公開日:2017/06/15 

野菜より効果的?酵素サプリダイエットで消化と代謝UP

酵素サプリを使ったダイエットは、体の働きを高めてリバウンドの少ないダイエットをすすめていく上で効果的な方法です。酵素サプリの効果の理由と効果的な使い方についてご紹介します。

酵素サプリってなに?

酵素は体の中でどう働くの?

酵素とは、体の基礎代謝に必要となる、タンパク質でできた物質です。体の中では、意識しなくてもいろいろな動作が常に起こっていて、それを「基礎代謝」といいます。呼吸すること、臓器を動かすこと、体に不要となったものを排出すること、病原体から体を守ること、など体の中で起こっているすべての基礎代謝には、酵素が関係しています。

酵素は「代謝」というダイエットに重要な機能に深く関係しています。生きていくうえではもちろん、ダイエットにもとても重要なものなのです。体の中では、たくさんの種類の酵素が働いています。

食べたものを消化する役目を担うのが「消化酵素」、消化酵素が取り出したエネルギーを使って体のさまざまなメンテナンスをするのが、「代謝酵素」です。消化酵素と代謝酵素を合わせて「体内酵素」といいます。

酵素が体の中で作られてなくなるまで

消化や代謝の働きをする体内酵素は、食物やサプリから補給できるわけではありません。酵素はその性質上、胃に入ったら効力を失ってしまいます。それため、酵素は体の中で作られる必要があります。そして役割を終えた酵素はなくなります。たとえば、食べたものは体内の消化器官で消化酵素を消費しながら分解されていくという具合です。

不規則な生活や、加齢によりこの消化酵素を生成する体の機能が衰えてしまいます。これにより、食べたものを消化分解して有用なエネルギーに変えることができなくなり、消化されないまま脂肪として体内に残ってしまいます。体内にある酵素の働きがとても貴重なものであることが分かりますね。

体内酵素はとり入れられないの?

では、酵素をたくさん含んだ食品をとると消化や代謝の働きがよくなるのでしょうか?ここまででご説明した通り、そういうわけではありません。酵素を含んでいるといわれる野菜やフルーツをたくさん食べても、基礎代謝が直接よくなるというわけではありません。

では、酵素をたくさんとり入れることはダイエットに効果がないのでしょうか?これもそうとはいいきれません。食品に含まれている酵素は間接的に、もともと体内で働いている酵素の働きを強めたり助けたりすることができるのです。これらの酵素は、「食物酵素」と呼ばれます。

酵素サプリはダイエットに効果はあるの?

食物酵素はどんな働きをするの?

食物に含まれる酵素は、体内酵素と違うどんな働きをするのでしょうか?食物酵素は、その食物自体をさらに栄養豊かにしたり、体内にとり入れたときに消化しやすくしたりする働きがあります。

それらの酵素は、食品として食べる前から働きはじめます。たとえば、フルーツが熟す過程も酵素の働き。栄養を高めたり消化しやすくしたりしています。発酵食品も同様に、酵素が食品を発酵させることによって、栄養価が高くなります。

その酵素の働きによって、前もって消化分解が行われます。体の中の貴重な資産である体内酵素を余計に使わずに食べたものを消化することができます。このことを「事前消化」と呼びます。

酵素サプリはどう働くの?

体内で消化や代謝をして働く体内酵素と、食物に対して働き間接的に体内の酵素を強める食物酵素があることが分かりましたが、酵素サプリはこれらのどちらの働きを持つのでしょうか?この酵素サプリ、実は食物酵素として働きます。

前述の通り、酵素は食物としてとり入れられると、胃で効力を失ってしまいます。そのため体内で働く酵素を直接サプリでとり入れることはできません。ですが、酵素サプリにより体内酵素の働きを助けて体内酵素を節約することができるのです。これが酵素サプリの役割です。

酵素サプリが果たすダイエット効果

酵素サプリに含まれている食物酵素は、消化酵素や代謝酵素ではないので、摂取したらすぐ脂肪を分解しはじめるわけではありません。では、酵素サプリはどのように効果を発揮するのでしょうか?

これまでにご説明した通り、食物酵素は食物に対して働きます。食品が体内の消化器官で消化酵素によって消化される前に働くのです。酵素サプリも同様に、胃に到達してその効力が失われる前に、食べたものの分解をします。

酵素には高温になると効果を失ってしまう性質があります。食物酵素をたくさん含んだ食品を、消化する効果を保ったまま食べるには、加熱しない調理が求められます。生野菜をたくさん食べることができるといいのですが、なかなか1度の食事でたくさん食べることはできませんね。

そこで、この食物酵素をサプリで補うことが、消化を正常に機能させるのために役立ち、ダイエットにも効果を発揮します。

酵素サプリの効果的な使い方

酵素サプリの飲むタイミング

酵素サプリの効果的な飲み方をご紹介しましょう。これまでの説明で、食物酵素は食べたものが胃に入って消化がはじまる前の段階で働くことが分かりました。そのため食事の前や後に酵素サプリを飲むと効果的です。

食べたものは胃に入った後に胃の入り口付近で一旦とどまります。胃が消化のための準備をするのを待つためです。そのときにサプリの食物酵素が働けるようにすることが大切です。

ダイエットの効果を狙うなら、カロリーが高めになりがちな夕食の前に酵素サプリを飲むのが効果的でしょう。よく噛んで食べることも消化と代謝の助けとなります。

酵素サプリの正しい飲み方

酵素は熱に弱いため、酵素サプリを飲むときも温度に気を付けましょう。熱いお湯で飲んでしまっては、消化の効果が期待できません。また、よく冷えた冷水も避けた方がよいでしょう。冷たい水により、胃の活動を活発にすることができなくなります。そのため常温かぬるま湯ぐらいの温度で飲むのが最適です。

コーヒーやジュースを飲むついでに酵素サプリを飲むこともおすすめできません。コーヒーのカフェインが酵素の働きを阻害してしまいます。また、栄養豊富な野菜ジュースも、加熱処理されているため自身の栄養を消化する酵素を持ち合わせていません。

そのため、サプリの酵素をジュースに横取りされてしまうことになってしまいます。酵素サプリには水が1番、できればミネラルウォーターと一緒に飲みたいですね。

ダイエットに効く酵素サプリ

酵素サプリを選ぶ際には、酵素の効き目が失われていない製法であるかどうかを確認することが大切です。生産工程に加熱されているようであれば、効き目は期待できません。生の酵素であるという表記があれば、ちゃんとした工程を経てつくられていることがわかります。

一番大切なのは、継続してサプリを飲むことですね。これまでにお伝えしたポイントを忘れずに飲むようにしてください。お薬ではないため、効果をすぐに実感できるというわけではありませんが、体の消化の過程が徐々に改善されてくる実感をぜひ楽しんでください。

酵素サプリについて正しく知ってダイエットに活かそう

  • 酵素サプリは体内酵素を助ける働きを促進してくれます
  • 酵素サプリは食事の前に飲むのが良いでしょう
  • 酵素サプリを飲む時は食前に、常温かぬるま湯で飲みましょう

酵素サプリについて正しく知ることは、ダイエットに活かすうえで大切です。ぜひ、酵素サプリで消化機能を正しく理解して、その効果を実感してください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

48



ページのトップへ