公開日:2017/05/26 

アンコール!FURLAメトロポリスの著名人デザイン

2014年に発売されて以来、変わらない人気を誇っているFURLAのメトロポリス。芸能人やモデルにも愛用者が多いことで知られています。今回は、FURLAのブランドの歴史と著名人がデザインしたメトロポリスをご紹介します。

FURLAってどんなブランドなの?

画像引用:http://www.furla.com/jp/ja/global-company

全世界で愛されるブランドFURLA

FURLAは、ファッションの本場、イタリアのボローニャで生まれた皮製品のブランドです。はじめは卸売業者経由でのみ商品を販売していましたが、その後最初の直営店をボローニャのウーゴ・バッジ通りにオープンしました。こちらのお店は現在でも営業しています。

その後、ニューヨークやスペイン、東京、香港、中国にも直営フラッグシップストアを開店し、今では世界中で愛されるブランドに成長しました。商品の販売を行うだけでなく、イタリアの若手アーティストを支援する賞を創設しています。イタリアの若い芸術家を支援するための重要な賞に成長しつつあります。

ミラノの本社から発信される魅力

FURLAは、東京、ニューヨーク、香港、3つの都市に各地域を統括する本社を置いています。また、2015年には、世界中のファッショニスタが注目するミラノに、リコルディ宮殿を改装した統括本社ビルを構えました。

ミラノの本社では、FURLAの伝統的な技術とコンテンポラリーなデザインが融合したバッグや財布、ウォッチにいたるまで、オシャレな皮革製品が編み出され、世界中のFURLAファンを喜ばせています。

オリジナリティと芸術的なセンスがたっぷり漂う本社ビルは、環境認証評価のLEEDビル・テナント部門でゴールド認証される栄誉に輝いています。FURLAのモダンな中にもイタリアの精神が息づいた製品は、この本社ビルから世界へと羽ばたきます。

日本でのFURLA展開について

日本でのFURLAブランドは、1992年に東京都の青山に路面店を出店したことにより始まりました。現在はすでに日本法人が設立されて定期的に人員の採用が行われています。

日本でFURLAの一員になるということは伝統を重んずるイタリアのFURLAファミリーの一員になるということです。本社では経営理念を理解させる入念な研修が行われているようです。販売員も会社の価値観を充分に理解しているので商品の説明も納得のいったものになるのではないのでしょうか。

FURLAは外面をお洒落にする商品だけではなく、東京青山でヨガ教室も運営しています。お客様が外見だけではなく、ヨガを通じて内面も美しくなってほしいという気持ちの表れですね。

もっと知りたい、ときめきたい!FURLA

画像引用:http://jp.furla.com/store/furlajp/ja_JP/pd/ThemeID.38793700/productID.5081682400/categoryID.69657600

世界で愛されるFURLAのヒストリー

1925年にイタリアのボローニャで誕生したFURLA。アルド・フルラネットによって設立されました。設立当初は、卸売業者だったのですが、1955年に初めてのショップをボローニャに構えました。

FURLAの人気が上昇すると共に、店舗数も着実に増えて今では全世界に店舗を展開しています。イタリアの伝統的なクラフトマンシップが織りなす芸術的な商品は、現代の洗練された感性と見事に融合し、魅力あふれる製品が次々に生み出されています。

2017年にFURLAは創業90周年を迎え、ますます成長に向けての勢いを増しています。イタリア人ならではのカラフルな色使いと、オリジナリティあふれるデザインは世界中の人に愛されています。

FURLAのクラフトマンシップとは

イタリアが誇る伝統美と現代的な感性を融合させたFURLAの皮製品には、FURLAのDNAともいうべきクラフトマンシップが脈々と息づいています。

細かな部分にも丁寧なパイピングと一糸乱れぬステッチが施され、洗練を極めたバッグや財布、キーケース、アイウェアなどの製品を生み出しています。そうしたクラフトマンシップを根底におきながらも使いやすさを重視しているところが、FURLAが愛される理由のひとつです。

