公開日:2017/05/26 

目元のシミの原因はアイシャドウなどのメイクにある!?対策方法をご紹介

シミやくすみが気になる場合、多くの人は紫外線の影響によるメラニンの生成が原因だと考えます。しかし、目元のシミなどの原因は、もしかしたら普段のメイクや間違ったケアにある可能性も考えられるのです。目元のシミを防ぐ方法や対処法をご紹介します。

シミの原因は紫外線だけじゃない!?

そのシミの原因、紫外線じゃないのかも

目元が与える印象というのは、その人全体の印象にも大きな影響を与えますよね。目元が明るく活き活きしていていると、それだけでもとても魅力的で素敵な女性に見えたりもしませんか?しかし、そんな大きな印象を与える箇所だからこそ悩みは尽きず、目元のシミやしわ、くすみに悩まされている女性も少なくありません。

美肌の大敵「シミ」は、メラニン色素の定着で起こることが知られていますが、実はその目元のシミの原因、それだけではない可能性もあるんです。印象を変えるメイクには欠かすことのできない、アイシャドウやアイライン。実はこれらも目元のシミの原因になることがあります。その原因の真相と、対処法をご紹介していきます。

アイメイクの洗い残しが目元の原因に

目元のシミやくすみの原因は、もしかしたらアイメイクの洗い残しが原因になっているのかもしれません。アイメイクを落としきれていない、ついつい疲れたときはメイクを落とさずに寝てしまう、こうしたことが、目元のシミやくすみを生む原因ともなってしまうのです。

アイメイクの洗い残しや、メイクをしたまま寝てしまうことは、化粧品が長時間にわたって肌に残っているということになります。そうすると、アイメイクの色素が肌に移ってしまい色素沈着を起こし、これがシミやくすみの原因になってしまいます。

こうしたことからも、まずは、洗い残しが無いようにきちんとアイメイクを落とすことが重要なポイント。しかし、デリケートなゾーンでもあるため、優しくしっかりメイクを落とせる方法を習得しなければいけません。

目元へのダメージが原因となることも

色素沈着を起こさないようにしっかりメイクを落とすようにしている、という方も、もしかしたらそのメイクの落とし方が原因でシミやくすみができてしまっているかもしれません。色素沈着を起こさないようにと、アイメイクを落とすときに、ゴシゴシこすって落とそうとしていませんか?この時の摩擦がシミやくすみの原因になってしまうことがあるのです。

目元の皮膚は大変薄く、外部からの影響を受けやすい部分。そのため、アイシャドウやアイラインのアイメイクやそのメイクを落とすときの摩擦は、デリケートな目元にとっては大きな負担となってしまうことがあります。こうしたことからも、デリケートな目元には、その特性に合ったケアを行うことが大切です。

正しいアイメイクの落とし方は?

目元の肌を傷めないアイメイクの落とし方

目元の肌は非常に薄くデリケートなため、アイシャドウやアイラインなどのアイメイクは、優しく丁寧に落としていきます。

まず、麺棒を用意し、アイラインなどの細かな部分のメイクを落としていきます。目元の肌を傷つけてしまわぬよう、麺棒の先は、クレンジング剤などをよく浸し柔らかくしておきます。その麺棒を使って、メイクを落としたい部分をくるくると小さく円を描くようにして、優しくメイクを浮かしていきます。

まぶたなどの少し広い部分のアイメイクを落とすときは、コットンにクレンジング剤をたっぷり浸したもの使用しましょう。ここでも同じく、優しく拭き取るようにしてアイメイクを落としていきます。このとき、コットンを10秒ほどまぶたに置いてから落とすようにすると、メイクが浮きやすくなるのでおすすめです。

ポイントリムーバーを利用する

お出かけやイベントなどで、しっかりアイメイクをした時こそ、きちんとしっかりメイクを落としたいものですよね。しかし、落ちにくいからと言ってゴシゴシこすりながら落とそうとするのは禁物。濃いしっかりメイクでも、できるだけ優しく落としていけるよう心がけることが必要です。

