公開日:2017/06/15 

ウエストに効く!いつでもどこでも楽しく「ながら運動」

くびれのあるボディラインに憧れている女性も多いのではないでしょうか。しかし、美しいくびれを手に入れるためには、毎日の小さな努力の積み重ねが大切です。辛いトレーニングをしなくても、無理なく続けやすくてウエストに効く「ながら運動」についてご紹介します。

ながら運動の魅力を徹底解剖!

筋トレよりも気楽に続けられる

ウエストをくびれさせるためには、腹筋や背筋を鍛えることが大切です。ウエスト周辺にある筋肉が引き締まれば、筋肉が内蔵や脂肪を持ち上げてくれるので、キュッと引き締まった体へと変化が期待できます。

腹筋や背筋と聞くと、「やっぱり筋トレが必要か…」とがっかりする人もいるでしょう。しかし、筋トレの代わりに「ながら運動」をとり入れれば、気軽に無理なく筋肉を鍛えることができますよ。

ながら運動は、いわゆる筋トレといわれるようなエクササイズとは違い、比較的体への負荷が少ないという特徴があります。始めるハードルも続けるハードルも筋トレよりは低く、何かをしながらできるので、忙しい女性にもおすすめです。

必ず必要なアイテムがない

ながら運動の魅力は、「ついでにできる」ということだけではなく、運動をする前に必ず揃えるアイテムがないという点もポイントです。

たとえばランニングをしようと思ったら、ランニング用のウェアや靴などを購入する人もいるでしょう。しかし、いろいろ購入するうちに買うだけで満足してしまい、せっかく買ったアイテムが無駄になってしまったという経験はありませんか?時には、「購入したのに続けられなかった」とストレスがたまってしまうこともありますよね。

ながら運動では、決まったアイテムがなくても気軽に始められるので、今すぐにでもくびれを手に入れたいと思う人や運動用品にお金をかけたくない人におすすめです。

場所を選ばず運動できる

ながら運動の最大の魅力は、いつでもどこでもできるというところです。その名のとおり「何かをしながらできる運動」のことなので、何かと忙しいキャリアウーマンでも大丈夫です!思い立ったらすぐに始められますよ。

おすすめの運動方法は、それぞれのシーンで変わります。ここでは、仕事をしながらできる運動、テレビを見ながらできる運動、料理をしながらできる運動の3つをとり上げ、詳しくご紹介します。どのくらい気軽にできるのか、ぜひチェックしてみてください。驚くほど簡単にできるものばかりですよ!

誰でもできる!ながら運動3選

仕事をしながら「回転いすエクササイズ」

回転いすエクササイズは、回転椅子に座った状態でできるエクササイズです。ウエストの腹斜筋などを中心に鍛えることができます。やり方はとっても簡単です。回転いすに浅めに座り、右へ左へといすを回して体をひねるだけです。上半身は机と平行の状態を保つように意識すれば、より腹斜筋が刺激されるでしょう。

回転いすエクササイズのポイントは、背筋をピンと伸ばすことです。腰が前に倒れていても、猫背の状態でもあまりよくありません。背筋に1本棒を通すようなイメージで背筋をのばし、息をゆっくり吐きながらいすを回転させましょう。手の力ではなく腹筋で回転させるように意識すると、より効果的です!

テレビを見ながら「横腹トレーニング」

テレビを見ながらできるながら運動は、床に寝て、リラックスしながらできるエクササイズです。まず、体の側面が床につくように寝そべりましょう。体はテレビと平行になるようにすると、テレビが見やすくなりますよ。そして、体がぐらつかないよう手で支えながら、床についていない方の足をゆっくり上げ下げします。

足を上げる際には、お腹から力を入れるイメージをするとより効果的です。片足の上げ下げが楽にできるようになったら、次は両足をいっぺんに上げてみましょう。片足を上げる時よりも負荷が強くかかり、横腹の筋肉がよりしっかりと鍛えられます。筋肉痛になった場合は1日運動を休み、筋肉を作る時間にあててください。

料理をしながら「足上げ下げ運動」

ながらエクササイズは、料理をしながらでも可能です。この運動は、腹直筋を鍛えて下腹のたるみの解消が期待できます。やり方は、野菜を洗ったり煮込み料理で待っていたりする間に、足を上げ下げするだけです。

この時、膝が腰の位置までくるように高めに上げるのがポイント。ウォーキングする時よりも高く上げることで、腹直筋にダイレクトにアプローチできます。

慣れてきたら、上げ下げをゆっくりにし、腹筋に負荷がかかるようにしてみましょう。足を上げる際は、膝を前方方向に向けるだけでなく、斜め前や真横に向けて負荷をかけるのもおすすめです。膝が横に開けば開くほど腹筋にも負荷がかかりますので、より効果的にながら運動ができます。

ながら運動の強い味方!おすすめのアイテム3選

フラフープで楽しくエクササイズ!

ながら運動はアイテムが何もなくてもできる方法ですが、ちょっとしたアイテムをとり入れることで、より楽しく、より効果的に行えるようになります。その代表が、フラフープです。

フラフープは、肩幅くらいに足を開き、腰を少し回すだけで回すことができます。最初は上手にできないかもしれませんが、慣れてくると楽しみながらエクササイズができます。とても簡単にできるので、気軽にとり入れられるアイテムといえるでしょう。

楽しみながら少しずつ腹筋を鍛えることになるので、辛い筋トレが苦手な方にもおすすめの方法です。しかも、フラフープは一見簡単に見えて、実は腹直筋や腹斜筋など、さまざまな種類の腹筋を使います。

テレビを見ながら、音楽を聴きながら、気軽にできますので興味がある方はぜひトライしてみてください。

タオルでウエスト周りをギュっと引き締め!

タオルを使った運動もおすすめです。まずは、足を肩幅に開いて立ちます。次に、両手を伸ばして上に上げ、両手の間隔が肩幅くらいになるようにタオルをつかみます。この時、腕が顔の真横にくるようにしっかりと手を上げましょう。

そして、顔は前を向いたまま、ウエストから右や左にぐっと曲げてみてください。はじめは辛いかも知れませんが、慣れると体をのばすのが気持ちよくなりますよ。体をのばす運動は代謝促進も期待できるので、定期的に行うとよいでしょう。

この他にも、上半身を後ろの方へ倒して腹筋トレーニングをするのも効果的です。タオルはいろいろな使い方ができるので、ご自身で新しいエクササイズの方法を試してみるのもいいですね。

クッションでお腹周りの血行改善!

最強のながら運動といえば、クッションを使った方法です。方法はクッションを腰の下に敷いて寝るだけです。運動するわけではありませんが、クッションで腹部が持ち上がり、自然な腹式呼吸につながります。

腹式呼吸はインナーマッスルを鍛えるだけでなく、お腹周りの血流改善も期待できます。呼吸をするだけで脂肪燃焼効果が高まり、ウエストのくびれにアプローチできるという嬉しい呼吸法です。

仰向けの場合は腰の下ですが、横向きの場合は、脇腹の下にはさんでみてください。同時に足上げなどを組み合わせれば、より高いウエスト引き締め効果が期待できます。

ウエストに効くながら運動で楽しく「くびれ」をゲットしよう

  • ながら運動は、仕事や家事をしながらできる
  • ながら運動はシーンによって使い分けよう
  • 身近なアイテムを使って楽しくとり入れよう

ながら運動は、無理せずくびれを手に入れたい人には効果的な方法の1つです。アイテムを使ったり相性のよい方法で、きれいなくびれを手に入れましょう!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

66



ページのトップへ