公開日:2017/05/26 

これで自分を可愛く見せる!1日数分の「小顔トレーニング」

少しでも小顔になりたいと思うのは、全女性の共通の願いではないでしょうか?1日数分の努力で小顔を手に入れられるのであれば嬉しいですよね。そこで、手軽にできる「小顔トレーニング」を紹介します。これでさらに可愛い自分を演出しましょう。

たった1分でも小顔に!?噂の「顔ヨガ」

変化が早く、1週間で効果が見える!

小顔を手に入れるには、皮膚のすぐ裏側にある表情筋を鍛えるのがポイントになります。本来であれば、毎日よく笑い楽しく話し、素直に感動したり驚いたりと、表情豊かに過ごすことが1番ですが、特に仕事中など、そんなに表情を変えること自体がないですよね。

そこで毎日1分の「顔ヨガ」をおすすめしたいと思います。普段あまり使っていない表情筋を使い刺激することで、筋肉が鍛えられて全体をリフトアップすることが期待できます。

簡単なトレーニングですが、1週間続ければ確実に効果が目に見えて実感できるはずです。毎日いつでもどこでもできて、たった1分でも効果が期待できるので、ズボラな方でもきっと長続きすると思いますよ。

行う時に注意すべきは、正しい姿勢!

通常のヨガを行う時と同様に、姿勢はとても重要です。顔ヨガを行う際は、頭蓋骨を天井に引っ張られているような感覚で、背筋を真っすぐ伸ばします。力が入りすぎて肩があがることがないように意識してリラックス。そうすることで鎖骨は自然に開きます。座った状態でも立った状態でも、おへその下あたりにグッと力を入れると安定します。

その基本の体勢が整えば、あとは恥ずかしがらずに顔ヨガを始めるだけです。ヨガの大切なポイントは緊張と解放の繰り返し動作です。グッと力を入れた後は思いっきり脱力するということを繰り返します。目や口を普段以上に大きく開けることにより、普段使わない表情筋が鍛えられます。

意識して、顔ヨガは常に「鼻呼吸」

ヨガは「呼吸法」がとても大切です。そしてこの「顔ヨガ」は、吸う時も履く時も鼻で呼吸する「鼻呼吸」を意識してください。息を止めてしまうことが1番良くありません。あまりにも動きを忠実にしようと考えすぎたり、力を入れすぎて呼吸するのを忘れていたということがないように注意してください。常にリラックスした状態で行うのが理想です。

そして、呼吸と共に意識したいのが「左右対称」です。人はどうしても癖があるため、気がつくと左右のどちらかに力が入っていることがあります。顔ヨガを行う際には、その癖を意識してみて、どちらかに偏っていると感じた際は「左右対称」になるように動きを心がけてください。

小顔になるために重要なのは「舌トレ」!

噂の「舌トレ」で表情筋をアップ

小顔を手に入れるために必要なのは「舌トレーニング」とも言われています。歯科医によって提案されている舌を使ったトレーニングに注目が集まっています。

「舌トレ」は、舌を動かすトレーニングにより深層筋を強化。そうして肌を内側と外側から鍛えると、無駄な脂肪や老廃物を流す効果が期待できるというものです。舌を動かすことで血行が良くなり、美肌効果も期待できるという嬉しい情報があります。

実際に行ってみると分かりますが、かなり筋肉を使います。最初はあまり無理をせず、慣れるまで回数を控えめにしたほうが良いかもしれません。慣れてきたら、1日数回、気がついた時に行うと、リバウンド知らずの小顔を手に入れられることでしょう。

「舌トレ」でほうれい線をスッキリ解消!

まずは舌で歯茎をマッサージしてあげましょう。舌の先を歯茎につけたまま、上あごを左右にスライド、下あごも左右にスライド、そして上下左右に円を描くようにスライドします。

これを数回繰り返すことで、舌の筋肉は鍛えられ、歯茎はマッサージされ血行が良くなり、口周りの筋肉は内側から刺激されて、結果ほうれい線が解消されるという嬉しい効果が期待できます。

しかも舌を使い動かすことで唾液の分泌量が増え、口臭や虫歯の予防になるという相乗効果も期待できます。この歯ぐきマッサージを行う際は、肩の力を抜いてリラックスし、舌だけに意識を集中して行うと早く結果がでます。

顔のたるみがなくなり、スッキリ小顔!

歯ぐきマッサージを行ったら、次は表情筋を鍛える「舌マッサージ」も実践しましょう。舌の先が自分の目で見えるくらいに前に伸ばします。そして、前、上、下、右、左の順番に、5秒キープを繰り返します。舌をキープしている間は、肩を下げるように意識して首を伸ばします。あまり力を入れすぎるのは逆効果なので、リラックスしながら行ってください。この動作を数回繰り返します。

そうすることで表情筋が鍛えられ、小顔効果はもちろんですが、シワ予防や、顔の歪みを整える効果、脳の活性化などが期待できます。舌を出す時は思いっきり前に出すように意識して、舌の根元から動かすようにしてくださいね。

体操の後は「セルフマッサージ」で効果増!

マッサージでむくみを解消し小顔効果

顔体操をした後や、表情筋を使いすぎてコリが溜まっているなと思った時は、セルフマッサージを施してあげましょう。顔に滞ったリンパを上手に流してあげることで、顔のむくみが解消され、その結果小顔効果が期待できます。

マッサージを行う際は、決してそのままではなく、たっぷりのクリームやオイルを使い、滑りをよくすることがポイントです。そのままマッサージを行うと、シミやシワの原因になるので要注意です。

クリームやオイルを使ったマッサージが面倒くさいという方は、お風呂に浸かりながら行うのがおすすめ。清潔な状態ですし、湿気で滑りもよくなっているので最適な状態と言えます。

凝った筋肉をほぐす「頬マッサージ」

顔の1番高くなる場所で、筋肉が凝りやすい「頬」をマッサージしてあげましょう。特に顔体操を行った後が効果的です。両手の人差し指と中指、そして薬指を揃えて口の両端に当てます。そのまま大きく円を描くように、口角、小鼻、目の下、耳の下という順に指先を移動していき、最後に鎖骨へ流します。

表情筋をほぐしていくと同時に、リンパを流す効果があり顔全体がスッキリすることでしょう。力みすぎるとアザになったりと逆効果ですので、優しいタッチで行うのがポイントです。あまり強く押さえすぎると、シワの原因にもなるので要注意です。

リンパを流す「フェイスラインマッサージ」

面積の多い「頬」のマッサージの後は、ぼやけてしまいがちな「フェイスライン」のマッサージを行います。耳の下やあごの周りは、実はリンパの流れが滞りやすい箇所です。上手にリンパを流して、スッキリした「フェイスライン」を手に入れましょう。

軽く両手を握ったら、人差し指と中指の間にあごをはさみます。そして、あごの肉を引き上げるようにして耳の下までスムーズに滑らせます。その後は指の腹を使い、首筋を通り鎖骨にリンパを流してあげましょう。できればこの工程を数回繰り返すと、さらに効果があがります。滑りのよくなっているお風呂の時間がおすすめです。

体操とマッサージで手早く小顔ゲット!

元々の骨格は人それぞれですが、トレーニングやマッサージで小顔を手に入れられる場合もあります。

体操で筋肉をつけて、マッサージでコリをほぐしてリンパを流す。この工程を毎日たった1分行うだけでも効果が期待できます!皆さんも理想の小顔を手に入れて、さらに可愛い自分を演出してください。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

47



ページのトップへ