクリームが欠かせません。外出の際には、化粧水を塗って5分後に日焼け止めクリームを塗るといいでしょう。化粧水を塗ってから時間を空けることで、しっかりと化粧水が浸透して肌の調子を整えてくれます。化粧水をつけてからすぐに日焼け止めクリームを塗ってしまうと、クリームが流れ落ちてしまうこともあり、日焼け止め効果が薄れてしまう可能性もあります。

日焼け止めクリームを使用する際には、適量を手のひらに取って、顔の中心から外側に向けて伸ばしていきましょう。顔全体に伸ばしたら、両手で顔を挟んで押し上げます。クリームが手に残ったら、顔につけるのではなく、首筋や腕に塗るようにしましょう。日焼けクリームの厚塗りは肌呼吸を阻害する可能性もあるので、控えましょう。

ファンデーションはパウダータイプがおすすめ

乾燥肌や敏感肌の人にはパウダータイプのファンデーションがおすすめです。以前は、肌の皮脂や水分を吸収してしまうので、パウダータイプのファンデーションは避けたほうがいいと言われてきました。しかし最近では、パウダータイプのものでも、美容成分が含まれたファンデーションが多く、保湿成分が含まれたものを選べば敏感肌や乾燥肌の人でも問題ありません。

クリームタイプのファンデーションだと肌への密着度が高すぎて、毛穴をふさいでしまい肌呼吸ができなくなってしまう可能性があります。毛穴を完全にふさいでしまうと、クレンジングの際に肌へ負担がかかってしまうので、避けた方が良さそうです。また、メイクの厚塗りも落とす際に肌の負担が大きいので、普段から薄いメイクを心がけるといいでしょう。

敏感肌でも大丈夫!おすすめスキンケアグッズ3選

洗顔泡立て器が便利

洗顔をする際には、たっぷりの泡で顔を包みこむように洗うのコツ。しかしなかなか手でたっぷりの泡をつくるのは難しいですよね。そこでおすすめしたいのが、洗顔専用の泡立て器です。泡立て器を使うことで、簡単に手早く良質な泡を作れるので、忙しい時でも肌へのケアを考えて洗顔することができます。

また泡立て器は洗顔ネットよりも簡単にたっぷりの泡をつくることができます。泡のつくり方は、泡立て器に洗顔料と少量の水を入れて、上下の棒を動かすだけ。20秒もすればたっぷりな泡が出来上がります。

購入は近所のドラッグストアや100円ショップでできるので、入手もしやすくあまりお金をかけないでスキンケアができてしまいます。簡単で安価なのに肌へのケア方法としてはスグレモノなので、ぜひ一度試してみてください。

かっさを使って新陳代謝を促進させる

肌の状態を良くしたいのなら、美顔マッサージがかかせません。中でもおすすめのマッサージが「かっさ」です。かっさとは、2,500年前に中国で誕生した民間療法の流れをくむ美容法です。

かっさを使用することで、経路やツボを刺激し、血流を改善して、内臓のバランスを整える効果があると言われています。リンパの流れが良くなるので、顔や足のむくみも改善し、リフトアップにつながると言われています。

また、古くなった角質がスムーズに剥がれ落ちるのを促してくれるので、くすみやシミの改善にも期待ができます。毎晩5分程度でもかっさをすることで、ちょうどいい肌の刺激になって、翌日の化粧ののりが良くなるかもしれません。かっさも100円ショップなどで入手できるので、ぜひ試してみてください。

美容成分の入った化粧品を使う

最近では美容成分が入った化粧品が多く発売されています。メイクをしながらスキンケアもできるので、一石二鳥の化粧品です。美容成分が含まれた化粧品は、高級なものから手軽に購入できるプチプラ化粧品まで、種類は豊富です。自分に合った化粧品を探すことで、スキンケアの手間が省けます。

また、化粧が肌に合わず、肌荒れの原因になってしまう人にはミネラルファンデーションがおすすめです。ミネラルファンデーションは天然の鉱物で出来ているので、肌へのダメージが少ないことが特徴です。

長時間化粧をしていても、ファンデーションをつけたまま寝てしまっても翌朝肌荒れしにくくなっています。敏感肌で普通のファンデーションでは肌が荒れてしまうと悩んでいる方や、長時間化粧をする必要のある方には特におすすめの化粧品ですよ。

肌のケア方法は、丁寧に素早く!

  • 洗顔はたっぷりの泡で丁寧に、素早く
  • お風呂上りにはすぐに化粧水をつけましょう
  • スキンケアにはかっさなどのマッサージもおすすめ
  • メイクには美容成分入りの化粧品を
  • 自分に合った化粧品を使うことで、いつまでも綺麗な肌に!

肌のケア方法は「丁寧に、素早く!」が基本です。メイクでダメージを受けた肌をケアする方法をマスターして実践していきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

4



ページのトップへ