そういったときにおすすめなのが、ポイントリムーバー。アイメイクや口紅などのポイントメイクを落とすためのポイントメイク専用のクレンジング剤で、これなら目元の落ちにくいアイメイクもしっかり落とすことができるでしょう。

ポイントリムーバーはポイントメイクのみに使用するので、その他のベースメイクなどはその濃さに合ったクレンジング剤を使用することができ、全体的にも肌へのダメージを少なくすることができます。

クレンジング剤の選び方

メイクを落とすために欠かせない、クレンジング剤。目元だけではなく、肌全体への影響も与えるものですので、自分の肌とメイクに合ったものを選ぶことが大切です。

肌への刺激が強い順としては、拭き取りタイプ→オイル→リキッド→クリーム→ミルク、となっています。洗浄力の高さもこの順に比例しますが、その分肌への刺激も強いということ。そのため、クリームやミルクタイプでも十分に落とせそうなメイクの場合は、そちらを選んだ方が肌への刺激も少なくなるのでおすすめです。

また、敏感肌であれば敏感肌用のものを、ウォータープルーフのアイシャドウやアイラインを使用した場合はそれに対応するものを選ぶことも大切。メイクと肌に応じたクレンジング剤をしっかり見極め、選びましょう。

目元にシミを作らない対策法

バランスのいい栄養と休息をしっかり取る

目元のシミやくすみを作らない対策は、アイメイクを優しく丁寧に落とす以外にもいくつかの方法があります。

まずは、毎日の食事に気を付けること。バランスの良い食事をきちんととり、しっかり栄養を摂れるように心がけます。とくに、ビタミンやミネラルなど、美肌作りには欠かせない栄養素をたくさんとれるような食事にするといいでしょう。そして、しっかり睡眠時間を確保し、質の良い睡眠でしっかり休息すること。

このように、普段の生活を規則正しく整えることで、肌の代謝を促すことができ、ターンオーバーも規則正しく行われることにもつながります。そうすると、シミやくすみの原因も肌のターンオーバーや肌代謝によって排出され、シミやくすみもできにくくなったり、薄くさせる効果も期待できたりするのです。

目元専用の美容液を使用しケアを行う

目元のシミやくすみ、しわなどにも、この目元専用の美容液を使うことは効果的です。目元はデリケートなゾーンであるため、普段使っているスキンケア用品では刺激が強い場合もあります。こうしたことからも、目元美容液はおすすめで、より丁寧に目元のケアを行うことができるでしょう。

目元専用美容液にも、様々なタイプや成分の異なるものがあります。目元のシミやくすみに効果が期待できる成分としておすすめなのは、ビタミンC誘導体。肌に入り込みやすいように変えたビタミンCをビタミンC誘導体と呼び、抗酸化作用、肌代謝の活性化を促す作用を持つものです。また、メラニンによる色素沈着を防ぐ働きもしてくれるので、アイメイクによるものだけでなく、紫外線によるシミ対策にも効果が期待できます。

目元のストレッチで血行促進を促す

肌代謝を高め、ターンオーバー促すという意味で、目元のストレッチも目元のシミやくすみに効果が期待できるものです。目元の筋肉を鍛えることで、血行を促進し栄養を行き渡らせることにもつながり、メラニン色素の排出を促す効果も期待できます。やり方は、とっても簡単。

  1. 目をギュッと閉じて5秒間キープ
  2. 目を思い切り大きく広げて5秒間キープ
  3. これを5回ほど行ないます。

これなら、毎日できそうですし、どこでも手軽に行うことができますよね。このストレッチは、シミやくすみの改善を促すだけではなく、クマやたるみにも効果が期待できるので、これらの悩みを抱えている方にもおすすめしたいストレッチ法です。

目元も美しく若々しくありたいもの!

  • 目元のシミはアイシャドウやアイラインのメイクが原因のことも
  • アイメイクは丁寧にやさしく落とすことが大切
  • 日々の生活を見直し、目元専用美容液、目元ストレッチを行うことも効果的

大きな印象を与える目元だからこそ、若々しく美しい目元を保ちましょう。日々のケアを少し心がけるだけで、アイメイクが原因のシミやくすみ、しわやたるみの改善にも繋がりますので、ぜひ実践してみてくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

191



ページのトップへ