公開日:2017/09/20 

大きい胸でも服装次第で変わる!すっきり見せるコーディネートとは

大きい胸をコンプレックスに感じている女性の中には、服装の選び方にも気を使っている人が多いのではないでしょうか?できるだけ胸が目立たないようにしたい、痩せてみられたい、そのためにはすっきり見える服装を意識したコーディネートが必要になります。

どうして大きな胸がコンプレックスになるの?

小さな胸をなんとか大きくできないか悩んでいる人からすると、大きな胸がコンプレックスになるという気持ちはわからないかもしれません。

しかし、大きな胸の女性のなかにはさまざまな悩みを抱え、小胸に見せることはできないか考えている人も多いのも事実。まずは大きな胸がなぜコンプレックスになるのか、その理由についてみていきましょう。

あせもや肩こりなどのトラブルが起こりやすい

大きな胸の谷間は胸と胸が密着するため、汗をかきやすいようです。しかし、胸はいつでも汗を拭きとれる部位ではないため、そのままにしておくとあせもができることもあるといいます。

また、大きい胸を上半身で支える必要があるため、慢性的な肩こりに悩む人も多いといいます。大きい胸を隠そうとして猫背になる人も多いようですが、姿勢が悪くなるだけでなく背中や肩が凝りやすくなるため、症状が悪化するリスクもあります。

どうしても周りの目が気になる

胸が大きいとどうしても周囲からの視線が気になるという意見が多いようです。Vネックや身体にフィットするような服を着たくても「胸を強調していると思われたくない」という思いから好きな服が着られないという意見もあります。

また、胸の前でボタンを留めるシャツスタイルは、ボタンが綺麗に閉まらないため、できるだけ着たくない…という意見も多いようです。

大きな胸にも様々な悩みがあります。たとえば、胸と胸の間に汗をかきやすいため、あせもができやすくなるという点です。また、周りの目も悪い意味で気になりやすくなるため、大きな胸が良いことばかりとは限らないようです。

胸が大きくてもすっきり見える服装とは

巨乳な方は、大きい胸ゆえに太ってみえてしまい、着たい服装を楽しめないという悩みを持っているかもしれません。

なかには、大きな胸を気にするあまり、どんどん猫背になってしまいスタイルを崩してしまう方もいるようです。すると、大きい胸が垂れてしまったり、ウエストに脂肪がついてしまったりして、ますます自信がなくなってしまうこともあります。

そうなる前に、大きい胸をすっきり見える服装にすることで、ファッションに自信をつけましょう。すっきり見える服装の共通ポイントとしては、服装全体の色や形などのバランスを考えることです。

メリハリのある服装ですっきりと見える

胸が大きい人は、上半身の服装選びに意識がいきがちですが、コーディネートは全身で考えましょう。大きい胸の女性がすっきり見える服装としては、胸やウエストの身体のラインがはっきりと見えるものがよいです。大きい胸とキュッとしまったウエストはメリハリがあることで、全体でみるとすっきりした印象になります。

また、手首や足首、首元など露出する部分のバランスも考えることでさらにすっきりした印象になります。身体のラインがはっきりするものだからといって、ボディコンのような身体にひっつくような素材ではなく、綿やカシミヤなど自分に合う素材を見つけましょう。

寒色系の服装でシャープに見える

大きい胸の人は、黒や青、緑などのダークカラーが収縮色となり、スリムに見せてくれるのでおすすめです。その逆に、オレンジやピンクといった暖色、黄色や白といった淡い色は膨張色となり、大きく見せてしまうので注意が必要です。

シンプルな一色でもよいですが、柄ものを着るなら、ヨコ線のボーダー柄よりもタテの線がキレイなストライプ柄の方が、引き締まった印象になります。また、フリルやリボンといった装飾は上半身がちょっぴり重い印象になりますので、体型をすっきりと見せたいならできるだけ避けた方がよいでしょう。

大きい胸の女性には、身体のラインがはっきり見える服装をおすすめします。手首や足首など細いパーツを上手に露出することも、すっきりと見せるポイントです。色は引き締め効果がある、黒や青などのダークカラーを選びましょう。

