公開日:2017/06/15 

好印象を与えるマスク美人に!素敵に見せるためのテクニック

「マスク美人」という言葉はご存知ですか?マスクで顔の大部分が隠れていると美人に見える、ということから使われだした言葉です。今回は、マスク姿で好印象を与えるためのテクニックについてご紹介します。

好印象のマスク美人になるための条件とは

画像引用:http://wear.jp/holymadre/9448678/

マスクのサイズはちょい大きめで色はピンク

マスク美人になるためにまず1番にチェックするべき部分は、装着しているマスクそのものです。サイズが大き過ぎたり、逆に小さ過ぎたりしていませんか?

マスクが小さ過ぎるとマスクからはみ出て見える部分が目立って太く見えてしまいます。かと言って、大き過ぎるマスクも顔を大きく見せてしまうのです。ジャストサイズか少しだけ大きめのマスクにしましょう。女性用の立体型マスクがおすすめです。

また、マスクの色は淡いピンクなど暖色系はいかがでしょうか。清潔感のある白が良いのではないか、と疑問に思うかもしれませんが、白いマスクは顔色がくすんで見えてしまうのです。暖色系のマスクなら血色が良く見えるので、顔の雰囲気をワントーン明るくしてくれて、好印象を与えるマスク美人になれますよ。

見えている部分には細心の注意を

マスクが顔の大部分をおおい隠すと、人は見えている部分で隠れている部分も想像する、という習性があるのだとか。つまり、見えている部分にはいつも以上に気をつかって好感を持ってもらうように心がける必要があります。

好感度を上げるために最も気にしておくべき点は、何と言っても清潔感です。前髪が目にかかっていていたり、アイメイクが崩れていると、清潔感が失われます。

特にマスクから漏れる息の湿気でアイメイクが崩れてしまうと、目元が黒ずんで清潔感が失われるので気をつけましょう。清潔感をアップさせる髪型やアイメイクについては、後ほど詳しく説明します。

笑顔とはきはきした受け答えが大切

マスクをしていると表情が読み取れないため、相手は会話をしている時、あなたには何か裏がないのか、と必要以上に気をつかっています。ミステリアスな雰囲気に惹かれる方もいますが、やはりコミュニケーションを取る上で、相手に負担がかかるケースも少なくありません。

相手の不安を解消するには、いつも以上に笑顔やはきはきとした受け答えが大切です。明るい雰囲気が相手に伝われば、緊張せずにあなたと会話ができて好印象を持ってもらえます。ミステリアスな印象から朗らかな印象へと変化すると、好感度はかなり高くなるかもしれませんよ。

マスク美人になれる髪型3つのチェックポイント

画像引用:http://wear.jp/junko45xoxo/2668559/

髪の毛はまとめておく方が好印象

マスク美人になるためには、見えている部分が大切です。顔全体の大きな面積を占めている髪の毛は、その中でも特に細心の注意をもって清潔に見せたい部分。

ある程度の長さがあれば、まとめ髪にするとグッと清潔な印象になります。顔を出してしまうと太って見える、と気になるかもしれませんね。でも、マスクのサイズがきちんと合っていれば大丈夫です。

マスクで隠れている部分以外は積極的に見せる方が、相手も安心してあなたに接してくるでしょう。それでも、どうしても髪を下ろしておきたいという方のために、髪をまとめないで清潔感をアップするコツをお教えしますね。

片方の髪を耳にかけて顔を見せる

髪の毛を普段通り下ろしたままにする場合は、髪のお手入れをいつもよりも念入りにして、まとまりが良くなるようにしておきましょう。髪の毛がつやつやしていると、好感度は高まります。

さらに、左右どちらでも良いですので、片方の髪の毛を耳にかけるようにしてください。髪の毛の片方を耳にかけることにより、顔の辺りが明るくなり、女性らしい雰囲気も醸し出されます。

髪の毛をかけてもすぐにパラパラと落ちてくるようなら、髪留めで軽く留めてもいいでしょう。たったこれだけのことですが、マスク美人度がグッと高くなりますのでぜひ一度試してみてください。

前髪は目にかからないようにして額を見せる

最後に前髪ですが、いつも額を隠しているなら、額が見えるようにセンター分けにするか横に流してください。顔にかかっている髪の量を減らして、さらに顔の印象を一段階明るくすることを意識すると効果的です。

額を一部見せるだけで、マスクをしていても顔の雰囲気が明るくなり、どこかキリッとした印象が加わります。これまでずっと額を出さない髪型にしていたなら、イメージチェンジにもなって周囲の人たちの興味をさらに惹きつけるでしょう。

ここまでお話してきた髪型のコツを実践することで、顔にかかる髪の量は少なくなったはず。その分顔の表情がくみ取りやすく、顔のトーンも明るくなって好感度がぐんと上がったマスク美人になっていると期待できます!

マスクをしていてもメイクは念入りに!

画像引用:http://wear.jp/aco416/9463050/

ベースメイクはいつも通りで肌の透明感を出す

マスクをしていても、ベースメイクはきっちりしましょう。アイメイクをする前に、透明感のある素肌を作っておき、メイクがスムーズに決まるようにアシストします。

ファンデーションはパウダーよりもリキッドにしましょう。パウダーだとマスクについてしまって清潔感が失われますので気をつけましょう。マスクの下は湿気が多くて化粧崩れしやすいため、化粧下地はつけ過ぎず、薄くのばしていくようにしましょう。

マスクの下に隠れていないくすみやシミは、コンシーラーで丁寧に消していきます。こうして、ベースメイクがしっかりと終わったら、いよいよ目元周りのメイクを始めましょう。

目の下のクマはコンシーラーで対策

ベースメイクを進める中で、目の下にできたクマが気になる場合もあるでしょう。その時は、コンシーラーを上手に使って目の下のクマを解消してください。目の下のクマは、通常のカバーの仕方と同じで、クマの色によってコンシーラーの色を工夫して対策します。

目の下の皮膚はデリケートなので、スティックタイプのコンシーラーだと刺激が強過ぎます。リキッドタイプのコンシーラーを、気になる部分にちょんちょんと乗せて、指の腹で優しく馴染ませていきましょう。

目の下のクマがきれいに消えたら、アイメイクのハイライト色を少し目の下に入れてみてください。さらにワントーン明るく、抜け感のある目元になります。

アイメイクは暖色系で明るく見せる

最後の仕上げはアイメイクです。ここで、アイメイクは暖色系を使うのがおすすめ。今のトレンドカラーはアビスや水色などの青系統ですが、マスク美人を目指す上では避けた方が無難です。

あくまでも血色のよい顔色を目指しましょう。アイメイクは普段より丁寧に、そして濃くなり過ぎないように気をつけながら進めてくださいね。

まゆ毛も、丁寧に整えておきましょう。不要に伸びた部分は切り、美しく整えられた眉毛はとてもクールです。丁寧なアイメイクが完成すると、マスクの下を思わず見てみたくなるような、魅力的で好感度の高いマスク美人になっているでしょう。

好感度の高いマスク美人になろう

  • マスクはピンクでジャストサイスのものを
  • マスクに隠れておらず見えている部分は清潔感を保つように気をつける
  • 受け答えははきはきとして明るい雰囲気を意識
  • 髪型は顔にかかる髪の量を減らせばOK
  • アイメイクは念入りにする

好感度の高いマスク美人になる方法について、ご紹介しました。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

125



ページのトップへ