公開日:2017/05/25 

自撮りの大敵・毛穴の黒ずみはお手軽な乳液洗顔で防ごう!

どんなにきれいにメイクできていても、毛穴の黒ずみが見えてしまったら台無しですよね。スマホでの「自撮り」が当たり前になったため、この毛穴の黒ずみで悩む女性が増えています。でも、乳液洗顔をすれば毛穴の黒ずみを簡単になくすことが可能なんです!

メイクはばっちり!でも毛穴に黒ずみが!

いちご鼻のせいで自撮りが台無し!

カメラ付きのスマートフォンが普及したおかげで、自分の顔写真をSNSにアップする「自撮り」が当たり前になりましたね。お気に入りのカフェや海外旅行に行った時は、思い出を写真に収めて友達に見せることができます。

カメラもどんどん性能が上がってきて、より鮮明な写真を撮れるようになりました。ですが、嬉しいことばかりではありません。せっかくメイクしてから自撮りしたのに、写真に毛穴の黒ずみが写っていた!という経験はありませんか?

特に鼻の黒ずみは「いちご鼻」と言われるくらい目立ってしまいますよね。こうした毛穴を目立たなくするための方法はいくつもありますが、手軽で毎日続けることができるのは「乳液洗顔」という方法なんです!

黒ずみ毛穴とサヨナラするには?

毛穴の黒ずみをなくすためには、適切な保湿ケアを行うことが大切です。お肌の皮脂が多くても、乾燥していてもいけませんから、自分で水分量を調節しなければなりません。まずは、皮膚科に行くか、毛穴パックをするか、いずれかの方法で黒ずみの原因にもなっている角栓を取り除きましょう。

次に、コットンを化粧水で湿らせて顔を拭くことで、古い角質を取り除きましょう。毎日の洗顔も大切な保湿ケアになります。分泌された皮脂を洗い流すため、洗顔料をネットで泡立てて、朝と夜の2回洗顔を行います。

洗顔後は顔全体にたっぷりと化粧水を塗って保湿を行い、最後に油分で保湿成分を閉じ込めれば完璧です。ちょっと手順が多くて大変な感じもしますが、乳液洗顔にすれば比較的ラクにに保湿ケアできちゃいます!

乳液洗顔ってなに?どうすればいいの?

ここまで説明してきたように、毛穴の黒ずみを防ぐにはお顔を洗いながら保湿・脂質補給を行う乳液洗顔が良い対処法になります。乳液洗顔専用のコスメがあれば良いですが、いつも使っている乳液でも大丈夫です。

具体的な方法は、まず濡れたタオルを1分ほど電子レンジで温めて、お顔に数分当てて毛穴を開きます。この時、やけどしないように注意してください。次に、いつも使っている倍くらいの量の乳液を手に取って温めてから、洗顔料のかわりに顔に塗っていきます。あまり力を入れすぎず、手のひらと中指・薬指を使ってやさしく広げていきます。

最後に、35度くらいのお湯で洗い流してから軽くタオルで拭けば、乳液洗顔は完了です。この後は普段と同じように化粧水と乳液でスキンケアしてくださいね。

毛穴の黒ずみに乳液洗顔がいいのはなぜ?

毛穴の黒ずみが目立つ理由

毛穴の黒ずみは季節にかかわらず起きてしまう問題ですが、一番ひどくなるのは夏ではないでしょうか。お出かけ先で自撮りすることが多い季節、特に黒ずみに注意が必要です。

では、なぜ夏に毛穴の黒ずみが目立ってしまうのでしょうか?それは、気温と湿度が上がると皮脂が過剰に分泌されて、毛穴が広がってしまうことが原因です。また、年齢を重ねるとお肌にうるおいを与えてくれるコラーゲンや、コラーゲンを結びつけてくれるエラスチンが減っていくのでますます毛穴を広げてしまいます。

開いた毛穴にほこりや皮脂などが溜まってしまって、黒ずみが目立つようになるんですね。このような毛穴の黒ずみをなくすには、エラスチン・コラーゲンを増やすサプリを飲んだり、乳液洗顔を行ったりするのがおすすめです。

知らなかった!毛穴の黒ずみの正体とは

毛穴の黒ずみの一番の原因は毛穴が開いたところに皮脂などが溜まってしまうことです。ただし、原因はそれだけではありません。実は、正常に皮脂を分泌できていれば毛穴に溜まる「角栓」を自然に押し出してくれるので、黒ずみも起きにくくなります。

しかし、年齢が上がって皮脂の分泌量が減ってくると毛穴に溜まったほこりや老廃物を押し出すことができなくなって、黒ずみが発生してしまいます。そして、乾燥がひどくなると肌では角質が厚くなり、古い角質は毛穴に溜まって黒ずみをさらに悪化させてしまいます。

皮脂分が多すぎるのは問題ですが、少なすぎてもいけないというわけです。ですから、脂分と水分を適度に保つためには、乳液洗顔が良い方法になるんです。

毛穴の黒ずみが肌荒れの原因になる!?

