公開日:2017/05/26 

美脚エクササイズとは?足の冷えを改善して美脚を叶える!

足が冷えてしまうという悩みをお持ちではありませんか?足の冷えは体の不調を招くだけでなく、美脚を遠ざける原因にもなってしまうので、早めの対策が必要です。足の冷え改善に効果がある美脚エクササイズで悩みを解消し、憧れ美脚を手に入れましょう!

女性に多い足の冷え、その原因は?

運動不足なら筋肉量の少なさが原因かも!

筋肉の主な働きの1つに「熱を生み出す」というものがあります。女性に冷え性が多いのは、男性と比べ筋肉量が少ないためとも言われています。一口に足の冷えと言っても、冷えやすい場所とそうでない場所があるのもこのためです。例えば太ももは大きな筋肉があるため冷えにくいのですが、膝下には小さい筋肉しかないため、より冷えやすくなっています。

現代社会では階段の昇り降りをしたり、長い距離を歩いたりする機会が少ないため、膝下の筋肉が鍛えられていないことがほとんどです。その上運動不足が重なると、さらに筋肉量が減少して熱を十分に生み出せなくなってしまいます。足の冷えの原因が筋肉量の少なさにある場合、運動によって筋肉量を増やすことで冷えの改善が期待できます。工夫して筋トレなどを生活の中に取り入れると良いでしょう。

血行の悪い足先、更に締めつけていませんか?

足は心臓から遠い位置にあるため、体の中心部に比べてどうしても血流が悪くなりがちです。その上、寒い環境では熱が逃げるのを防ぐために血管が収縮するため、ますます足先の血行は悪くなってしまいます。熱は血流によって全身に運ばれていますので、血行が悪くなると、あっという間に足が冷えてしまうのです。

足先などの元々血行が悪くなりがちなところに更に締め付けを加えてしまうと、重度の足の冷えを招いてしまうこともあります。注意が必要なのが、補正下着や着圧タイツ、つま先の細い靴、ハイヒールなどです。足の冷えを防ぐために重ね履きした靴下やレッグウォーマーでかえって足の冷えを招いてしまうケースもあります。できるだけゆったりしたものを身に付けて、血流を妨げないように心がけて下さいね。

ストレスが原因で冷えが起こることも!

日々の生活を送る中で、私たちはたくさんのストレスに晒されています。ストレスに晒され続けていると自律神経の働きに乱れが生じて、体が冷えやすい状態になることもあります。

そもそも自律神経は体の様々な機能を調整する役割を持っています。血管を拡張させたり、収縮させたりして血流をコントロールするのもその一つです。強いストレスを受けた場合、興奮時や緊張時に優位になる交感神経の作用で血管が収縮して血流が悪くなってしまいます。血管の収縮が起こると、元々血管の細い体の末梢部分にまで熱が運ばれなくなってしまうので、冷えやすくなってしまうのです。

ストレスによる冷えの問題点は、本人が原因に気付にくいという点にあります。知らないうちに冷えを溜めこむ生活を送ってしまうケースもあるため、注意が必要です。

ショック!足の冷えが美脚を遠ざけていた?

ずっしり重い、むくみ足を招く!

長時間立ち仕事をした後に足がパンパンにむくんでしまった……という経験がある方は多いのではないでしょうか?これは、ふくらはぎの筋肉が重力に逆らって心臓に血液を押し戻す「筋ポンプ作用」がうまく働かなくなることによって起こります。筋ポンプ作用が低下すると、静脈血が足に滞った状態になり、むくみを生じます。

実は足の冷えによっても、これと似た理由で足のむくみがおこります。足の冷えは、多くの場合、足先の毛細血管の血流が悪くなることで生じます。血液の流れが滞ると、血液中の水分が血管やリンパ管から滲み出して足の皮膚の下にたまってしまうので、むくんでしまうのです。冷えとむくみは同時に起こりやすく、お互いを悪化させる原因になりますので、早めに解消しておくことが大切です。

しつこいセルライトの原因にも!

