公開日:2017/06/15 

ギフトにおすすめ!オーガニックのハンドクリームで潤いを

手荒れに悩む親しい友人や母親へ、刺激の少ないオーガニックのハンドクリームを贈りたいとお考えではありませんか?今回は、ギフトに適したハンドクリームの選び方や、具体的におすすめしたいハンドクリームをご紹介します。

オーガニックのハンドクリーム・その定義と選び方

オーガニックコスメの定義を確認しよう

何となく肌に優しそうなイメージのあるオーガニックコスメですが、具体的にはどのようなコスメのことをオーガニックコスメと言うのでしょうか。オーガニックコスメは、農薬や化学肥料を使用せずに栽培された植物性の原材料から精製した有機成分を使い、肌への刺激を極力少なく抑えたコスメのことを指します。

天然由来の有機成分は肌に優しく働きかけ、本来の自然治癒力によって肌が良い状態へ戻るように促すことが期待されるコスメです。化学的に合成した成分を使わないだけでなく、さらに肌への刺激を減らすことを目指していることが特徴です。

オーガニックコスメかどうかの基準ですが、現在日本では法律的な基準はありません。オーガニックコスメの判断基準は、国際的な認証機関の認証を取得しているかを確認するか、自社基準に国際的な基準に相当する厳しい基準を設けているかどうかを確認するしかないのが現状です。

オーガニックのハンドクリームを使うメリット

オーガニックのハンドクリームは、通常のハンドクリームに比べて化学的に合成した成分の含有量が少なく、肌への負担を抑えて優しく手荒れを緩和する効果が期待できます。刺激が少ないため、敏感肌や小さな子どもの肌にも安心して使えるハンドクリームです。ハンドクリームは日常的に使いたいコスメのひとつですから、肌への刺激が少ない方がいいに越したことはありません。

オーガニックのハンドクリームは天然由来の成分が多く、価格的には一般のハンドクリームに比べて高めです。しかし、質の悪いハンドクリームを使って肌荒れやアレルギーを起こしてしまうと、医療費もかかってしまう可能性があります。総合的に考えてみると、コストパフォーマンスも悪くはないと言えるのではないでしょうか。

オーガニックのハンドクリームはどうやって選ぶ?

オーガニックのハンドクリームを選ぶ際には、エコサート機関などの国際的な認証機関から認証を受けているか、国際的な認証の基準に近い自社基準を掲げている商品を選びましょう。注意して確認したい点は「石油由来成分および動物由来成分を含まないこと」と「植物由来成分の7割から9割がオーガニックな原料から作られていること」です。

その他にも、植物由来成分の抽出時、薬品などを使わず昔ながらの方法で抽出しているかという点も確認できればより良いでしょう。後は、ギフトとして贈りますので、高級なものやパッケージのかわいいものなど、贈る人に喜ばれるハンドクリームを探すと良いでしょう。では、具体的にどのハンドクリームがおすすめなのか、以降で説明します。

ギフトに最適なハンドクリーム紹介

ジュリーク「ローズハンドクリーム」

「ジュリーク」は、自社農園で栽培した植物を昔ながらの方法で収穫し、コスメに加工しているコスメティックブランドです。ハンドクリームは、ローズの他にシトラス、ジャスミン、ラベンダーの香りがあります。その中でも、ローズは高級感のある芳醇な香りで、誰にでも好まれますのでギフトにおすすめです。

オーガニック認証を取得している自社農園の植物エキスや、肌なじみの良い植物オイルが手になじみ、べたつきを残さずさっとなじんで手はしっとり。40mlで3,500円と高価ですが、贅沢な気分にさせてくれる、貰って嬉しいハンドクリームです。

イソップ「レスレクション ハンドバーム」

オシャレ心をくすぐる素敵なパッケージで人気の「イソップ」。厳選素材でこだわりのコスメを世に送り続けいるコスメティックブランドです。ハンドクリームは「イソップ」の商品でも人気があり、保湿力が高くてしっとりなめらかな手になります。パッケージだけでなく商品そのものにも強いこだわりを持っていることがおわかりいただけるでしょう。

