公開日:2017/05/26 

日焼け止めならオーガニック!タイプ別におすすめ商品を紹介

「紫外線による肌へのダメージを何とかしたいけれど、肌への負担が心配…」というジレンマに悩む人におすすめなのが『オーガニックの日焼け止め』です。

肌質や使う環境、大人だけでなく赤ちゃんや子どもでもOKのものなど、タイプ別におすすめ商品を紹介します。

オーガニック日焼け止めとは?

オーガニックとは『有機栽培』の意味であり、農薬や化学肥料を使わない栽培法のことです。

そんな農作物から採れた、天然植物成分を配合して作られた日焼け止めが『オーガニック日焼け止め』です。オーガニック日焼け止めの特徴をチェックしていきましょう。

敏感肌でも使用できる低刺激

オーガニック日焼け止めは通常の日焼け止めと違い、防腐剤・人工香料・人工着色料・アルコール・石油などの肌に刺激を与えやすい化学成分が使われていません。

そのため、通常の日焼け止めを使うと肌が赤くなったり、ピリピリしたりする人でも使いやすい『低刺激』な日焼け止めになっています。

このほか、日焼け止めの刺激の原因になるのが『紫外線吸収剤』です。オーガニック日焼け止めは、この紫外線吸収剤を使わず『紫外線散乱剤』を使ってつくられるため、紫外線を肌に入れないようにしながら、日焼けを予防します。

低刺激な日焼け止めかどうかを見分けるには『紫外線吸収剤不使用』または『ノンケミカル』の表示があるものを選ぶとよいでしょう。

種類が多く目的に合わせて選べる

オーガニック日焼け止めには主に次の3つのタイプがあります。使う目的や塗る部位に合わせて選びましょう。

  • クリームタイプ
  • スプレータイプ
  • 乳液タイプ

クリームタイプは、まんべんなく塗ることができますし、スプレータイプは、サラサラとして使い勝手がよく、時間がないときにも便利です。用途に合わせて使い分けましょう。

敏感肌こそ使えるオーガニック日焼け止め

「紫外線を防ごうと日焼け止めを塗ると、肌が悲鳴を上げてしまう…」という敏感肌の人にはオーガニック日焼け止めを選ぶことをおすすめします。敏感肌のためのコスメ製品をつくっているブランドのものなら安心です。

顔ボディ用パーフェクトUVミルクプロテクション

シンピュルテの『パーフェクトUVミルクプロテクション』は、ミルクタイプの日焼け止めです。

白浮きしにくい、よく伸びるテクスチャーが使いやすく、なんとSPF50+PA++++というオーガニックでは最高指数を誇っています。

汗や水に強いので、長時間のレジャーやスポーツ時にも使いやすいオーガニック日焼け止めです。レモングラスの香りに癒されながら紫外線対策も肌ケアもバッチリですね。

  • 商品名:パーフェクトUVミルクプロテクション
  • 価格:3950円(税込み)
  • Amazon:商品ページ

赤ちゃんと子供にも ナチュラルUVプロテクション

コスメはもちろん、レストランやアロマスクールまで展開するニールズヤードレメディーズの『ナチュラルUVプロテクション』は、日本人の肌のために開発されたオーガニック日焼け止めです。

3ヵ月以上の赤ちゃんから使うことができ、鉱物由来の紫外線散乱剤のみが使われています。

SPF30PA+++でラベンダー・レモングラス・パチュリー・オレンジというハーブの香りが心と体のバランスもとってくれます。

  • 商品名:ナチュラルUVプロテクション
  • 価格:3780円(税込み)
  • 公式ショップ:商品ページ

海水浴サーフィン用オーガニック日焼け止め

サーフィンをする人たちの紫外線対策も、オーガニックなものにシフトしつつあります。強い紫外線の元で活動するサーファーの肌を長時間しっかりと守ります。

サーフヨギ ナチュラルサーフスクリーン

紫外線の強いインドネシア生まれのオーガニック日焼け止めサーフヨギ『ナチュラルサーフスクリーン』はオーストラリア、ハワイでも何度もテストを重ねて完成しました。

使われている原材料はチョコレート・ココナッツオイルなどの天然材料のみです。UVカット成分は酸化亜鉛が使われており、海の中でも外でも時間制限なく肌を守ってくれるのです。

海水に触れる肌を守りながら働く日焼け止めは、同時に海を汚さない、自然や海の生き物に優しい製品のため、多くのサーファーに支持されています。

  • 商品名:ナチュラルサーフスクリーン
  • 価格:3132円(税込み)
  • Amazon:商品ページ

サーファーズ ダイアン ノンケミカル サンカット 日焼け止め UV

紫外線吸収剤不使用のサーファーズダイアン『ノンケミカルサンカット』は、SPF+50PA++++という、強力な紫外線もしっかりカットしてくれるオーガニック日焼け止めです。

