公開日:2017/06/15 

正しい毛穴ケアで黒ずみなしの肌に!おすすめ化粧品も紹介します

鏡を見ると気になる毛穴の黒ずみは、一体何が原因でできるのでしょうか?女性なら誰しも、透明感のある白肌を目指したいですよね。

そんな悩める女性に向けて、毛穴の黒ずみの原因や対策、市販の対策おすすめ商品を紹介します。

ケア不足?顔の毛穴の黒ずみはなぜできる?

鏡を見たときに気になる毛穴の黒ずみは、ケアが足りないからできるのでしょうか?

「毎日きちんと手お入れしているつもりなのに、毛穴が黒ずんでしまう」という人は、まず黒ずみの正体から探っていき、解決策を見つけましょう。

毛穴に角栓が詰まり、酸化して黒く見える

私たちの肌は、他の細胞と同様に、日々、新陳代謝を繰り返しています。

人の皮膚の構造は、皮下組織を土台にして、真皮、表皮の順に出来ており、この中には毛穴が無数存在していて、体毛の育成や発汗による体温調節をおこなっています。

毛穴からは常に皮脂が分泌されており、それが汗と混ざって『皮脂膜』となり、紫外線や乾燥などの外部刺激から肌を守っているのです。

しかし、何らかの不調で皮脂の分泌が過剰になってしまったり、洗顔方法が間違っていたりすると、落としきれなかった皮脂と角質の混ざった『角栓』が毛穴に溜まってしまいます。

こうして、長期間、毛穴に残って出来た角栓が酸化することで、黒く見える『黒ずみ』になるのです。

角栓の正体は古い角質など

角栓の正体は皮脂だけでなく、本来なら洗顔で洗い流されていたはずの『古い角質』も混ざっています。

表皮の外側に存在する『角質層』では、新陳代謝によって、生まれた細胞がどんどん古くなり、上層へ押し上げられていきます。

そして、死滅して行き場を失った古い角質が毛穴に溜まり、皮脂やメイク汚れなどと混ざりあい『角栓』となるのです。

つまり、毛穴に溜まった汚れが『角栓』であり、この角栓が酸化して黒ずんだものが『毛穴黒ずみ』なのです。

顔の毛穴の黒ずみのおすすめセルフケアとは

毛穴の黒ずみが皮脂や死滅した角質であることがわかったら、次は除去する方法を探っていきましょう。

丁寧なクレンジングや洗顔で汚れ除去

黒ずみ対策には、毎日のクレンジングや洗顔を、正しい方法でおこなうことが大切です。角栓ができた毛穴は、古い角質やメイク汚れが皮脂と混ざり合って、毛穴をふさがれている状態です。

これを取り除くには、『メイクオフを丁寧におこなうこと』『しっかりと泡立てて優しく洗顔をおこなうこと』が大切です。

肌は外的刺激に敏感で、クレンジングや洗顔の摩擦もストレスとして感じてしまい、皮脂を過剰分泌させて肌をも守ろうとします。

これでは、新たな角栓の要因になりかねません。肌にできるだけ刺激を与えないよう、優しく洗い上げましょう。

しっかり保湿しよう

洗顔後の肌は、水分が急激に蒸発している状態なので、少しでも速く化粧水で水分を補うことが大切です。その後は乳液などの、油分の入った化粧品でフタをし、肌に潤いを閉じ込めましょう。

無理に取り除こうとするのはNG

特に、鼻に多くできがちな黒ずみは、ポツポツ目立って気になるものです。

鏡を見ているうちに、無理にでも取り除きたくなるのはわかりますが、こういった行為は肌に負担をかけて、肌の生まれ変わりサイクルである『ターンオーバー』を乱す原因になります。

ターンオーバーが乱れると、古い角質が増えて余計に角栓ができやすくなってしまいます。

手足の毛穴の黒ずみもケア不足?