足が冷えた状態というのは、下半身の血行が悪くなって代謝が落ちている状態と同じこと。この状態が続くと、体に脂肪や老廃物を溜めこみやすくなり、「太りやすく、痩せにくい」体質になってしまいます。溜めこまれた脂肪はなかなか温まりにくいという性質を持ちますので、下半身の冷えを助長させてしまうこともあります。

さらに、体外に排出されずに留まっていた老廃物と冷えた脂肪が結びつくと、美脚の大敵セルライトの原因になってしまいます。セルライトはデコボコした見た目が気になるばかりではなく、普通の脂肪に比べて落としにくいという厄介な存在。太もも太りの大きな原因となりますので、冷えを防いで予防に努めたいものですね。

足の傷やあざが残りやすくなる?

冷えは体質だから……と、足の冷えを放置していると、思わぬところに影響が出る場合があります。例えば、いつの間にかできてしまう足のあざ。これは、冷えによって収縮した血管にむりやり血液が流れ込もうとして、毛細血管を破ってしまうことで生じます。

また、冷えた足はあざができやすいだけでなく、治りにくいというのも特徴です。これは血行の悪さや代謝の悪さが原因で、あざだけでなく傷あとなどの治りも悪くしてしまいます。代謝が低下すると、当然ながら肌の再生も遅れてしまいます。再生が行なわれず古い角質が溜まると、肌が固くなったり、くすみやシミが増えたりします。

ツルスベ肌の美しい足の魅力を保つためにも、足の冷えは解消しておきたいものですね。

おススメの美脚エクササイズは?

ふくらはぎを引き締める「かかと上げ」

足の冷えによるトラブル改善に効果的なのが、ふくらはぎの筋肉を鍛える「かかと上げ」です。このエクササイズを継続して行うと筋ポンプ作用が向上して足の血流が改善するため、冷えの解消に役立ちます。また、むくみなどの改善や、引き締まったふくらはぎを作るのにも役立ちます。

準備するものは小さな段差。厚めの雑誌や低い台、階段などを利用しても構いません。この段差につま先だけ載せた状態で立ち、かかとが浮いている状態にします。体がふらつかないように壁やいすなどに手をついて、背筋を伸ばしたまま、かかとをゆっくり上げ下げしましょう。この方法がきついという方は、少し負荷を減らして平らな床でかかと上げを行っても構いません。フォームが崩れない程度の適度な負荷で行うのがおすすめです。

足全体をバランスよく締める「スクワット」

足の血行を改善して代謝を向上させるには、熱を生み出す元である筋肉を鍛えることが大切です。お尻から太ももにかけては大きな筋肉がついていますので、スクワットによってこれらを鍛えることで、より多くの熱を生み出しやすくなります。スクワットは足全体を引き締めてバランスの良い美脚に導くだけでなく、痩せやすい体作りにも効果的です。

まず両足を肩幅より少し広い程度に開いて立ちます。次に、腰を後ろに引くようにして沈めていきます。椅子にゆっくり腰かけるようなイメージです。この時、膝がつま先より前に出ないように注意して下さい。そこから反動をつけずにゆっくりと膝を伸ばし、元の姿勢に戻りましょう。最初は壁などに手をついても構いません。10回1セットの3セットを目安にできる範囲から行って下さい。

美脚エクササイズの効果を高めるには?

かかと上げやスクワットは、主に足の筋肉を鍛えることで冷えを改善し、美脚を手に入れることを目的としています。これらの美脚エクササイズの効果をさらに高めるためにおすすめしたいのが、足の筋肉のストレッチです。こわばって血行不良になっている筋肉を柔らかくほぐすことで血流が良くなり、より代謝も向上しやすくなります。

また、日常の生活の中で積極的に体を動かすことも大切です。例えばエレベーターではなく階段を使ったり、少し遠くの店まで歩いてショッピングに行ったりするだけでも運動量を増やすことが可能です。軽い運動はエクササイズで培った筋肉の量を保つだけでなく、気分転換やストレス解消にも効果があります。

美脚エクササイズで冷えを解消!

足の冷えを放置すると様々なトラブルの原因になります。体質だからと諦めていた方も美脚エクササイズで冷えを解消し、美しい足を手に入れましょう!

  • 生活習慣によって足の冷えを助長していることも
  • 足の冷えを放置すると、美脚から遠ざかる
  • 美脚エクササイズのおすすめはかかと上げとスクワット
  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

291



ページのトップへ