公開日:2017/05/26 

青汁を嘘みたいに美味しくする!超簡単なおすすめアレンジ方法

ずぼらな人にもおすすめの、すぐにできちゃう簡単な青汁のアレンジ方法。毎朝の習慣にほんのちょっと付け足すだけで、毎日の野菜不足を解消できます。お手頃価格で野菜不足を補えて、なんだかお得! 何種類も飲む必要がないので、サプリメントより楽で、簡単に続けられますよ。

野菜不足解消。毎日青汁を飲んで肌美人になろう

青汁は健康と美容の代名詞。でも、飲みにくい?

独特な香り、そして、青っぽい味。健康と美容にいいのはわかっていても、飲み続けるのはなんだか気が重く感じてしまうのが「青汁」です。

こんな風に思ったことはありませんか? お茶やジュースのように、もっと気兼ねなく飲めたらいいのに、と。そんな風に思っていたあなたのために青汁を飲みやすくするおすすめのアレンジ方法を集めました。手の込んだオシャレなものではなく、どれも今からすぐにできる簡単なものばかりです。

「でも、アレンジなんて面倒くさそう」

そう感じた方は、考え方を変えてみてください。例えば、毎朝入れるコーヒーのひと手間を青汁に使う。これだけで一日の健康が守られると考えたら、お得な気分になれるはず。実際に、コーヒーやお茶をいれる手間と変わらず、青汁をアレンジすることができますよ。

青汁はどんなものとも相性が合うから組み合わせ自由

青汁は飲みにくいと思っている人も多いようですが、最近の青汁は飲みやすいものが増えています。そして、いろいろな飲み物とも相性が良く味も違和感なくなじんでくれます。自分がよく飲む好きなドリンクに混ぜるだけで、青汁へのイメージがガラリと変わるほど親しみやすい存在になってくれると思います。

よく考えれば、青汁の素材は野菜です。だから、相性のいい飲み物や食べ物がたくさんあって当然ともいえますね。中には、青汁を使ってホットケーキを焼いて、おいしい3時のおやつにしている人もいるくらいです。ホットケーキは手間がかかりますので、ここではもっと簡単でおいしいアレンジ方法をご紹介していきますね。

甘味をプラスするなら黒砂糖がGood

青汁に甘みをプラスするだけでも味わいが変わって飲みやすくなりますよ。これが一番簡単なアレンジかもしれませんね。

健康を優先するなら白砂糖よりも、黒砂糖がオススメです。黒砂糖は天然の鉄分、カリウム、ビタミンなど健康には欠かせない栄養素を豊富に含んでいるため体にいいといわれています。

白砂糖に比べ黒砂糖は値段が少し高いですが、ちょっとした節約をすればまかなえる範囲。何となく食べてしまうカロリーたっぷりなおやつを1回我慢すればいいくらいのことです。もちろん青汁以外にもお料理全般に使えますよ。

青汁をいつものドリンクに混ぜるだけ!

ホットの緑茶や紅茶、コーヒーと一緒に

ここから、本格的な……といっても気軽にできるアレンジの方法を紹介していきますね。

まずは、普段飲んでいるお茶や紅茶、コーヒーに青汁をプラスする方法です。青汁は、どのドリンクに入れてもおいしいんですよ。混ぜて飲むなら粉末タイプがオススメ。お茶やコーヒーであれば、青汁にフルーツなどが混ざっていないものがいいでしょう。

紅茶ならフルーツタイプの青汁でもおいしく飲めます。この方法ならいつもの習慣を少し変えるだけなので、面倒に感じることもないのでは?

