公開日:2017/06/15 

肌に優しくメイク落とし!クレンジングミルクの正しい選び方

毎日使うメイク落としですが、自分の肌に合ったものを選ばなければ肌に負担がかかってしまいます。
そこで、いつまでも若々しい素肌を保つために必要なクレンジングミルクを正しく選ぶポイントをご紹介します。

優しくメイクを落とせるクレンジングミルク

そもそもクレンジングミルクってどんなものなの?

クレンジングミルクとは、ミルク=乳液タイプのテクスチャー(材質感覚)をしたクレンジングアイテムのことを指します。

一般的なメイクを落とすクレンジングには、オイルタイプ・クリームタイプ・ジェルタイプ・ミルクタイプ・石鹸タイプ・拭き取りタイプがあります。

その中でもクレンジングミルクは、弱酸性で低刺激で肌にかかる負担が少ないため、敏感肌のユーザーから重宝されています。しかし、「クレンジングミルクだと、メイクが落ちにくい」という意見も多いです。

クレンジングミルクには油分(界面活性剤)よりも水分が多めに配合されているため、メイクの油分を浮かせて完全に落とすのは難しいのです。

メイクを落とす時に見直したいポイント

クレンジングミルクに配合されている油分(界面活性剤)は少ないので、他のメイク落としよりも肌にかかる負担が軽くなります。

ナチュラルメイクを好む方であれば、クレンジングミルクでほとんどの汚れを落とすことができるでしょう。

しかし、ポイントメイクやしっかりしたアイメイク(ウォータープルーフコスメやリキッドファンデーション、2Wayファンデーション)は、なかなか汚れが落ちないこともあります。

中には「クレンジングミルクを選んで失敗したかも」と思ってしまう方もいるかもしれません。

買って失敗したということにならないよう、普段の自分の化粧の濃さや肌質などと照らし合わせた上で、ライフスタイルに合ったクレンジングミルクを選ぶようにしましょう。

クレンジングミルクのメリット・デメリット

クレンジングミルクを使うメリットは、肌にかかる負担が少なく、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できるということです。

メイク落としは毎日行うものなので、敏感肌の方に限らず「肌に優しいものを選びたい」という気持ちの方は多いはず。

クレンジングミルクだけでは落ちない汚れ対策に、ポイントメイク用のクレンジングを使うなど、使い分けをすることでよりしっかりとメイクを落とすことができます。

一方クレンジングミルクのデメリットは、洗浄力があまり強くないということです。
水分が多くまろやかなテクスチャーですので、肌へのなじみは良いのですが、その分洗浄力が弱いので濃いメイクは1回の洗浄で落とせないことが多いです。

クレンジングミルクを選ぶときのポイントと上手な使い方

ご自身のコスメ・スタイルに合わせて使う

クレンジングミルクを選ぶときのポイントは、自分のメイクとの兼ね合いを考えることです。
普段からしっかりメイクをしている方は、乾燥肌や敏感肌であっても、洗浄力が弱いクレンジングミルクの使用は向いていません。

クレンジングミルクと肌質がマッチしていても、メイク汚れが落とせないのであればメイクを落とす役割を果たしているとは言えませんし、メイクが肌に残っているのを放置していると乾燥肌や敏感肌をより悪化させてしまうこともあります。

まずはしっかりとメイクが落とせるかどうかでクレンジングミルクの使用を検討してみましょう。

クレンジングミルクの上手な使い方・コツ

  • 手のひらに適量をとる
  •  両手を使い、肌の温度でクレンジングミルクを少し温めるのが良い
  • 顔を包み込むようにしてソフトタッチで洗う
  •  指の腹を使い、ゆったり優しく洗うことで、汚れが浮き上がって落ちやすくなる

低刺激で柔らかい感触のクレンジングミルクは、優しくゆっくりと肌になじませるのがポイントです。肌に負担をかけるため、ごしごしこすることは控えましょう。

今までは濡れた手で扱うのはNGとされてきましたが、近頃ではお風呂でも使用できるクレンジングミルクなども販売されています。

クレンジングミルクにはどんな成分が含まれているの?

