公開日:2017/09/15 

アイクリームおすすめランキング!効果や塗り方のポイントも

目元の乾燥やシワなどが気になるときに重宝するのがアイクリームです。使ってみたいけど、実際にどんな効果があるのか、塗り方はどうすればいいのかなど、気になることは多いですよね。そこで、おすすめのアイクリームランキングとともにご紹介していきましょう。

アイクリームの効果って?どんなアイテム?

年齢を重ねるとともに気になってくる目元

10代や20代の頃はあまり気にならなかった目元は、年齢を重ねるとともにケアが必要となってくるパーツのひとつです。身体の皮膚は約2ミリほどの厚さしかありませんが、目元の皮膚はそれよりもさらに薄いとされています。そのため、外部からの刺激などを受けると影響が表れやすいのです。

例えば、肌への刺激となるイメージが強い紫外線以外にも、マスカラ、アイシャドーなどのメイクやクレンジングによっても、目元周りの皮膚は刺激を強く受けてしまいがちです。

最終的には目元が乾燥してしまったり、小じわができてしまったりと、気になるトラブルにつながってしまいます。

アイクリームとは?どんな効果があるの?

目元のトラブルが気になり出した方なら、アイクリームについても聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、名前は知っているけど、いまいちどんなものなのか、どう使うのかがわかっていない方は意外と多いものです。

そもそもアイクリームとは、目元に特化して使われる目元専用のクリームのことを指します。一般の顔用クリームでも目元のうるおいを補うことは可能ですが、あくまで顔全体に塗ることを想定して作られているクリームのため、それだけでは十分に効果が得られない場合もあります。

その点、アイクリームなら、目元周りで必要としている油分や栄養までをしっかりと補給することができるので、多くの女性にも愛用されているのです。デリケートな部分である目元に余計な刺激を与えないためにも、専用に作られているアイクリームがおすすめです。継続して使えば、乾燥や小じわなどの悩みも改善されていくことでしょう。

アイクリームの選び方は?

アイクリームと一口に言っても、実際にはさまざまなタイプの商品があります。例えば、目元で主に起こりがちなトラブルには、小じわとたるみ、くま、そしてむくみがありますが、それらを総合的に改善していくタイプのアイクリームもあれば、それぞれのトラブルに特化したアイクリームもあるのです。

そのため、「小じわが気になる」「たるみをどうにかしたい」など、ピンポイントで解決したい悩みがあるのなら、そのトラブルに特化しているアイクリームを選べば、より効率的に改善を図っていけそうですよね。また、クリームの質感にも注目しておきたいところ。伸びや馴染みが良いクリームやジェルタイプのアイクリームなら、目元へ塗るときにも摩擦を抑えられて、肌への刺激をおさえることができますよ。

アイクリームの使い方・塗り方をマスターしよう!

アイクリームを使うタイミングは?

アイクリームを使う際には、他のスキンケアアイテムを合わせた順番も考慮しなければなりません。アイクリームにストレッチ効果も含まれているかによっても、順番が前後します。

・ストレッチ効果があるアイクリームの場合
1. 化粧水 2.美容液 3.乳液 4.クリーム 5.アイクリーム

ご覧の通り、ストレッチ効果が期待できるタイプなら、最後に仕上げでアイクリームを使用する方が、より効果的です。

・ストレッチ効果がないアイクリームの場合
1. 化粧水 2.美容液 3.乳液 4.アイクリーム 5.クリーム

ストレッチ効果がない場合や、アイクリームと比べてクリームの方が油分が多いときは、アイクリームを先に塗り重ねましょう。サラサラの状態のものから順に使うようにするのがスキンケアの基本です。アイテムによって、塗るタイミングが違うこともあるので、事前に説明書きなどを確認しておくと良いですね。

アイクリームのベーシックな塗り方

基本的なアイクリームの塗り方を見ていきましょう。

  • 最初に中指もしくは薬指の先にアイクリームを適量乗せ、目元周辺に点々と数カ所乗せていきます。
  • 目尻から目の下、目頭へと向かって優しくアイクリームをなじませていきましょう。
  • 目頭までいったら、上まぶたへと進み、こめかみの方向へクリームをさらになじませたら完了です。

中指か薬指を使うことで、力が入りくくなるので、目元への刺激をできる限り避けられます。クリームをなじませるときは優しく塗ることを心がけましょう。強くこするなどは禁物ですよ。

アイクリームを使う際のポイント

アイクリームを塗るときに気を付けておきたいポイントとしては、使用する時間帯がひとつ挙げられます。アイテムによっては朝の時間帯には使用しないよう注意書きのあるものもあるため、夜だけ塗るのか、朝と夜両方塗るのかなど、利用するアイテムごとにきちんと確認しておきましょう。朝にアイクリームを塗るときは、たっぷりと乗せてしまうとメイクがよれてしまうこともあるため、薄めに塗るようにすると良いでしょう。

また、アイクリームの効果をしっかりと実感するためにも、1度使い始めたらある程度の期間は継続して塗るのが基本です。そのためにも、アイクリームを選ぶ際は、継続購入できる価格帯のものを選ぶと無理なく続けられておすすめですよ。

おすすめ!効果のあるアイクリームランキング大発表!