でも味の変化が心配……という人は、少しずつ混ぜるようにし、どれくらいの加減がいいのか調整してみましょう。きっとお気に入りの分量があるはずです。

ヨーグルトや牛乳、豆乳などの乳製品と

青汁は乳製品とも相性抜群です。オススメなのはドリンクヨーグルトに青汁をまぜる飲み方。バランスのとれた甘さが残るので、スッキリとしていて爽やかに飲むことができます。野菜不足も解消され、腸の状態も整えられるので一石二鳥。もちろん、普通の食べるタイプのヨーグルトと混ぜてしまってもおいしいです。

他にも、牛乳や豆乳でもおいしく飲めます。青汁によっては、抹茶っぽい味わいになるものもあります。青汁1回分をグラス1杯(180cc~200cc)の乳製品で溶かすのが適量です。

ぜひ、自分の中のベストを楽しみながら探してください!

ちなみに、粉末青汁は冷たい飲み物には溶けにくいことがあります。そんな時は、少量のお湯で溶かした後に混ぜるといいですよ。

りんご、オレンジなどの果物と合わせてサッパリ

野菜とフルーツの相性は抜群!すでに、この2つを混ぜたフルーツ青汁系の商品も登場しているほどです。市販されている100%のジュースと青汁をまぜるだけでスーパードリンクの完成。ジュースの味がしっかりするので、野菜嫌いのお子さんでも喜びそうです。ジュースの種類をかえれば毎日飽きずに飲むことができます。

純度の高い天然ジュースと青汁を選べば、ミキサーいらずのスムージーといった印象に仕上がります。栄養面から見ても、スムージーと変わらないかも。

野菜とフルーツをバランスよく毎日摂取することで、健康美人を目指していきましょう。

アレンジ青汁でダイエットに挑戦

市販のスープに混ぜてもおいしい

普段からお腹が弱いと感じている人は、温かいものと混ぜるといいでしょう。

例えば市販のスープに混ぜてもおいしいですよ。パウダータイプのスープなら、最初に青汁パウダーも入れてしまい、お湯を注ぐだけの簡単さ。いつもと違った味わいも楽しめそうです。すでに液体になっているスープの場合、温めた後に混ぜる方がとけやすいようです。

もちろん、自分で作ったスープに入れてもOK。野菜が少ない献立でも、青汁スープを加えれば、バランスが取れたメニューになりそうです。

腹持ちがいいから、置き換えにも

青汁は野菜ですから、ダイエッターの強い味方にもなります。スープに混ぜると腹持ちがよくなるので、空腹に負けそうなときには、青汁入りスープを飲むのがいいかもしれません。

青汁は栄養バランスがよく、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているものが多いので、ダイエット中におこりがちな肌荒れや薄毛の心配もしなくてよくなるかも。そのため、置き換えダイエットをしたい人は、アレンジした青汁を使うと満足感もあっていいですね。

青汁は種類も豊富で個性的

青汁にはいろいろな個性があるものが増えています。ダイエットにピッタリの腹持ちがいいタイプや、青臭さを感じないようにしたタイプなどもあります。

原料も、ケールや明日葉、桑葉などがあり、それによっても味わいが違います。また、フルーツを混ぜたものや他の野菜を混ぜたものもあるので、味のレパートリーもいろいろ。

アレンジするものとの相性で、中にはイマイチかなと感じるものもあるかもしれませんが、アレンジ方法を変えることでおいしい飲み方が見つかるでしょう。ぜひ楽しみながら、いろんなアレンジ青汁に挑戦してみてくださいね。

深刻だった野菜不足とこれでサヨナラ

青汁はまさに「飲む野菜」です。肌荒れやニキビに悩んでいる、お腹や気分がスッキリしない、ダイエットを成功させたい、そんな女性の悩みすべてを解決してくれるのが青汁です。

  • 青汁が苦手な人でも、アレンジをすればおいしく飲める
  • 基本はドリンクなどに混ぜるだけでOK
  • いろいろ試して、自分の好きな味わいを楽しみながら探しましょう

これまで青汁が苦手だなと思っていた人も、ぜひこの機会に、お気に入りのアレンジ青汁探しに挑戦してくださいね!

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

46



ページのトップへ