公開日:2017/06/20 

話題の飲む日焼け止めって何?その効果は?気になる疑問に迫る!

海外ではすっかり定着した感のある飲む日焼け止めサプリ。日本でもテレビや雑誌といったメディアで取り上げられるなどしてジワジワと注目を集め、少しずつ一般にも浸透しつつあります。

とはいえ、飲む日焼け止めサプリというものが一体どのようなものなのか、効果はあるのか、など思い浮かぶ疑問が数々あがるのも事実です。そこで、今回は飲む日焼け止めにまつわる疑問に迫ります。

飲む日焼け止めサプリって、そもそも何?

飲む日焼け止めサプリって、どんなもの?

飲む日焼け止めサプリは、体の内側から紫外線を防止する効果が期待できるサプリメント。その発祥はヨーロッパだといわれており、紫外線から受けるダメージを抑えることを目的として作られたようです。

効果はあるの?

飲む日焼け止めの効果が気になるところだと思いますが、効果は人それぞれです。また、現在販売されている飲む日焼け止めは数多くあるので、相性もあるでしょう。

そして、そのほとんどには美肌効果のある成分が配合されていたり、紫外線を浴びることによって発生する活性酸素を抑制したりする効果があるようです。そのため美肌目的やアンチエイジング目的で摂取するのは効果が期待できるでしょう。

どのくらい種類があるの?

筆者が確認したところ、現在日本で手に入れることができるものだけでも、国産・海外産合わせて10種類以上あります。

海外での人気とそれにまつわる疑問

海外で人気になった理由は?

飲む日焼け止めサプリは、ヨーロッパで誕生しました。そして、今では海外ですっかりポピュラーな存在となり、大人だけではなく、子どもも服用するなどすっかり一般に浸透しているといわれています。その人気の理由は何なのでしょうか。

ヨーロッパ、特にスペインでは、紫外線を防止する効果のある成分についての研究が早くから進められてきたことが大きく関係しているといわれています。そして、人気に火がついたのはやはりなんども日焼け止めを塗り直すといった面倒さがなく、飲むだけでOKという手軽さが魅力だったのではないでしょうか。

海外製品は日本人の肌にも合うの?

確かに海外製品については薬事などの法律が日本とは異なるため、配合成分についてよく確認する必要があるでしょう。とはいえ、多くの商品は天然成分で作られているようです。そのため比較的安全性は高いといえます。

海外製品を購入する際の注意点は?

海外製品を購入する際は配合成分について確認するほか、できれば美容クリニックなどでの取り扱いのある商品を選ぶことをおすすめします。

選ぶ際にはどんなことに気をつければいいの?

主成分が何なのかなど配合されている成分に注目する

現在日本で販売されている商品の多くは、シダ植物由来の成分か、ニュートロックスサンという成分を主成分にしていますが、まず主成分を確認することが大切です。そして、その配合量や他の成分にも注意して商品を選ぶとよいでしょう。

摂取方法を確認する

飲む日焼け止めの中には、毎日摂取するものと必要な時だけ摂取するものとがあります。一般的に毎日摂取するタイプの方が、効果を実感できる可能性が高まるようです。自分のライフスタイルなどを考慮して選びましょう。

製品の開発に医師が関わっているかどうか、または、医療機関での取り扱いがあるかどうか確認する

このほかに商品選びの際に確認すべきなのが、開発に医師が関わっているかどうかということと、医療機関での取り扱いがあるかどうかということ。この2つをクリアしているならより安全性が高まるでしょう。

気になる効果は?筆者の体験談

必要な時だけ飲むタイプを摂取して感じたこと

筆者自身が飲む日焼け止めサプリを使い始めたのは、昨年からです。毎日飲むのは面倒だと思ったので必要な時だけ飲むタイプに惹かれ、最初はそのタイプを使用してみました。そして、実際に子どもの運動会やキャンプなど屋外で長時間過ごす時に使用してみました。もちろん、日焼け止めもSPF値・PA値ともに最高値のものを使用し、塗り直しもしました。

ちなみに筆者は、紫外線を浴びると多少赤くなった後にすぐ黒くなります。紫外線を浴びて肌が黒くなりやすいというのは、紫外線から自らの体を守ろうとする本能が強いことを意味しています。入念なお手入れも功を奏して、40歳である現在も筆者の顔には(体も)シミはひとつもありません。そのような筆者の体質を踏まえて、必要な時だけ飲むタイプを摂取して感じたことをお話しします。

必要な時だけ飲むタイプを2箱購入しました。筆者が購入したのは、美容クリニックがその開発に携わっている商品で国産のもの。主成分はシダ植物由来成分で、比較的お求めやすい価格も魅力のひとつです。1箱にカプセルタイプのサプリが10粒入っていたので、20回飲んだことになります。

摂取量は、1回1粒。紫外線を浴びる30分前に飲んで、2時間効果があるというものでした。ちなみに、この商品は1日に3粒まで摂取することができます。ですから、効果の持続時間を考えながら、いずれの場合も1日に2、3粒飲んだことになります。

その結果の筆者自身の感想は下記の通りです。

  1. 肌が赤く炎症を起こすのをいつもより少し防ぐことができた。
  2. いつもより少し肌が黒くならなかったように感じた。
  3.     
  4. 5月から必要な時だけ飲み始めて、7月頃に細いマジックで点を書いたようなシミがうっすらとできてしまった。

シミの発生は今までにも2度あり、スキンケアとインナービューティで消したという経験があります。そのことを考えてもシミができたことは、この必要な時だけ飲む日焼け止めの効果がなかったとは言い切れないものがあります。

