公開日:2018/03/15 

歯磨きしながらダイエット!歯磨きダイエットが成功する秘訣とは?

「ながらダイエット」は日常生活の中でできるダイエット方法で、手軽で簡単ということもあり、成功しやすいとも言えるでしょう。

その一つに歯磨きしながらダイエットをする、歯磨きダイエットがあります。歯磨きは毎日するものです。

これなら成功しやすいのではないでしょうか?効果と秘訣についてお伝えします。

歯磨きしながらダイエットができる!

歯磨きダイエットは、歯磨きをするだけでダイエットができるという方法です。

なぜ、歯磨きをしているだけでダイエットになるのでしょうか?

歯磨きをすると食事の量が減る

歯を磨くだけで食事量を減らすことができます。

そう言われると不思議に感じるかもしれませんが、歯磨きをした後、すぐに甘いお菓子を食べたり、ステーキを食べたりしたいとは思わないでしょう。

せっかく口の中をキレイにしてすっきりした状態なのに、また脂っこいものなどを口の中に入れたくない、と思うのが普通です。

歯磨きダイエットは、この感覚を利用して食べる量や糖質を制限する方法です。無理をして我慢するわけではないので、ストレスも溜まりません。

また、食事が終わった直後に歯を磨くことで、脳に「食事が終わった」と伝えることになります。食欲が再燃することも防げるでしょう。

間食がしたい、と思ったら歯を磨きましょう。これだけで間食をしないですみます。

歯磨きしながらエクササイズ

毎日、もしくは定期的にエクササイズをすることで筋肉を引き締め、スリムな体になれます。

それは分かっていても、トレーニングやストレッチをすることに慣れていないと、なかなかできないものです。

しかし、歯磨きをしながらできる簡単なエクササイズならできるのではないでしょうか?

  • かかとの上げ下げをする
  • 歯磨きをしながら、かかとを上下させるだけです。ふくらはぎの引き締め効果が期待できます。

  • ウエストをひねる
  • 腰を左右にひねります。ウエストのサイズダウンになります。腰痛予防にもなるでしょう。

  • 肩甲骨を動かす
  • 肩甲骨を寄せて、広げる、といった動きを繰り返します。肩甲骨周辺には褐色脂肪細胞が集まっています。肩甲骨を動かし褐色脂肪細胞を刺激することで、脂肪が燃焼されやすくなります。

歯磨きは最低でも朝と夜、できれば昼も行うようにしましょう。

その都度、簡単なエクササイズをする機会ができるわけですから、ダイエット効果も高くなるでしょう。

歯磨きダイエットを成功させる秘訣は

歯を磨くだけで痩せられる歯磨きダイエットですが、注意点もあります。

注意したい点を守ることで、ダイエット効果が期待できるでしょう。さらに、効果をアップさせる秘訣を紹介します。

歯磨き粉はミント味がおすすめ

歯磨きダイエットを成功させるには、歯磨き粉にもこだわりましょう。おすすめはミント味の歯磨き粉です。

ミントなら口の中がすっきりする感覚も高く、歯磨きをした後に食事をしたいと思わないでしょう。ミントの香りには、食欲を減退させる作用もあると言われています。

歯磨き粉はすっきり、爽快感を得られるものを選ぶといいでしょう。また、甘味が欲しくなったときには、チョコレート味やイチゴ味などの歯磨き粉もおすすめです。

歯磨きをていねいに行う

特に食欲を減退させるためには、歯磨きをていねいに行うといいでしょう。ていねいに磨くポイントは、

  • 毛先を歯の表面にあて、力を入れずに細かく動かす
  • 1本1本の歯に歯ブラシをあてて、毛先を上下に動かす
  • 奥歯に対しても歯ブラシを細かく動かす
  • 歯茎に対しては45度の角度で毛先をあて、力を入れずに動かす
  • 歯と歯の間、歯茎の境目、かみ合わせの面は特に意識して磨くようにする

といった点です。注意しながら磨いているうちに、食欲もなくなっていくでしょう。

歯磨きで歯茎や口の中を傷めない

歯磨きをていねいに行うのは、歯をしっかり磨くことで食欲を減退させることも目的の一つですが、歯茎や口の中を傷めないようにすることも大切です。

間食をしないために1日に何度も磨くのはいいのですが、力を入れて磨いていると歯茎を傷めてしまうことがあります。歯茎が下がり、知覚過敏の原因になることもあるので、注意しましょう。

歯磨きができないときの対処法

歯磨きをしたくても外出先ではできないこともあります。そのような場合には、次のような方法で対処しましょう。

  • 歯磨き効果のあるガムを噛む
  • ガムでもミント系であれば、歯磨きと同じような効果が期待できます。口を動かすことで、フェイスラインの引き締めにもなるでしょう。

  • マウスウォッシュを使う
  • やはりミントなど爽快感が強いものを選ぶといいでしょう。

  • デンタルフロスを使う
  • 歯と歯の隙間に使うだけでなく、歯の表面をこするようにして使うのが正しい使い方です。糸巻フロスやホルダータイプなど、種類もあるので使いやすいものを使うといいでしょう。

歯磨きをすることのメリット

歯磨きダイエットをすることで、虫歯が減るのはメリットです。また、口臭予防にもなりますし、歯周病などを防ぐこともできるでしょう。

虫歯があるとかみ合わせも悪くなり、アゴや顔の変形につながります。それは背骨や骨盤のゆがみなどにつながることもあるのです。

体のゆがみは脂肪をつきやすくします。歯磨きで虫歯をなくすことも、ダイエットには効果があると言えます。

歯磨きがなぜダイエットに効果的なのか?

間食をしたくなったら歯を磨くようにすると、食べたいという気持ちがなくなります。

食後にすぐ歯磨きをすれば、脳に食事が終わったことを伝えられるので、だらだらと食べることもなくなり、食事量を減らすことができるでしょう。

食事前に歯磨きをすれば、食事そのものをしたくない、と感じることもあります。効果を高め成功させるには、ミント系の歯磨き粉を使うのがおすすめです。歯磨きができなければ、ガムやマウスウォッシュなどを利用しましょう。

また、歯磨きをしながら簡単なエクササイズをすると、筋肉を引き締めることも可能です。歯磨きはダイエット効果のほか、虫歯予防や口臭予防になるなど、メリットも多いものです。

簡単にできて、さまざまなメリットを得られる歯磨きダイエットは、成功しやすいダイエット方法と言えるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

2



ページのトップへ