大きい胸はデコルテ露出ですっきり見える

Vネックをはじめとしたデコルテ部分が見える服装は、視線が首元にいくので、すっきりとした印象を与えます。ゆったりなVネック、同じくゆったりしたロングスカートを合わせるときなどは、ウエストをインしたり、ベルトで締めたりすることですっきりと見せましょう。

一方で、胸元まで大胆に開いたVネックの服装では、そのままだと胸元がセクシーすぎてしまうので、インナーを着ることで、控えめにします。インナーを着る場合は、もともとのVネックが白なら中に寒色系を加えることで色にもメリハリが出ます。

アウターは長めのアイテムを選ぶとすっきり

インナーにデコルテが露出した服装を選んでその上に羽織るものは、中のインナーよりも長めのカーディガンやトレンチコート、パーカーなどを選びましょう。長めのアウターが縦のラインを作りだすので、全体的にすっきり見えます。

カーディガンやコートなどは、ボタンを締めると大きい胸元が窮屈な印象を与えることがありますので、開けた状態の方がバランスよく見えます。アウターがない場合は、ストールやロングネックレスを首にかけるだけでも、メリハリが出ます。

デコルテを出す服装にはワンピースもあり

1枚で着られるシンプルなワンピースもデコルテが露出しているものを選ぶことで、大きい胸の魅力を引き立ててくれるのに役立ちます。

スカートがふんわりとしたプリンセスラインようなパーティードレスでは、メリハリがきいてすっきりバランスよく見えます。ただし、Aラインのワンピースやドレスはウエストラインが隠れてしまい、逆に胸が強調されてしまいがちになります。

ワンピースを選ぶ際はゆったりしたタイプのものでもよいですが、ウエストの位置がわかる服装を選ぶとよいです。ウエストラインがないワンピースの場合は、ベルトやリボンなどで締めてウエストラインを作りましょう。

デコルテを出した服装も、すっきり見えながら大きい胸の魅力を引き立ててくれます。アウターは長めのタイプを選ぶと、縦長効果が生まれすっきりとした印象になります。

ボトムスも意識してすっきり見える服装に

胸があるのは上半身なので、大きい胸を誇張しないようトップスに意識がいきがちです。しかし、上半身のインパクトを抑えるためには、下半身にインパクトを持っていくことがおすすめです。

下半身に目線がついついいってしまう服装にすることで、上半身をとのバランスをうまくとり、すっきり見せることができるのです。たとえば、タイトなVネックに、ゆったりしたスカートやパンツを合わせるなら、ベルトでウエスト部分をキュッとしめることで、メリハリが出ます。

すっきり見えるパンツファッション

スキニージーンズは、上半身がタイトならさらにすっきり、上半身がゆるめでボリュームがあるなら、下半身をすっきりとメリハリのある服装に見せてくれます。また、裾を折り、足首を見せることでおしゃれ感も出せます。

上半身がシンプルなシャツやブラウスなら、下半身はワイドパンツなどボリュームのあるパンツスタイルにすることでもすっきりと見えます。ボトムスが黒やネイビーといった色なら、トップスに合う色も多彩なので、着回しもしやすいです。

タイトなスカートでウエストを強調

寒い季節になると着たくなるようなゆるいニットは、太って見えそうなイメージですが、そのような服装にはタイトスカートがおすすめです。ウエストがキュッと引き締まったタイトスカートは、下半身だけでなく、上半身もすっきり見せてくれます。

大きい胸が気になる方は、全体をダークカラーでまとめてもよいですし、上半身だけダークカラーにしても楽しめます。また、ヒールのある靴を履くことでも、背筋がピンとして、スリムな印象になります。

大きい胸をすっきり見せるには、メリハリのある服装を心がけることが大切です。おすすめのボトムスは、スキニージーンズとタイトスカート。黒やネイビーなら着回しもしやすいので、ぜひ1着は手に入れておきたいですね。

全体のバランスを考えた服装ですっきりと

大きい胸を、服装ですっきり見えるためには下記のことが大切だとわかりました。

  • 上下でメリハリをつけた服装を意識
  • 寒色系を積極的に取り入れる
  • 上半身はデコルテを見せる
  • 上半身だけではなくボトムスのバランスも必要

服それぞれの色や形をよくみて、大きい胸のコンプレックスを解消し、自信を持ってコーディネートを楽しみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

136



ページのトップへ