公開日:2018/04/27 

簡単!ホットヨーグルトダイエットの方法「食べる時間で効果が変わる!」

女性の間で人気が広がっているのが「ホットヨーグルトダイエット」です。

一般的なヨーグルトにも肌の調子を整える効果や、便秘改善の効果などがあると言われており、美容・健康のために普段から利用しているという人も多いのではないでしょうか。

今回は、ホットヨーグルトの効果や食べ方について紹介します。

効果のあるホットヨーグルトダイエットの食べる時間と方法

美容や健康のためにヨーグルトを食べていても、なかなか効果が実感出来ない人もいるのではないでしょうか。

ヨーグルト自体、健康や美容に良いと言われていますが、体質によってはその効果を実感出来ない人もいます。

こちらではホットヨーグルトの食べる時間や方法について説明します。

なぜヨーグルトで効果を実感出来ないのか

ヨーグルトを食べた時、便秘が改善されない人や、肌荒れを起こしてしまう人もいます。

しかし、それ以上に「手足が冷たくなる」という症状に見覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような症状が出ている方の場合は、冷たいヨーグルトが体質に合っていない可能性があります。

冷たいものは、基本的に内臓を冷やしてしまうため、冷え性気味の人や便秘が酷い人などには逆効果になる場合もあります。

そのような場合には、冷たいヨーグルトではなく、温かいヨーグルトで美容効果やダイエット効果を狙ってみてはいかがでしょうか。

温かいヨーグルトに変えるだけで、今までとは比べものにならないほどの効果を実感した人もいるので、おすすめです。

ホットヨーグルトダイエットの効果とは

ホットヨーグルトダイエットを食べることによって期待できる効果は「胃腸を温めること」です。

胃腸が弱い人に多い傾向がありますが、冷たいヨーグルトを食べることで、逆に胃腸の働きを妨げている可能性があります。

ホットヨーグルトは、そういった妨げを解消して、胃腸を冷やさないことで消化吸収力を高め、乳酸菌やカルシウムなど大切な成分をしっかり吸収出来るのが特徴と言えるでしょう。

他にも、ダイエット中に体重が落ちなくなる停滞期はカルシウム不足とも言われているので、ホットヨーグルトを食べることで停滞期を感じずに体重を落としていくことが可能となります。

短期間ではないけれど、長期的、確実に体重を落としたい人にホットヨーグルトダイエットは試してほしい方法です。

ホットヨーグルトダイエットのやり方とは

ホットヨーグルトダイエットのやり方は、朝食をホットヨーグルトに置き換えるだけで構いません。朝食に置き換えることで、1日の総摂取カロリーを減らすことが出来ます。

しかし、低カロリーだからと言って多く食べてしまうと意味がなくなるので注意しましょう。ホットヨーグルトを食べる目安量として120gを考えておきましょう。

それ以上多く食べてもダイエット効果は変わらず、無駄に摂取カロリーだけが増えてしまうので気をつけてください。朝食をホットヨーグルトに置き換えることで、昼食、夕食は好きなものを食べても構いません。

極端な食事制限ではなく、自分の好きなものを食べられるという点でも、ホットヨーグルトダイエットは人気なのです。

ホットヨーグルトダイエットのヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトの作り方は、難しくはなくとても簡単です。

作るだけでも数分あれば出来るため、忙しい朝の食事にするには最適と言えます。

こちらではホットヨーグルトの作り方やアレンジの仕方について紹介します。

ホットヨーグルトに適したヨーグルトとは

ヨーグルトはさまざまな種類がありますが、ホットヨーグルトを作る時には「プレーンヨーグルト」を選びましょう。プレーンヨーグルトでも、3個入り、4個入りのタイプは避けましょう。

小分けになったヨーグルトは、食べやすさを重視されていて糖分などが多く含まれているものもあるので、ダイエット食品には向かないのです。同様の理由でフルーツジャムが入ったものも、ホットヨーグルトには適しません。

ヨーグルトには発酵させる菌も多くあり、体質に合うものと合わないものもあります。そのため、1種類のヨーグルトに決めず、効果が実感出来るかを考えて複数のヨーグルトを試してみることをオススメします。

ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトの作り方は、100gのプレーンヨーグルトに大さじ1杯の水とはちみつを入れます。耐熱容器に入れて500wで30秒~1分加熱するだけです。加熱した後はよく混ぜましょう。

水を入れる理由は分離を防ぐためです。多く入れ過ぎると水っぽいホットヨーグルトになってしまうので美味しくないので大さじ1杯以上は入れないようにしてください。

また、温める時間も、最大1分にしておきましょう。加熱しすぎてしまうと、乳酸菌が死滅してしまい、ホットヨーグルトの効果が半減してしまうとされているので注意しましょう。

アレンジをするのもオススメ

ホットヨーグルトは電子レンジで作れますが、他の材料を入れて鍋で煮るという方法もあります。

例えば、はちみつとリンゴを入れるとヨーグルトの酸味とりんごの爽やかさ、はみちつの適度な甘さが合わさり、食欲のない朝でもきちんと美味しく食べることが出来ます。

他にもホットヨーグルトに生姜と黒蜜を入れることで、冷え性改善になります。

生姜が苦手な人もいるでしょうが、黒蜜の甘さでカバーされているので、あまり生姜の味が気にならないのでオススメです。

ホットヨーグルトダイエットは腸内フローラを整えたい方にもおすすめ

ホットヨーグルトは腸内環境を整えることに特化していて、腸内フローラを整えたい人にもオススメです。

温かいヨーグルトを食べることで、内臓を温めて腸内環境を整えてくれます。

腸内フローラのバランスが崩れると、肥満や病気に繋がるので、日頃から腸内フローラを整えることは意識しておく必要があります。

ホットヨーグルトは腸内フローラを整えるのに最適な食べ物なので、毎朝食べるようにしましょう。

ホットヨーグルトは作る手間も少なく、美味しく食べられることからストレスのないダイエット方法とも言われています。

女性は体質から冷え性や便秘に悩みやすいため、ホットヨーグルトダイエットは痩せるだけではなく悩み改善にも適した食べ物です。

無理なくダイエットをしたい人は、ホットヨーグルトダイエットを試してみてはいかがでしょうか。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

284



ページのトップへ