公開日:2017/06/26 

夏の日焼け対策スキンケアで健康素肌をキープする方法

たとえ軽い日焼けでも、それが蓄積されてしまうとシミやシワ、たるみなどの様々な肌トラブルにつながってしまいます。

肌の廊下を防ぐためにも、日焼け対策方法と日焼けをしてしまったときのアフターケア方法をしっかりチェックしておきましょう。

夏の日焼けを防ぐための対策方法

紫外線は1年中降り注いでいるという事実はもはや一般常識となっていますが、夏になると紫外線量はぐんとアップします。

日焼け対策をせずに近所に出かけたり、日中ベランダで洗濯物を干すだけでも紫外線によるダメージを受けてしまうのです。

健やかな肌をキープするためには、年間を通して紫外線対策を行うことが大切ですが、夏にはより一層念入りな日焼け対策を取り入れることが重要です。

肌に優しい日焼け止めを使用する

「協力な紫外線をカットしたい!」という気持ちから、SPFやPAの値が高い日焼け止めを選んでいる方も多いと思いますが、効果の高い日焼け止めには、刺激の強い紫外線吸収剤が含まれていることが多く、その影響で肌が荒れる恐れがあります。

肌を守るための日焼け止めで肌トラブルを引き起こしてしまっては本末転倒ですよね。
肌の健やかさを保ちながら紫外線予防をするためにも、低刺激の日焼け止めを使用しましょう。

日焼け止めをこまめに塗り直す

SPFやPAの値が低い日焼け止めは頼りなく感じるかもしれませんが、こまめに塗り直せば十分な効果が期待できます。

とくに午前10時~午後2時は紫外線量がピークになるので、外出する際は必ず日焼け止めを塗り直しましょう。パウダーやスプレータイプの日焼け止めを用意しておくと、塗り直しが簡単なのでおすすめです。

日焼け防止グッズを常備する

肌に直に塗る日焼け止めの他にも、日傘や防止・ストールなどの日焼け防止グッズを使えば、さらに万全な紫外線対策を行うことができます。日焼け止めを塗った上から日焼け防止グッズを纏って、強い夏の紫外線をカットしましょう。

また、目から入る紫外線も肌のトラブルの原因になるので、サングラスを持ち歩くのもおすすめです。

日焼けしてしまったときのアフタースキンケア方法

しっかり紫外線対策を行っていたつもりでも、汗で日焼け止めが流れてしまったり塗り残しがあったりすると、うっかり日焼けをしてしまうこともあります。

日焼けをしてしまったときには通常のスキンケアではなく、日焼け後のアフタースキンケアを取り入れて、肌トラブルを防ぎましょう。

冷やす

日焼けをしてしまったら、まずは肌をよく冷やすことが重要です。
日焼け後の肌の火照りや赤みを取り除くことで、炎症の悪化を防ぐことができます。

氷水で冷やしたタオルやガーゼを肌に当てたり、水風呂に入ったりしてしっかり肌を冷やしましょう。

十分に保湿する

紫外線を浴びると肌が乾燥して水分量が減り、バリア機能が低下してしまいます。肌のバリア機能を補うためにも、十分な保湿ケアで水分の蒸発を防ぎましょう。

敏感肌用の化粧水でたっぷりと肌に水分を与え、保湿成分が入ったクリームで潤いを閉じ込めるケアがおすすめです。

ビタミンCを補給する

紫外線は肌のコラーゲンを破壊してしまうため、日焼け後はコラーゲンの生成を促すビタミンCをしっかり補給することが大切です。

ビタミンCを豊富に含むパプリカブロッコリーアセロラなどを積極的に摂取しましょう。

対策・アフターケアが鍵!

レジャーやお祭りなど楽しいイベントが盛りだくさんの夏は、外出する機会も増えます。

うっかり日焼けをして肌トラブルを起こさないためにも、十分に対策をとり、日々のスキンケアにも力を注いでいきましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

120



ページのトップへ