公開日:2017/06/15 

ダイエットサポートに最適!おすすめ青汁ランキング

青汁には、ダイエット効果があると聞いたことはありませんか?残念ながら、青汁にダイエット効果はないとされていますが、ダイエットサポートとしては有効な手段です。おすすめ青汁ランキングについて、ご紹介します。

青汁の種類にはどんなものがある?

青汁の主な原材料とはどういうもの?

青汁の主な原料は、ケールや大麦若葉、クロレラなどがあります。その中でも、ケールと大麦若葉が2大原材料となっています。青汁は、昔は「飲みにくいもの」というイメージがありがちでした。

今では随分と改良され、間食がわりとして気軽に飲む方も多くなっています。ですが、ケールを主原料としている青汁には、やはり少々の生臭さや苦みを感じることもあります。一方、大麦若葉を主原料とした青汁は、苦みが少なく、さらっとした味わいで甘みも兼ね備えています。

この2つの栄養価の特徴として、ケールは大麦若葉の約10倍のカルシウムとビタミンCを含んでいるとされていますが、ケールより大麦若葉が劣っているわけではありません。また、大麦若葉は、ケールより約5倍の鉄分を含んでいます。

冷凍タイプの青汁の特徴について

青汁には、主に冷凍タイプと粉末タイプがあります。冷凍タイプの特徴としては、作り立ての青汁を鮮度の高いまま凍らせたものであるため、自然のままの風味を楽しむことができます。また、冷凍は水溶性食物繊維が多く含まれているため、栄養素が凝縮されています。

冷凍タイプは、冷凍庫でどうしても保管しなければなりません。そのため、解凍の手間がかかってしまいますし、持ち運びがしづらいというデメリットもあるでしょう。さらに味の面に関しても、原材料の風味がどうしても強くなりがちです。苦手意識を感じてしまう方もいるかもしれません。

粉末タイプの青汁の特徴について

粉末タイプの青汁は加工処理をしたもののため、冷凍タイプよりも栄養価は低下してしまいます。加工処理の方法ですが、顆粒タイプとフリーズドライタイプの2つがあります。ですが、フリーズドライという処方で処理されたものは熱を加えないため、ビタミン類の損傷は防いでくれます。

粉末タイプは携帯が可能で、飲みたい分だけ持ち運びができるので、利便性にも優れています。また、味に関してはマイルドになっているので他の飲み物と混ぜたり、料理に使ったりすることもできます。そのため、用途が幅広くなります。

冷凍と粉末タイプには、それぞれの特徴があります。栄養素の面では、材料の質によって変化する場合があるので、製品に表示されている栄養成分に気を付けて確認するといいでしょう。

ダイエットサポートに青汁が効果的な理由

理由その1・食物繊維が豊富なこと

青汁は、第6の栄養素といわれている「食物繊維」が豊富に含まれています。食物繊維は胃腸の働きを活発にし、健康的な排泄サイクルを促す効果が期待されています。それにより、便秘を解消してくれるとされています。つまり、体内の老廃物をスムーズに排出してくれるため、ダイエットで乱れてしまった身体の調子を整えてくれることが可能となるのです。

また、青汁に多く含まれている水溶性食物繊維は、善玉菌のエサとなってくれるため、腸内環境を整え、コレステロールを吸着したうえで排出する働きも持ち合わせています。さらに、食べ過ぎを防ぐ効果があるため、ダイエットのサポートとしても心強い特徴を持っているのです。

理由その2・ビタミン類が含まれている

ダイエットをサポートしてくれる大切な要素として「脂肪の燃焼」がありますが、脂肪は特定の食材を摂取するだけでは燃やすことができません。また、カフェインなどを摂取することで、エネルギーの消費を多少早くすることは可能とされています。ただ、摂取するだけで痩せるということは、残念ながら難しいことなのでしょう。

摂取するだけでは痩せることはできませんが、脂肪を燃やす際にはビタミン類の栄養素が必要です。そこで、運動と併用したり、運動をする際に青汁を飲むことを心がけたりすることによって、その効果が発揮できるのです。

理由その3・必要不可欠なカリウムが摂れる

カリウムは、私たちの身体に重要なミネラルのひとつです。水に溶けやすい性質を持っているため、不足しがちな栄養素です。カリウムは野菜に含まれていますが、調理を行うことによって損失してしまう、やっかいな栄養素でもあるのです。

調理により損失するカリウムですが、青汁にはカリウムが豊富に含まれています。また、カリウムは、野菜の煮汁や生で食べることで損失されにくいという働きがありますので、青汁はぴったりの製品だといえるでしょう。

カリウムには利尿作用があり、老廃物を体外に排出してくれる役割を持っています。そのほかにも筋肉収縮を助ける働きもあるため、力が出にくくなりがちなダイエット中のサポート飲料としての効果が期待されています。

これぞおすすめ!青汁ランキング

おしゃれな青汁のグリーンスムージー

青汁の味は、ひとつだと言うイメージが強いかもしれませんが、さまざまな味を楽しむことも可能です。特に青汁の効果は保ちながらも、おしゃれな雰囲気を感じさせる青汁のグリーンスムージーは、女子から高い支持を得ています。

青汁のグリーンスムージーは、青汁に水とフルーツを加えてミキサーで混ぜたもののことです。市販されているものもありますが、材料を混ぜるだけなので自分でも簡単に作ることができます。

人気の高い組み合わせは、マンゴーと青汁やキウイと青汁などがあります。マンゴーはカロリーが高めですが、ビタミンやミネラルをバランスよく含んでいます。また、キウイは、ビタミンCの含有量がフルーツの中でも高く、カリウムや食物繊維などのダイエットサポートに効果的な成分が含まれています。

上品でさわやかな味に!牛乳入り青汁

牛乳入りの青汁は、さらっとした味で抹茶ミルクのような風味になります。牛乳にはカルシウムをはじめ、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。野菜が原料の青汁と組み合わさることによって、とても栄養素が高い飲み物になるといえるでしょう。

また、カルシウムは吸収されにくいという性質を持っていますが、青汁と合わせることで吸収力を高めることが可能となります。牛乳のカルシウム含有量は、227mg(200mlにつき)となっています。

そこで、ケールが主原料の青汁では220mg。大麦若葉が主原料の青汁では、500mgとカルシウムが驚くほど含まれています。この効果を活かして、ダイエットで心身ともに疲れないように、牛乳入り青汁を取り入れてみてはいかがでしょうか。

マイルドな味に!はちみつ入り青汁

青汁の味に抵抗があるという方は、はちみつ入りの青汁を試してみるといいかもしれません。はちみつが加わることで苦みが抑えられますし、やさしい味わいになります。

また、はちみつには身体にいい効果が数多く含まれています。たとえば、はちみつは果糖という成分でできており、ゆっくりと吸収されるため、血糖値を上がりにくくしてくれる効果があります。他にも、はちみつにはインスリンホルモンを過剰に分泌させることがないという効果もあります。

さらに、はちみつは保湿や抗酸化作用を持っているため、高い美容効果も期待できます。ダイエットをしていると、美容面がおろそかになってしまうこともあることでしょう。ダイエット中でもキレイな肌を保つことができるように、はちみつ入り青汁をお供にするのもいいですね。

青汁をダイエットサポートに取り入れよう

  • 青汁の原材料や種類を知っておくこと
  • ダイエットサポートに、青汁が効果的な理由を理解すること
  • 自分にとって最適な青汁を見つけること

ダイエット中は栄養素が不足しがちになりやすいため、青汁のサポートが心強い味方になってくれます。以上のことを意識して、無理のないダイエットライフを送りましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

39



ページのトップへ