顔だけでなく、手足の毛穴の黒ずみが気になることはありませんか?一体、それは何が原因なのでしょう。

誤ったムダ毛処理が原因

手足の毛穴の黒ずみは『誤ったムダ毛処理』が原因でおこります。薄着の季節などに気になるムダ毛は、つい自宅で処理してしまいがちですね。

この際、間違った脱毛をすると肌が炎症を起こしてしまい『黒ずみ』となって残るのです。

私たちの肌は、やけどや摩擦、傷やかぶれなどの炎症が起こると、活性酸素が発生します。すると、真皮層内部にある『メラノサイト』によって『メラニン』が生成されます。

このメラニンこそが、黒ずみ毛穴の正体なのです。

正しい処理方法と保湿が大切

紫外線による色素沈着は、肌の浅い部分にできるので、比較的短い期間で元の肌色に戻ります。しかし、炎症による色素沈着は、肌の奥深くにおこるので、黒ずみが長期間残ってしまうのです。

せっかく脱毛で肌を綺麗にしても、黒ずみ毛穴が目立つのは嫌ですよね。そんな黒ずみ毛穴を作らないためにも、炎症が起こるような脱毛方法はすぐに見直さなければいけません。

肌に負担をかけない方法でムダ毛処理をしたら、その後のアフターケアが大切です。脱毛後の肌は目には見えないものの、想像以上に傷ついています。

傷ついた肌の細胞を保護するためにも、クリームやローションなどを使って十分な『保湿』を心がけましょう。

市販の毛穴黒ずみ対策ができる化粧品でケア

出来てしまった毛穴の黒ずみを、市販の化粧品で改善できれば嬉しいですよね。ここからは、毛穴黒ずみ対策におすすめの商品を紹介します。

優しく毛穴から角栓を除去するジェル

明色化粧品ポアクリア角栓クリーナージェルは、ブツブツいちご鼻専用クレンジングです。温感ジェルで毛穴を開いて、オレンジオイル(毛穴洗浄成分)とガッスール(皮脂吸着成分)の力で毛穴汚れを落とします。

開いた毛穴を引き締めるために有効なアーチチョーク葉エキスや、プラセンタ、ナノコラーゲンといった保湿成分の効果で、洗浄後の毛穴を目立たなくします。

  • 商品名:明色化粧品ポアクリア角栓クリーナージェル 30g
  • 価格:741円(税込)
  • Amazon:商品ページ

毛穴開きを抑えるエリクシールの収斂化粧水

クレンジングや洗顔で毛穴の汚れを落としたら、化粧水の後に『エリクシールホワイトトーニングローション 』をつけましょう。

『トーニングローション』とは、タンパク質を変性させて毛穴を引き締める作用を持つ化粧水のことで、『収斂化粧水』とも呼びます。

洗顔と化粧水だけでは、開いてしまった毛穴はそのままとなり、汗や皮脂、ホコリや汚れが溜まりやすい状態です。トーニングローションで毛穴を引き締めて小さくすれば、角栓予防に繋がります。

『資生堂エリクシールホワイトトーニングローション』は、朝は乳液の前、夜は乳液の後につけると効果的です。順番を間違えないよう注意しましょう。

  • 商品名:資生堂エリクシールホワイトトーニングローション 165ml
  • 価格:4320円(税込)
  • Amazon:商品ページ

ターンオーバーを促すボディソルト

『ジューシイクレンズボディソルトスイートミックス』は全身の古い角質を落として、くすみやザラつきを予防する塩のスクラブです。

アルガンオイルやイチゴ・ライチ・イチジク・トマト由来の保湿成分が配合されているので、汚れを落としながらも、しっかり肌を保湿して守ります。

身体が濡れている状態で適量を手にとって全身に伸ばし、優しくマッサージしましょう。マッサージ後は十分に洗い流してください。週に1~2回の使用がおすすめです。

  • 商品名:ジューシイクレンズボディソルトスイートミックス 300g
  • 価格:1159円(税込)
  • Amazon:商品ページ

毛穴の黒ずみを除去する正しいケアをしよう

顔の毛穴の黒ずみは、ターンオーバーの乱れによって毛穴に溜まった古い角質や、メイク汚れなどが皮脂と混ざり合ってできています。これを無理に取り除くのは、肌に刺激が強く逆効果になりかねません。

大切なのはゴシゴシと擦るのではなく、優しく丁寧に汚れを洗い流すことです。また、その後は化粧水や収斂化粧水などを使って、毛穴の引き締めや保湿を十分におこないましょう。

手足の毛穴黒ずみは、誤ったムダ毛処理が原因でおこります。肌に負担をかけない方法で処理をおこない、アフターケアを忘れないよう心がけましょう。

正しい毛穴ケアで黒ずみのない、透明素肌を作ってくださいね。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

45



ページのトップへ