それでも、必要な時だけ飲むタイプよりも、やはり毎日飲むタイプの方が嬉しい効果を実感できるのではないかと思いました。そこで、毎日飲むタイプに切り替え、飲み始めました。

毎日飲むタイプを摂取して感じたこと

毎日飲むタイプを飲み始めたのは、今年に入ってから。1日1〜2粒推奨しているところ、1日2粒を飲んでいます。最初に筆者が摂取し始めたのは、スペインの大学で研究・開発されたニュートロックスサンという成分を主成分としている商品です。

ちなみにこのニュートロックスサンは、シトラス果実とローズマリーの葉から抽出された天然のポリフェノールです。1日1回摂取するタイプで、国産です。そして、こちらもカプセルになっています。この商品の開発には医師が携わっており、医療機関でも取り扱いがあるものです。

次に摂取したのが、シダ植物由来の成分で作られた海外産。飲む日焼け止めサプリの中では最もポピュラーな商品です。こちらもカプセルタイプです。いずれの場合もまだ本格的に紫外線量が増えるシーズンを迎えてはいない時期の使用ですが、スキーを楽しむ時など紫外線の影響を強く受ける時に使用しました。

その結果、必要な時に飲むタイプよりも紫外線防止効果が高いように感じています。具体的に感じた効果は、必要な時に飲むタイプと比較すると紫外線を浴びた後、炎症を起こす程度が緩和された、肌がそれまでより黒くならなかったといったものです。

両方の体験を通して感じたこと

飲む日焼け止めサプリは、筆者の場合内側から紫外線を防止する効果を多少なりとも感じることができました。光老化を防ぐためのひとつの手段として試してみる価値はあるのではないでしょうか。

しかしながら、サプリの効果には個人差があること、飲む日焼け止めサプリそのものが万能ではないことを考えると、やはり肌に塗る日焼け止めは従来通り必要だと感じました。それでも、飲む日焼け止めサプリの効果によっては、使用する塗る日焼け止めのSPF値を下げることは可能なのかもしれません。

また、飲む日焼け止めサプリの中には、紫外線を防止する効果だけではなく、健やかな美肌へと導く成分が配合されているものもあります。そういった効果と合わせて摂取を検討してみるのもいいでしょう。

その他の疑問

子どもも飲めるの?

配合されている成分にもよりますが、一般的に5歳以上の子どもであれば飲んでも大丈夫である商品が多いようです。しかし、カプセルなどサプリの形状を考慮すると、安心して飲むことができるのは小学生以上となるかもしれません。

子どもの摂取を検討している人は、配合成分にアレルギーがないか確認の上、念のためメーカーや医療機関に問い合わせてからにしてください。このほか、妊娠中の人や授乳中の人は飲むことができませんのでご注意ください。

副作用は大丈夫?

サプリとなると、副作用を心配されている人もいるのではないでしょうか。この点に関しては、人によって体質(アレルギーの有無など)が異なるため絶対に安全ということはいえません。

しかし、少なくとも飲む日焼け止めサプリの主成分であるシダ植物由来成分やニュートロックスサンによる副作用の例は確認できませんでした。そのため比較的安全性が高いといえるのではないでしょうか。とはいえ、できれば商品の取り扱いのあるクリニックなどで相談の上、摂取することをおすすめします。

飲むならどのような時期に飲んだらいいの?

紫外線は季節を問わず、毎日降り注いでいます。そのため、飲む日焼け止めサプリを取り入れるのなら、年間を通して飲むのがおすすめです。しかし、年間を通して飲むのが負担になるという場合は、紫外線の影響が気になり始める春から秋にかけて飲んでみてはいかがでしょうか。

飲む日焼け止めは自分のライフスタイルに合わせたものを選ぼう

飲む日焼け止めって何?

飲む日焼け止めとは、体の内側から紫外線を防止する効果が期待できるサプリメント。海外ではすでに一般に浸透している商品で、シダ植物由来の成分でできたものとニュートロックスサンという成分で作られたものがポピュラーです。

使い方について

大抵の商品は、外出の30分ほど前に服用することが推奨されています。摂取の方法は主に、必要な時だけ飲むものと毎日飲むものの二通りあるようです。そのため自分のライフスタイルに合わせて商品を選ぶ必要があるでしょう。

効果について

自身の体験を踏まえた筆者の感想ですが、飲む日焼け止めサプリを紫外線対策の主役にするのは難しいかもしれません。従来通り紫外線対策の主役は塗る日焼け止めになるでしょう。

それでも、飲む日焼け止めを併用することで紫外線によるダメージが緩和される可能性があります。その効果に関しては個人差があるので、実際に使用してみなければ良し悪しは判断することができないでしょう。ただ、筆者の経験では必要な時だけ飲むタイプよりも、毎日飲むタイプの方が効果を実感できる可能性が高いと感じました。

紫外線は1年365日、雨の日も曇りの日も容赦なく降り注いでいます。そのため、紫外線の影響で老けないように紫外線対策は万全に行いましょう。飲む日焼け止めサプリを使用して感じる効果は人それぞれですが、紫外線を防止するためのひとつの手段と捉えて、ライフスタイルに応じて取り入れるかどうかを検討されてみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

32

Editor's Information

話題の飲む日焼け止めって何?その効果は?気になる疑問に迫る!
遠藤 幸子(えんどう さちこ)
美容ライター・エイジング美容研究家。
エイジング美容研究家としてラジオや雑誌、企業のインフォマーシャル、新聞広告などに出演。美容ライターとしては現在7つの媒体にコラムを執筆するほか、企業の広告などを手がける。
豊富な自己体験をもとに、アンチエイジングやスキンケアを中心とした美容情報を多数発信している。
公式サイト:アンチエイジング ジャーナル


ページのトップへ