公開日:2017/06/15 

酵素ドリンクってなに?ダイエットへの効果や作り方とは

ネットや雑誌などで酵素ドリンクのダイエット効果が取り上げられていますよね。実際のところ、効果はあるのでしょうか?あるとしても、毎回購入するのはお金がかかり、とても悩ましいです。手作りすることができるのかについても解説していきます。

酵素ドリンクっていったいどのようなもの?

周りにはいまさらちょっと聞きにくい

ここ最近酵素ドリンクにダイエット効果があると話題になっています。お店などでも見かけることが多くなったのですが、いまさら酵素ドリンクがどんなドリンクなのかを聞くのはちょっと躊躇してしまう人もいるかもしれません。

酵素ドリンクとは、果物や野菜を砂糖と一緒に発酵させたドリンクで、中に食物酵素や栄養がたくさん含まれています。酵素というのは人間が健康的な体でいるために必要な物質だといわれています。

酵素といっても様々な種類があり、その多くは人間の中に最初から存在しています。例に挙げると、食べたものを消化するということにも酵素が関係しています。

酵素の種類がいくつもあるって本当?

生命活動に必要な酵素ですが、大きく分類すると2つの種類に分けることができます。それが潜在酵素と食物酵素です。潜在酵素というのは、食べた物を消化する酵素など、人間が体の中にすでに持っている酵素のことをいいます。

一方で、食物酵素というのは、食べ物から摂取して体内で活用する酵素のことをいいます。人間がすでに持っているのと同じように、動物や植物もそれぞれ酵素を保有しています。人間はそれを外部から摂取して体内で補うことができるようになっています。

ただし、酵素は熱に弱いため加熱すると効果がなくなってしまいます。そのため、生の野菜や果物でないといけません。酵素ドリンクであれば、野菜や果物を発酵させて作られているため、活発な酵素を摂取できるといわれています。

酵素ドリンクにはどんな美容効果があるのか

酵素ドリンクは、ダイエット効果以外にも健康効果や美容効果を得ることができるとも話題になっています。酵素ドリンクを飲む習慣を続けると、疲れやだるさを感じにくい体になることが期待できます。

体内で酵素が不足していると、血行や体内代謝が悪くなり、老廃物を排出が滞ってニキビなどの肌荒れを引き起こすおそれがあります。そのようなときに酵素ドリンクを飲めば、血行改善や代謝向上などの効果が見込まれます。その結果、肌がきれいになるなど美容面にもよい影響があるといわれています。

酵素ドリンクとダイエットの関係とは

酵素ドリンクで痩せるわけではない

注意してほしいことは、酵素ドリンクを飲むだけで痩せるわけではないということです。酵素ドリンクだけで痩せると勘違いして、酵素ドリンクを飲み続けてしまう人がいるようです。でも、酵素ドリンクをいくら飲んでもそれだけではダイエットになりません。

一部の情報では酵素ドリンクを飲むことによって消化が助けられる。酵素ドリンクには代謝酵素とのバランスを整える効果がある。代謝酵素を補うことができるため、代謝の向上が期待できるといわれています。

でも、これはそれぞれある研究をした結果というだけのデータです。酵素ドリンクが痩せやすいという噂については、現在のところ医学的な根拠はありません。

酵素ドリンクで痩せられるといわれるのは何故?

酵素ドリンクにはさまざまな健康効果や美容効果が期待されていますが、それだけで痩せるのではなく、そのほかの努力も必要となります。運動やカロリー制限などと併用して、酵素ドリンクの飲用を行っていくほうがよいようです。

酵素ドリンク自体にダイエット効果はないものの、野菜や果物などに含まれる体づくりに必要な栄養素が含まれていることが多いです。酵素ドリンクを毎日飲むことで、必要な栄養バランスが整えやすくなると考えられています。

つまり、酵素ドリンクはあくまでも補助的な役割のものであるということを理解する必要があります。その上で飲用し続けていけば、ダイエット成功に向けての足掛かりになるでしょう。

置き換えダイエットに効果を発揮することも

残念ながら、酵素ドリンク自体にはダイエット効果は期待できないようです。しかし、栄養が豊富であることから置き換えダイエット用のドリンクとして活用されることがあります。

置き換えダイエットというのは、1日の食事が3食として、そのうちの1~2食を普通の食事ではなく、カロリーの低い食べ物や健康食品、ダイエットドリンクなどに置き換えるダイエット方法です。

置き換えダイエットでは、1日の摂取カロリーを制限するだけではなく、栄養もしっかり取って健康的に痩せることが大切になります。その置き換えに、栄養豊富な酵素ドリンクを使用する人が多いようです。

酵素ドリンクの失敗しない作り方をご紹介

基本的な酵素ドリンクのレシピ

それでは、基本的な酵素ドリンクの作り方をご紹介します。用意する果物や野菜は好きなものを使ってもらって大丈夫です。ただし、できるだけ旬のものを使用するようにしましょう。旬のもののほうが国産の材料を集めやすいです。また、できるだけ無添加で無農薬のものがよいといわれています。

そして、材料をしっかり洗い、果物は皮のまま、野菜は皮をむいて細かく切っていきましょう。その後材料の重さを量り、その重さの1.11倍の砂糖を用意します。

材料が揃ったらすべてを密閉のガラス容器にいれます。ガラス容器は事前にしっかり洗って自然乾燥させておいてください。そして蓋をしないで暖かい場所に保管し、半日から1日ごとにかきまぜましょう。夏場は遅くても1週間、冬は2週間ほどで完成となります。

砂糖を使わない酵素ドリンクの作り方

ダイエットで使用するから砂糖は使いたくないという場合は、砂糖を使わない酵素ドリンクレシピもあります。用意するものは無農薬のリンゴ300gと水750CCだけです。

密閉容器に水と細かく切ったリンゴを入れて、常温で1週間ほど置いておきます。その間、毎日混ぜるようにしましょう。混ぜるのが面倒な場合は容器ごと振ってもよいですね。作った後は、こして冷蔵庫で保管すると長期保管することができるようです。

砂糖を使っていないのでさっぱりとした爽やかなリンゴの甘さを堪能することができます。砂糖が気になる方は、こちらのレシピだと安心して飲み続けることができるのではないでしょうか。

ドリンク以外で酵素を手軽に摂取する方法

酵素ドリンク以外にも食物酵素を摂取する方法はいろいろとあります。たとえば、日本で古くから存在している味噌や醤油、酢、ぬか漬けなどの中にはたくさんの酵素が含まれています。

ただし、昔ながらの製法で作られている「酵母が生きているもの」に限られてしまいます。スーパーマーケットなどで販売されているものについては、温熱殺菌などで酵母や酵素が失われることが多いそうです。酵素を意識するのなら、昔ながらの発酵食品を買いたいですね。

昔ながらの発酵食品なら、酵素と一緒に酵母も取り込むことができます。酵母は過熱しても100度までは生きるといわれています。体内に酵母が入れば一時的に酵素を生み出してくれる効果も期待できますので、このような発酵食品を購入する機会があれば、積極的に食べてみましょう。

手作り酵素ドリンクで楽しくダイエット

  • 酵素ドリンクは植物酵素を摂取できる
  • 酵素ドリンクは酵素だけでなく栄養も豊富
  • 酵素ドリンクはあくまでもダイエットの補助食品
  • 砂糖を入れるレシピ、入れないレシピがある

酵素ドリンクは、さまざまな健康、美容効果が期待できますが、直接的なダイエット効果は期待できないようです。ただ、ダイエットの補助食品としては優秀です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

26



ページのトップへ