値段は70mlで2,700円。香りはラベンダーで、ほのかに柔らかく漂う上品さです。爪やボディにも使えますので、手につけて少し残ったら、かさつきの気になる部分に塗るのもおすすめ。スタイリッシュなパッケージで、プレゼントに好適です。

テラクオーレ「ダマスクローズ ハンドクリーム」

イタリアのオーガニックコスメブランド「テラクオーレ」。日本人の繊細な肌質に合わせてオーガニックコスメを作っているとのことで、ハンドクリームも人気のあるコスメです。「ダマスクローズ ハンドクリーム」は、ダマスクローズのエキスがたっぷりおよそ150輪分入っていて、手にハリとツヤのある肌へと導いてくれます。

他にも、シアバターやブドウ種子油など、保湿や肌のトリートメントに有効な成分がたっぷりと配合されていて、少しつけるだけでよく伸びるという特徴も。パッケージも上品で、ギフトとして贈られると嬉しいオーガニックのハンドクリームでしょう。

無香料のおすすめハンドクリーム

ママバター「ハンドクリーム3本セット」

ハンドクリームの使用シーンによっては、無香料のものが好ましいという場合もあります。職場でも使い勝手の良い、無香料のオーガニックなハンドクリームもギフトの候補に加えましょう。ママバターは日本のオーガニックコスメブランドです。

ハンドクリームは4種類あり、無香料タイプもラインナップされています。40gで940円と比較的お手頃価格ですが、天然星う成分のシアバターを20%も含み、合成香料を始めパラペン、好物油、合成着色料不使用で刺激の少ない点が魅力です。

ギフトとして贈るのに値段が安いと感じる場合は、ローズやラベンダーの香りがついているハンドクリームとセットで贈るという方法もあります。小さな子どものいるお母さんへのギフトにおすすめです。

トリロジー「ハイドレーティング ハンド クリーム」

「トリロジー」の「ハイドレーティング ハンドクリーム」は、モヒカンローズオットーの香りがほのかに漂い、強く主張しないので仕事でも使いやすいオーガニックのハンドクリームです。

「トリロジー」の製品には欠かせないローズヒップオイルを始めとして、月見草油やカカオバターなど天然の植物オイルがたっぷりと含まれていて、手の保湿にも大きな役割を果たしてくれます。

アロエベラ葉エキスも保水の機能を発揮してくれますので、手を頻繁に洗わなければならない仕事をしている方には特におすすめのハンドクリームです。75mlで3,132円。

キールズ「ハンド サルブ」

アメリカ・ニューヨークの薬局から創業した「キールズ」は、安全性に力を入れているオーガニックコスメブランドです。そんな「キールズ」の「ハンド サルブ」は、シアバターやアボガドオイルなど、天然の植物オイルを惜しみなく使用していて、手指の保湿がしっかりできるハンドクリームです。74gで1,900円(税別)。

手に付けてすぐの時は、ハーブの香りが漂いますが、手にクリームをなじませてしばらくおくと、香りが消えていますので職場でも使いやすいのではないでしょうか。香りがきついハンドクリームは苦手な方や、職場などの関係であまり香りの強いコスメは使えない方へのギフトにいかがでしょうか。

どういう場で使うか考えてギフトを選ぼう!

  • オーガニックの認証を受けているか、同等の自社基準を設けているコスメブランドのものを選ぶ。
  • 有効成分の含まれている割合と、昔ながらの手段で丁寧に有効成分を抽出しているハンドクリームを選ぶこと。
  • ギフトは香りのよい高級品か無香料のものかを贈る相手の事を考えて選ぶこと。

今回ご紹介しましたオーガニックのハンドクリームの選び方を参考に、ご自身に合ったオーガニックハンドクリームを選んでみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

71



ページのトップへ