たとえ毛穴が黒ずんでも、自撮りさえしなければ問題ないと思っていませんか?実は、毛穴の汚れは黒ずみを発生させるだけではなく、肌荒れの原因にもなってしまいます。まず、毛穴に溜まった皮脂などを養分として「アクネ菌」が繁殖します。すると、お肌はアクネ菌を退治するために炎症を起こすのでニキビができやすくなります。

また、黒ずみは毛穴に溜まった角栓をはじめとする汚れですが、それを押し出すために皮脂の分泌量が増えてしまい、お肌のテカリや毛穴の黒ずみがひどくなることもあります。では、角栓だけを取り除けばいいの?と思ってしまいますが、毛穴から角栓がなくなってもシミ・黒ずみが残ることがあるので要注意です。乳液洗顔のような方法での対策が効果的です。

毎日の乳液洗顔で毛穴の黒ずみをなくそう!

乳液洗顔ならではのメリットとは?

「乳液洗顔をすると、お肌がベタベタしそう」と心配な方もいるかもしれません。ところが、乳液洗顔後のお肌は、水分と脂分が適切な量に保たれてしっとりとすることが多いんです。乳液洗顔の一番のメリットは、もちろん毛穴の黒ずみを防げることです。ほかにも、乳液に含まれる油分が古い角質を落として、ターンオーバーというお肌の新陳代謝を促してくれる効果もあります。

お肌に広がった脂分が保湿効果を発揮して、水分が適切な量に保ってくれることもメリットと言えるでしょう。市販の乳液には約30%の脂分が含まれていますから、ベタツキを気にする必要もありません。そして何よりも、毎日の洗顔という日常的な習慣の一部を変えるだけですし、いつもの乳液をそのまま使えるのも嬉しいポイントです。

乳液洗顔は敏感肌の人におすすめ!

乳液洗顔はいつも使っている乳液で顔を洗うだけのお手軽なスキンケアですが、どんな人でもOKなのでしょうか。乾燥肌に敏感肌、そして混合肌といったトラブルが発生しやすい肌質の方でも安心しながらケアできます。乳液洗顔にどのような効果があるかを思い出してください。乳液が毛穴の古い角質を洗い流して油分でお肌を保湿してくれることです。これによって黒ずみを防ぐことができますし、ニキビ予防にもつながります。

スクラブやピーリング剤が入った洗顔料でも毛穴の洗浄をすることはできますが、お肌が敏感な方だと逆効果になる場合があります。そこで、乳液洗顔の出番です。乳液は刺激が少ないので、敏感肌でも安心して使えるケア方法ですね。

乳液洗顔はどれくらい続ければいいの?

毛穴の黒ずみに悩んでいる人にとって気になるのは、「どれくらい乳液洗顔を続ければ黒ずみがなくなるの?」ということ。お肌の状態は人によってまったく違いますから、1週間や1ヶ月などと、はっきりした期間を決めることはできません。ですから「効果が表れるまで続けたほうが良い」ということが答えになります。

できれば朝と夜の1日2回、週に1度か2度だけでも良いですから、乳液洗顔を試してみてください。洗顔以外のスキンケアは、今までと同じ方法で構いません。乳液洗顔を続ければ少しずつ黒ずみが消えて毛穴も引き締まって、スマホで自撮りするのが楽しみになってきます。毛穴の黒ずみはもちろん、乾燥肌やニキビに悩む女性にもおすすめできる方法です!

手軽な乳液洗顔を続けて肌質改善しよう!

洗顔料を乳液に置き換えて顔を洗う「乳液洗顔」には、いろいろなメリットがあります。

  • 毛穴に溜まった古い角質を落とし、肌のターンオーバーを促進する
  • 黒ずみやニキビの発生を防止する
  • 敏感肌の人でも安心して試せる

効果が表れるまでの期間は人によって違いますが、洗顔と一緒に化粧水も見直せばより効果が期待できます。毛穴の黒ずみにおすすめの化粧水はこちらの記事で紹介しています!
参考>> 化粧水で毛穴ケア!毛穴の開きにおすすめな人気化粧水3選

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

84



ページのトップへ