1位「アイキララ」

アイキララ

朝晩使って明るい目元に!

  • 販売価格(お試し定期コース):2,682円(税別)/送料はゆうパケットで全国一律181円(税別)
  • 商品個数:1個(10g/約1ヶ月分)
  • 成分:水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコールなど
加齢による皮膚痩せを内側からサポートするアイキララ

「寝不足なわけではないのに、なぜか目の下が暗い」、「コンシーラーを厚く塗ってもくすみが隠し切れない」などの悩みをお持ちの方におすすめするのが、こちらの「アイキララ」です。

「アイキララ」に含まれているMGAは、ビタミンC誘導体の1種ですが、このMGAには、コラーゲンをサポートする働きがあります。コラーゲンの栄養素を肌にしっかりと留めてくれるから、目元にも十分な栄養やうるおいがいきわたり、健康的な肌色を取り戻せるようになるのです。

「アイキララ」は、夜のスキンケアで使用するタイプのアイクリームです。洗顔後、化粧水をなじませたら、「アイキララ」を少しずつ塗り重ねてください。その後、乳液やクリームで仕上げましょう。

2位「アイ エクストラ セラム セット」

アイ エクストラ セラム セット

目もともスキンケアもこのセットにおまかせ

  • 販売価格(初回限定):3,291円(税込)/送料無料
  • セット内容:アイ エクストラ セラム 1個(15g/約120回分)・エイジングケアラインドレスリフト14日間セット・目もとのツボがわかる特製シート
  • 成分(アイ エクストラ セラム):コメヌカ油、セイヨウキズタエキス、シトルリン、アロエエキス、マイオキシノールなど
目元ケアで見た目年齢5歳若見え!アテニアのアイエクストラセラム

「アイ エクストラ セラム セット」に入っている「アイ エクストラ セラム」は、まぶたと目尻、目の下の3ヶ所をピンポイントでケアしてくれるアイクリームです。乾燥からくる小じわを改善して、目元にハリと弾力をもたらしてくれると人気を呼んでいますよ。「目元の化粧のノリがいまいち」、「くすみやクマが気になる」、また「笑いジワが目立ってしまう」などの悩みがある方にもぜひ試してみてほしいアイテムです。

目元は、年齢とともにやせてくぼんでしまったり、こわばってくることで小じわにつながったりします。「アイ エクストラ セラム」には、肌に栄養を与えて皮膚のハリを取り戻してくれる米ぬか油やセイヨウダイズエキスが含まれているため、これらのトラブルもしっかりとケアしてくれるでしょう。

3位「MUNOAGE リペアアイクリーム」

MUNOAGE リペアアイクリーム

気になる目もとにスペシャルケア

  • 販売価格(初回限定):980円(税込)/送料無料
  • 商品個数:1個(10日分お試し)
  • 成分:水、エチルヘキサン酸セチル、トリエチルヘキサノイン、BG、PPG-15ステアリル、グリセリンなど
シワ治療専門医と共同開発したMUNOAGEリペアアイクリーム

最後にご紹介するのは「MUNOAGE リペアアイクリーム」です。7種類あるペプチドという成分は、肌に弾力を取り戻してくれる働きを持っていますが、その中でも目元の乾燥ケアに適しているアルジレリンや、くすみや弾力不足をケアしてくれるアイセリルの2種類をたっぷりと配合しています。そのため、さまざまな目元のトラブルに対して効果が期待できるアイクリームなのです。

また、香料や着色料、アルコール、石油系界面活性剤などが使用されていないため、敏感肌の女性でも使いやすいのが特徴です。「MUNOAGE リペアアイクリーム」は、スキンケアの最後に仕上げとして塗るタイプのアイクリームです。朝と夜の1日2回使用可能で、メイクの上からでも塗れるなど、使い勝手も良好ですよ。

アイクリームの効果で目元のエイジングケアを!

目元を若々しく保つために役立ってくれるアイクリーム。ぜひ活用してアンチエイジングに取り組みましょう!

  • アイクリームは、目元の乾燥や小ジワをピンポイントでケアしてくれる
  • アイクリームを塗るときは繊細な目元の肌を傷つけないよう優しく塗る
  • アイクリームの一番人気は医学誌に掲載されるほどの実力を持つ「アイキララ
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

53



ページのトップへ