購入する商品にもよりますが、クレンジングミルクには様々な成分が配合され成り立っています。

例えば「ミネラルオイル」はメイク落としの基材として使われる鉱物油ですが、クレンジングミルクの種類によって配合されているものと配合されていないものがあります。

中にはミネラルオイルで肌荒れしてしまう方もいます。油分が多く使われていると、肌の脱脂力が強まってしまうので敏感肌の方は注意が必要です。

一つのアイテムに多くの成分が配合されており、どれが肌に良くてどれが悪いものなのか判断できないこともあるでしょう。
どれを購入するが迷ったときは、サンプルや少量のクレンジングミルクから試し、自分の肌に影響があるか確認してみましょう。

機能を兼ねそなえたクレンジングミルク3選

潤いトリートメント重視のクレンジングミルク

カバーマーク(COVERMARK)トリートメント クレンジング ミルク

価格 3,240円(税込 / 送料540円)
内容量 200g
ポイント カバーファンデーションを落とすクレンジング力

カバーマークのトリートメントクレンジングミルクは、肌に負担をかけずに優しくメイクを落とし、なおかつ洗いたての肌にたっぷりのうるおいを与えてくれるクレンジングミルクです。

配合されている美容成分はなんと89%にものぼり、オレンジやアトラスシーダーなど9種類の爽やかエッセンシャルオイルも入っています。

ミルク自体の伸びも良く、肌にもとてもなじみやすいので、メイク汚れをすっきり洗い流すことができます。さらに濡れた手でも使えることから、お風呂場などシチュエーションを選ばない便利さもポイントです。

美容成分をたっぷり配合したクレンジングミルク

パラドゥ(Parado)スキンケアクレンジング

価格 1,296円(税込 / セブンイレブンで購入可能)
内容量 120g
ポイント 約1週間分のお試しサイズも発売中

スキンケアクレンジングは、たっぷりの美容成分を含み、アルコールフリーなので肌への負担が少ないクレンジングミルクです。

濡れたままでも仕様できることや、W洗顔が不要といった使い勝手の良さも相まってデイリーケアにもおすすめです。メイクを落とした後の肌がしっかり潤い、はだのもちもちさを実感できるでしょう。

レギュラーサイズのほか、旅行に便利なミニサイズも発売されており、コンビニなどで気軽に購入できるのもポイントの一つです。

毛穴ケアまでできちゃう優れものアイテム

イッテン コスメ(itten cosme)つぶつぶクレンジング

価格 1,944円(税込 / 送料648円)
内容量 150g
ポイント まとめ買い割引や定期割引でお得に購入可能

つぶつぶクレンジングは、ミルクに配合されたつぶつぶがクレンジングやマッサージ、毛穴ケアまでしてくれるクレンジングミルクです。

このつぶつぶはオイル粒とこんにゃく粒の2種類で構成されており、毛穴の奥の汚れや不要な角質までしっかりとからめとってくれます。

美容成分は36種類配合しており、洗ったあともしっとり、汚れは優しくオフしてくれるのが特徴です。日々のメイク落としはもちろん、毛穴の開きや汚れが気になる方におすすめのクレンジングミルクです。

自分の肌に合うクレンジングミルクを見つけよう

クレンジングミルクの特徴まとめ
  • 洗浄力が弱めなので、濃いメイクなどは専用のリムーバーなどを使用しましょう
  • ミルクを手に取り、温めてから肌になじませることで、メイクが落としやすくなる
  • 肌質や普段のメイクにあわせてクレンジングを見極める

クレンジングミルクも様々なアイテムがあるので、肌質や悩みにあわせてアイテムを選んでみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

143



ページのトップへ