機能を追究しながらも、伝統的なイタリアの精神が織りなすFURLAの製品。作っている人の製品へのあふれんばかりの愛情や職人魂が感じられます。

FURLAが伝えるイタリアらしさとは

FURLAはバックだけではなく、財布、カードケース、サングラスなどの小物にも商品ラインアップを広げています。それらの製品を改めて見てみるとイタリアらしさが詰まっています。

イタリアは遠い昔にルネッサンスが起こった国です。ファッションについても非常に才能あふれたデザイナーが集まっています。イタリアらしさというのはひとことで言えば鋭い色彩感覚です。

地中海の青い澄んだ空と、緑のオリーブの木、パステルカラーの街並みなど、このすばらしい環境から鋭い色彩感覚を持つデザイナーが生まれたのでしょう。

FURLAの商品から感じられる原色の鮮やかな配色はあたかもイタリアの空の下にいるように感じられます。商品を手に持っているだけで気持ちがはずんでくるように感じます。

手に入れたい!キュートなメトロポリス

画像引用:http://www.furla.com/jp/ja/global-company

メトロポリスってどんなバッグなの?

FURLAのメトロポリスは、2014年に発売されて以来、芸能人やモデルの愛用者も多いミニバッグです。コンパクトなバッグは、カラーも豊富ですが、柄や動物の顔がモチーフになったものなど多彩に揃っています。

メトロポリス2017春夏コレクションは、自然界の動植物によって五感を刺激するようなデザインになっており、あたかもジャングルにいるような想像がかきたてられます。ジャングルの植物、蝶などが刺激的な色合いで描かれている独特なデザインです。

ファンタジーの森を描いたというメトロポリスは、コレクションしたくなるようにカラフルで、楽しいバッグです。毎シーズン違うデザインのミニバッグが発売されるのも愛用者にとっては嬉しいポイントです。

メトロポリスの口コミについて

メトロポリスを購入された方から数多くの口コミが届いています。その中で最も多い口コミは、良い意味でも悪い意味でもバッグのサイズが小さいということです。バックが小さいのでスマホと2つ折りの財布とハンカチくらいしか入りませんという口コミが目立ちます。

でもこのことに不満を感じているお客様はそんなには多くないようです。メトロポリスのバックのコンパクトさが「かわいい」ということで肯定的にとらえられているようです。

他の高評価の要因としてはバックの色ですね。他のメーカーの商品にはあまりみられないベージュピンクやモスグリーンの配色が好評のようです。

チェーンの長さについての評価も目につきました。身長が低い人だと肩にかけるチェーンが長すぎるといったものです。この点についてはオプションで調節できればよいでしょうね。改善が期待されます。

著名人デザインのメトロポリスって?

著名人がデザインしたFURLAのメトロポリスをご存じでしょうか。FURLAは、2017年に90周年を迎えます。それに先立ち2016年秋に、「FURLA アートパトロネージチャリティ」を開催しました。芸術支援を目的にしたチャリティープロジェクトです。

この時のチャリティー商品が、著名人とFURLAがコラボしたメトロポリスです。若い世代の方にも人気のある芸能人たちがデザインしたメトロポリスは、世界にひとつだけのメトロポリスとしてサイレントオークションにかけられました。

日本で始まったこのチャリティではフラップを付け替えて楽しむことができるメトロポリスが、総勢10名の著名人の手によってデザインされました。このチャリティオークションの売り上げは、全額原美術館に寄付されました。

FURLAはこれから伸びていくブランド

  • イタリアの伝統をベースに鋭い国際感覚を兼ね備えたブランド
  • 著名人にデザインさせる話題作りが巧み
  • 環境対策に配慮した本社ビルを全世界にアピール
  • コンパクトなメトロポリスは全世界で人気

既存のブランドとの違いを際立たせたFURLAのブランドは、日本でますます人気が出てくるでしょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

4



ページのトップへ