公開日:2017/06/15 

飲むオイルはおいしいの?その美容効果と継続するコツ

美容に気をつかっている女性の間でブームになっている飲むオイル。気になるけど飲むのは抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。ここでは、飲むオイルの美容効果やおいしい飲み方、上手なとり入れ方を詳しくご紹介します。

飲むオイルの美容効果の秘密とは

美容に効果がある飲むオイルって?

美容や健康にいいと話題になっている飲むオイル。美容のために肌や髪に塗るオイルとはちがい、飲むことで身体の内側からオイルを浸透させます。飲むオイルに含まれているのがオメガ3やオメガ9などの不飽和脂肪酸です。必須脂肪酸の1つであるオメガ3は生活習慣病予防やアンチエイジングの効果が期待されています。同じくオメガ9も生活習慣病予防効果が期待され、加えて脂質の代謝を上げてダイエット効果も期待できるのです。

特に、オメガ3は熱に弱く加熱調理にむかないため、飲んで体内に浸透させることが大切です。また、不飽和脂肪酸の1つ、オメガ6はサラダ油やマヨネーズに含まれています。普段の食事で自然ととり入れていることが多く、油が多い食事が中心だと過剰摂取になることも。不飽和脂肪酸はバランスよくとることが大切なのです。

飲むオイルはおいしい?

飲むオイルが美容や健康に良くても、飲むのは抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。いくら美容にいいとはいえ、おいしくなければ続きませんよね。

飲むオイルの中でもオリーブオイルは、酸度が低いほど飲みやすく、おいしいといわれています。味が気になる方は、一定の品質をクリアしたエキストラバージンオイルがおすすめです。オリーブの果実を100%使用して、化学処理をせず、100gあたり0.8%未満の酸度をクリアしたものだけがエキストラバージンオイルを名乗れます。

酸度の低さはもちろんのこと、余計な化学処理も行われていないため、新鮮でおいしい飲むオイルといえそうです。ただし、おいしいと感じるかは個人差があります。飲んでみて苦手に感じる場合は、直接飲むのではなく食品にかけてとり入れましょう。

飲むオイルを続けるためには

飲むオイルは、継続することで効果が期待できるといいます。他の美容サプリメントや健康食品と同じように、数日続けただけでは変化がみられないことがほとんどです。

まずは、飲むオイルを長く続けるために自分に合ったものを選びましょう。味や香りはもちろん、のどごしや粘度など飲むオイルの種類はさまざまです。できれば、お店でテイスティングしてから決めれば、失敗が少なくなりますよ。無理なく続けることができる飲むオイルをさがして、適切な方法でとり入れましょう。

また、アレルギーがないかチェックすることも大切です。

美容に効果があるおすすめのおいしい飲むオイル

定番のオリーブオイル

飲むオイルといえば、オリーブオイルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。前述したように、酸度が少ないエキストラバージンオイルを選ぶことで飲みやすくおすすめです。抗酸化作用や満腹感の継続、肌荒れをおさえるなどの美容効果が期待できます。

オリーブオイルを毎日継続して摂取することが大切です。大さじ1杯でもいいので、できるだけ飲むことで成分をとり入れやすいといわれています。もし、飲むのが苦手でもオリーブオイルは熱に強いため、普段の料理につかう油を少しオリーブオイルに変えてみることから始めてみましょう。

話題のココナッツオイル

飲むオイルブームの火付け役ともいわれるココナッツオイル。オリーブオイルと同じように、エキストラバージンオイルを選びましょう。必要な成分が壊れずに残っていて、品質が良いものが多いといわれています。ココナッツオイルは24℃以下では固形のため、温かい飲み物に入れることでココナッツの香りを感じながら飲めます。ココナッツオイルには抗酸化作用や便秘解消、冷え性改善などの効果が期待できます。

味はありませんが、ココナッツの香りが苦手な方にはあまりおすすめできません。無香タイプもあるので、確認してから試してみましょう。

栄養価が高いアボカドオイル

アレルギーが少ない飲むオイルといえば、アボカドオイルです。栄養価が高く、含まれているビタミンEはオリーブオイルの2倍ともいいます。味のクセが少なく、においもあまりしないので気になる方におすすめです。抗酸化作用やシワやたるみ、便秘解消などの効果が期待できます。アボカドオイルは熱に強く、飲むのが苦手な方は料理につかいやすいのもポイントです。

アボカドオイルは、コールドプレスという製法でつくられたものを選びましょう。低温で圧縮して絞ることで栄養価が高いままオイルを抽出する製法です。飲むのはもちろんのこと、肌や頭皮に塗ることで保湿効果も期待できます。

飲むオイルの美容効果を上手くとり入れるには

大切なのは非加熱で飲むこと

飲むオイルでとり入れたい成分は熱に弱く、酸化しやすいため、なるべくそのまま飲むようにしましょう。飲むだけでは続かない方におすすめしたいのが、冷たいサラダやヨーグルトにかけて食べることです。他にも飲み物に入れることで、自然に毎日摂取できます。さまざまなアレンジを試してみることで飽きずに続けることができますよ。自分だけのお気に入りのとり入れ方がみつかるかもしれません。

飲むオイルを買うときも非加熱でつくられたものを選ぶことが大切です。前述したエキストラバージンオイルやコールドプレスなど商品によって違います。

組み合わせで美容効果がアップ?

飲むオイルは他の食品と組み合わせることで、プラスの効果が期待できることも。おすすめの組み合わせをご紹介します。

  • アイスクリームとオリーブオイル

オリーブオイルの効果でアイスクリームの糖分の吸収をゆるやかにしてくれるといいます。ダイエットや減量していて、どうしても甘いものが食べたくなったときにおすすめです。アイスクリームにオリーブオイルを入れ、塩を少々ふって混ぜて、もう1度凍らせるだけ。食べてみると、意外にもジェラートのようなねっとり感がでておいしいです。

  • コーヒーとココナッツオイル

ココナッツオイルをコーヒーに溶かして飲むと、中鎖脂肪酸とカフェイン、ふたつの脂肪燃焼効果が期待できます。毎日継続して飲みやすいのもポイントです。味大きく変わらず、マイルドな口当たりになりますよ。

気をつけたい飲むオイルの注意点

飲むオイルを買うときに注意したいのが、使い切れる量のものを選ぶことです。飲むオイルに含まれるオメガ3は酸化しやすいため、開封後はなるべく早く使用する必要があります。また、熱や光に弱い性質のため、冷暗所に保管することも大切です。酸化したオメガ3はトランス脂肪酸に変化して、体にリスクをもたらす可能性があります。

アレルギー反応を起こす場合もあるため、しっかりとテストしてから使用することが大切です。症状が現れたら、すぐに使用を控えて医師に相談しましょう。また、体に良いといっても過剰摂取は逆効果になります。毎日適量を継続して摂取するようにしましょう。

飲むオイルはおいしく食べて続ける!

最後に、今回のポイントをまとめます。

  • 飲むオイルは継続することで効果が期待できる
  • 自分に合った飲むオイルをみつけよう
  • 組み合わせやアレンジで効果的にとり入れよう

飲むオイルは毎日継続することで美容やダイエット効果が期待できます。効果的な方法や注意点を確認して、おいしくとり入れましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

322



ページのトップへ