公開日:2017/06/15 

これでもう困らない!3つの髪のお悩み別シャンプーの選び方

ドラッグストアに行くと、シャンプー売り場にはとてもたくさんの種類のシャンプーが並んでいます。シャンプーの選び方は、髪の悩みや目的によっても異なります。今回は、お悩み別のシャンプーの選び方を徹底解説しちゃいます。

髪が傷んでいる人向けのシャンプー選び

しっかり落ちる、洗浄力にこだわって

髪が傷んでしまうことの原因に、頭皮の汚れが落としきれずに毛穴が詰まっていることが考えられます。シャンプーのもっとも基本的な要素ではありますが、まずは洗浄力が高く、髪や頭皮の汚れをきちんと落とせるものを選ぶようにしましょう。

たとえばピアセラボから販売されている「スースー」というシャンプーは、メイクのクレンジング同様の成分が配合されています。普通に洗うだけでは完全には落とせない頑固な皮脂の汚れなどにアプローチするので、汗をかきやすい時期や汚れが溜まっていると実感がある人は、ぜひためしてみてください。

弱った髪を補修してくれるシャンプー

一度ダメージを受けてしまった髪は、なかなか元どおりの健康な状態に戻すのは難しいというのが正直なところ。しかし、流れ出てしまった栄養成分を足すような補修力のあるシャンプーを選べば、ダメージヘアを効果的にリペアニングしてあげることができます。

その代表が、ケラチンやタンパク質です。ケラチンというのは、18種類のアミノ酸が結合してできた成分の総称で、髪や爪を構成する成分のひとつでもあります。ダメージを受けた髪にケラチンを足してあげることで、髪のツヤやハリを取り戻すことができるのです。くしどおりのよい髪を手に入れたい人は、シャンプーの成分にも注目してみましょう。

髪に栄養を浸透させるノンシリコンタイプ

きちんと汚れを落としきれていない場合には、確かに洗浄力の強いシャンプーがオススメですが、洗浄力が強いシャンプーにはシリコンが含まれているものが多いのが特徴です。洗浄力が強い分、髪がキシキシとした手触りになってしまうことがあり、これをカバーするためにシリコンが配合されているのです。

しかし、シリコンは髪の表面に膜のようなものを作って手触りをよくする反面、シャンプーなどの栄養成分を髪の芯まで届けずに表面でブロックしてしまいます。髪や頭皮の汚れはしっかり洗えているという場合には、ノンシリコンタイプのシャンプーを使用して栄養成分を髪の奥まで行き渡らせてあげましょう。

くせ毛の人向けのシャンプー選び

アミノ酸系のシャンプーで優しく洗浄

実は日本人の約7割がくせ毛に悩まされているそうです。くせ毛といっても、髪全体がチリチリなハードなくせ毛から、なんとなく毛先に向かってうねりがある、目立ちにくいけれど扱いにくいくせ毛まで様々です。

くせ毛になってしまう原因も、すべてがはっきりしているわけではありませんが、そのひとつがタンパク質の結合にあると考えられています。髪は本来タンパク質同士がまっすぐつながりあってできていますが、この結合がずれることでうねりや歪みが生じるからです。アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力が強すぎることでのダメージをふせぎ、髪にタンパク質を補強してくれます。

添加物の少ないシャンプーを選ぼう

シャンプーには、良い香りを持続させるための香料や、シャンプー自体を長持ちさせるための保存料などがたっぷり入っているものがあります。保存がききやすく、自宅での保管や取り扱いは便利にはなるのですが、添加物が毛穴のつまりを引き起こす原因となることがあります。

くせ毛の原因のひとつに、毛穴が詰まって髪の生え際に歪みが出ているということがあげられます。毛穴のつまりを少なくするためには、添加物が少ないシャンプーを選ぶことがポイントです。シャンプーの中でもアミノ酸系のシャンプーは添加物の配合が少ないものが多いので、くせ毛の人に向いているシャンプーといえます。

保湿力にこだわり、頭皮と髪に潤いを

髪の生え際にゆがみが出てしまう原因のひとつに、頭皮の乾燥があります。また、頭皮が乾燥しやすい環境というのは、当然髪の毛自体も乾燥しやすい状態です。乾燥した髪の毛は傷みやすく、キューティクルがはがれて枝毛や切れ毛になったり、タンパク質が逃げ出してパサついたりというようにダメージヘアになってしまいます。

また、乾燥した髪の毛は広がってまとまりにくくなりがちです。できるだけ保湿して髪や頭皮に潤いを与えてあげましょう。天然オイル配合で保湿力にすぐれたシャンプーを選ぶことで、くせ毛の対策も少しは楽になる可能性があります。

ボリュームに悩む人向けのシャンプー選び

ボリュームダウンはエイジングが原因!?

以前は髪のボリュームが気にならなかったり、逆に髪が多いことに悩んでいたはずなのに、気がついたらなんだか少なくなったかも、と感じている人はいませんか?もしかすると、髪のボリュームダウンの原因は、年齢を重ねたことによるものかもしれません。

若い頃に比べると、体内のコラーゲンやタンパク質は日々減少しています。その結果、年齢を重ねるごとに女性の髪もボリュームダウンが目立つようになるのです。加齢によって頭皮の血行が悪くなることで、頭皮環境や髪へのダメージが進むのも原因です。エイジングによるボリュームダウンが気になる場合は、スカルプケア専用のシャンプーを使用してみてください。

そもそも髪が細い人は18MEAに注目して

18MEAという言葉はなかなか聞きなれないかもしれませんが、メチルエイコサン酸という成分のことを表しています。メチルエイコサン酸というのは、人間の体から出ている脂の成分のようなもので、髪の毛のキューティクルを守る役割を果たしています。

髪が細い人や髪にコシがない人は、18MEA配合のシャンプーを選ぶことで、髪のキューティクルをぎゅっと閉じ込めて、髪に潤いとボリュームを保つことができるようになります。18MEAは本来誰の体でも自然に作られるものですが、カラーリングなどの刺激にとても弱いという特徴があります。そのためカラーリングなどを繰り返している人で髪にボリュームがないのは、もしかすると18MEAが不足していることが理由かもしれません。

植物エキスで頭皮環境に働きかける

植物エキスが配合されているシャンプーはたくさんあり、配合されている植物成分の種類もとても豊富です。たとえば頭皮の血行を促進するローズマリーのエキスや、保湿効果があるといわれるアロエベラ葉エキスなど、シャンプーの成分表を見ると、様々な植物成分が書かれています。

植物エキスには、髪の毛だけではなく頭皮そのものに働きかけて、髪が生えやすい健康的な頭皮によみがえらせるようお手伝いしてくれるものがたくさんあります。髪がボリュームを失っているということは、そもそも髪の毛以前に頭皮の環境に問題があることも少なくないので、植物エキスが配合されているシャンプーを試してみるのもオススメです。

髪の状態に合わせたシャンプーを選ぼう

くせ毛やダメージヘアなど、髪の状態によって向いているシャンプーは異なります。美容院でのトリートメントも大切ですが、まずは毎日のケアでできることを見直すためにも、お悩みに合わせたシャンプーを選びましょう。

  • ダメージヘアの場合は、しっかり洗って栄養を補給
  • くせ毛の悩みには、タンパク質とアミノ酸がオススメ
  • ボリュームが少ない髪は、エイジングケアと頭皮環境の改善を目指して
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

207



ページのトップへ