水や汗からブロックしてくれるスーパーウォーターブロック処方なので、思いっきりウォータースポーツが楽しめます。

オーガニック認証を受けた10種類のオーガニックエキスを使い、保湿成分であるウチワサボテン種子オイルが潤いを逃さず優しく保湿します。

白くなりにくく、石けんで落とせ、無香料なので香りが苦手な人にも使いやすい日焼け止めです。

  • 商品名:ノンケミカルサンカット日焼け止めUV
  • 価格:2160円(税込み)
  • Amazon:商品ページ

髪にもOKオーガニック日焼け止めスプレー

「日焼け止めを塗ると、どうしても手が汚れるのが苦手…」という人は多いものです。クリームやローションが塗れない髪の毛のUV対策も気になります。

そんなお悩みを解消してくれるのが、スプレータイプのオーガニック日焼け止めです。

ユーヴェール全身用UVカットスプレー

ユーヴェールの『全身用UVカットスプレー』は1948年から化粧品・エアゾールのパイオニアとして製品の研究・開発を行ってきた花精化学の製品です。

全身はもちろん、髪の毛にもスプレーできるので、1本で簡単にUVケアができてしまう優れものです。

もちろんすべてオーガニック認定原料を使っており、肌の将来を見据えたスキンケア発想に基づいてつくられています。SPF50+PA++++と国内最高値のUVカット率で強い日差しの中でも安心です。

  • 商品名:全身用UVカットスプレー
  • 価格:1054円(税込み)
  • Amazon:商品ページ

セフィーヌUVカットシャワー アロマガード EX

セフィーヌ『UVカットシャワー アロマガード EX』は、日本国内約80店舗、海外の代理店に化粧品や美容器具などの卸売販売をしている株式会社セフィーヌの製品です。

顔・体・髪の毛と全身に使えるスプレーでノンケミカル処方ですが、顔に使用する時は必ずメイクの上から使用しましょう。

SPF50+PA++++で紫外線からしっかりガードしながら、爽やかな6種類のアロマが優しく香ります。

  • 商品名:UVカットシャワーアロマガードEX
  • 価格:1600円(税込み)
  • Amazon:商品ページ

海外製オーガニック日焼け止め

日本よりも紫外線の強い海外では、日焼け止めを長期に渡ってたっぷりと使う人が多いため、よりナチュラルで安全なオーガニック日焼け止めが選ばれています。ここでは、オーストラリアとアメリカのおすすめ商品を紹介します。

オーストラリア産ソレオオーガニックス

ソレオオーガニックスは、日本に比べて紫外線の強さが5~10倍とも言われるオーストラリア生れの、100%天然由来の日焼け止めです。

なめらかでよく伸びるクリームは独自の技術で白くなりません。UVカット成分は酸化亜鉛が使われ、14種類のオーガニック成分が肌をいたわります。

SPF30+PA++で生後6ヵ月の赤ちゃんから使えます。汗や水に強いウォータープルーフタイプですが、石けんで落とせるのでお手入れも簡単です。

  • 商品名:ソレオオーガニックス
  • 価格:2370円(税込み)
  • Amazon:商品ページ

アメリカ産エルバオーガニックス

カリフォルニア生まれのエルバオーガニックスは、ジョンマスターオーガニックグループのブランドです。赤ちゃんとママが安心して使えるスキンケアが揃っています。

そんなエルバオーガニックスのオーガニック日焼け止め『サンスクリーン』は、SPF30で天然由来の紫外線散乱剤を使用しています。

生後6ヵ月以上の赤ちゃんから使えて、ホイップクリームのようにふんわりと軽く、べた付かない使用感なので、ママのメイク下地としても使えます。ラベンダーとカモミールがほのかに香ります。

  • 商品名:エルバオーガニックス
  • 価格:2600円(税込み)
  • Amazon:商品ページ

オーガニックの日焼け止めで肌に優しく紫外線カット

肌を紫外線から守るために使う日焼け止めですが、肌に大きなダメージを与えてしまったり、紫外線からのカット力は高くても酷く乾燥してしまったりという経験を持つ人も多いでしょう。

そして昔は、オーガニックの日焼け止めは「肌に優しいけれど効果はそれなりのもの…」という扱いでした。

しかし、オーガニック化粧品の進化は目覚ましく、日焼け止めもケミカルなものに引けを取らない紫外線カット力を持つようになりました。

なにより、肌や環境に優しいのもオーガニック日焼け止めの大きなメリットです。肌の将来を考えるなら、日焼け止めもオーガニックに変えてみませんか?

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

49



ページのトップへ