公開日:2017/06/15 

生理に合わせて賢くダイエット?その秘密を教えちゃいます!

どうせ生理とつき合うのなら、このリズムに乗ってちゃっかり痩せてしまおう!そしてついでに生理の辛さともバイバイできるかも?!毎月の悩みから楽しみへと転換のチャンス、その方法を紹介していきます。

あなたの生理周期、理解していますか?

時期によって痩せたり太ったり?!

生理の周期によって体重に変化が見られ、体質に違いが出ます。ですから、その仕組みを理解した上でダイエットを行うとダイエットを効果的にすることができるのです。

引用元:【医師監修】ダイエットには生理周期が関係する!ホルモンバランスとダイエットの関係を考える | ヘルスケア大学

生理前には黄体ホルモンが増加し、その結果食欲が増し、甘いものが無性に食べたくなり、イライラしたり、怒りやすくなるなど、不安定な状態に陥りがちです。一般的に、太りやすいのはこの時期であるといわれています。

そして生理後、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増加します。実はこの2種類の女性ホルモンは、脂肪の燃焼に大きく関係しているのです!この作用を利用してこの時期に特に積極的に運動をすると、効果が出やすいというわけなのです。

周期をつかむその前に覚えておきたいこと

生理の周期をつかむには、まず健康第一の生活を心がけましょう。安定したリズムの生理周期を得るためには、身体も心も健やかに過ごすことがポイントになります。不規則な生活や過剰なダイエットの結果、心身ともにストレスの影響を受け、ホルモンのバランスが大きく乱れると、頑張って落とした体重も簡単に戻ってしまうことに。

安定した周期=女性ホルモンのバランスが保たれている状態を把握することこそが、生理ダイエットへの第一歩なのです!栄養をとり、気持ちよく運動をし、リラクゼーションで心をいたわり、質の良い睡眠をとりましょう。

そうはいっても不順なんです

十分に健康的に快適に過ごした!と自分では思っていても、生理だけは順調にいかないという方も多いのではないでしょうか。このような方は、毎日基礎体温を測り記録をしてみることから始めてみましょう!現在は、便利なスマホの記録アプリなどもたくさん見られますので、ぜひそれらを利用して、楽しく長く続けられるようにしましょう。

不順だからといってあきらめず、まずはチャレンジすることが大切です。ダイエットだけに焦点を合わせるのではなく、自分のホルモン状態を理解するということ、健康状態を管理することと考えて始めてみるのもいいかもしれませんね。

生理周期、それぞれにどんな特徴があるか知ってる?

生理開始からの7日間

一般的であるといわれている28日周期を例に、3つのサイクルに分けて説明をします。まずは生理の最初の7日間。頭痛や腹痛に悩まされていたり、経血の量も多い間は無理は禁物です。この時は食欲が落ちている場合もあるでしょう。無理にダイエットを意識せず、リラックスを心がけてくださいね。

身体を冷やすと血行が悪くなり、痛みが悪化する原因にもなりますので、注意して身体を温めるようにしましょう。同じ姿勢でいることも負担がかかりますので、適度に姿勢を変えることもお忘れなく。そのうち身体が楽になってきたら、むくみとりにも効くストレッチから始めて、徐々にエクササイズを取り入れていきましょう。

生理終了後から排卵日までの7日間

やってきましたダイエットチャンス!苦しい日々を乗り越えて、身体も楽になり、脂肪燃焼に最適の期間はズバリここです!1番効果的なのはやはり運動。普段面倒くさいと避けている方も、考えてみれば1ヶ月のうちのたった7日間のチャンスなのですから、ここは存分に利用してみるべきでしょう。

脂肪燃焼に一役かっているエストロゲンが多く出ているこの時期に、意識して筋肉を刺激することで、身体の引き締め効果も期待できます。部分的にストレッチと筋トレを合わせた運動を行うことをお勧めします。

そして肝心なのは食事です。運動をしているのですから、エネルギーを補給しなければ続きません。特に運動後は、炭水化物とタンパク質をとるようにし、筋肉の成長を助けましょう。

排卵後から次の生理開始前までの14日間

心身ともに最も不安定な時期です。実際身体には、胸が張る、頭痛、腰痛、腹痛など様々な変化が表れています。精神的にも、憂鬱であったり、イライラしたりと不安定な症状が見られます。

新陳代謝が最も悪くなるときですが、それなのに食欲は旺盛になったりと、ダイエットをするには非常に厳しい時期といえます。ここを上手に乗り越えることが、ダイエットが成功するかどうかのポイントとなります。

甘いものへの欲求も高まりますが、無理に我慢してストレスまでため込まないようにしましょう。チョコレートも少しぐらいは大丈夫。カカオ成分の多いものを選ぶなど工夫を心がけましょう。また、お通じが良くなるように食物繊維をとることもお忘れなく!

リバウンドが怖い!生理痛もヘビー!そんなあなたに

精神的不安定を乗り越える!

ホルモンバランスの乱れから起こる情緒不安定、憂鬱状態。これを気軽に緩和できる方法を一部ご紹介します。

  • おへそから指4本分下の場所をゆっくり押しましょう。下腹部が温まるツボです!
  • 好きな香りでアロマテラピーを楽しみましょう。色々な種類と異なる効果を持つアロマでリラックス!
  • 好きなことをしましょう。映画、音楽、漫画を読む。痛い、辛いから気持ちを切り離して!
  • 栄養の偏りに注意しましょう。ミネラル、ビタミンE、脂肪酸をとることを心がけて!サプリでも大丈夫
  • 小腹が空いたら、ナッツや野菜をとるようにしましょう!

冷えと闘い乗り越える!

冷えると身体どうなるのでしょうか?血行が悪くなり子宮の動きも弱まります。そうすると経血がうまくいかず、子宮を収縮させる働きをするホルモンが、そのまま骨盤の中にとどまってしまい、痛みを引き起こすこととなります。

まず外から温める手段としては、カイロや湯たんぽで仙骨の辺りを温めると、下半身全体を温めてくれます。可能であればゆっくりと半身浴も良いでしょう。生姜紅茶など身体を温める飲み物もお薦め!下腹部に毛布をかけたり、足元は靴下やスリッパで保温しましょう。そしてじっとしているだけではなく、ストレッチなどで身体を動かし、血液の循環を助け、内側から温めるのも効果的です。

専門医に相談、治療する!

生理前や生理中の不快な症状があまりにもひどい場合は、お薬を処方してもらい治療することで、不毛なリバウンド防止への効果も期待できます。これは実に個人差の激しいものですので、決まった方法というものはここではアドバイスは困難なのですが、心配であれば一度正式に病院や薬局に相談をしてみるのが1番です。

お薬には、低用量ピル(ホルモンバランスの調整)や、漢方薬があります。ピルには即効性がありますが、副作用も視野に入れる必要があります。低用量ピルが合わないという方は、漢方薬を調合してくれるクリニックで相談をしてみるとよいでしょう。漢方薬には症状緩和のほか、体質改善の効果も含めて調合してもらえたりもできますので(要相談)、ゆっくりと徐々に効果を上げていきたいという方にはぴったりです。

あなた自身を上手にコントロール

  • 生理周期を知って痩せやすいタイミングをつかもう
  • 精神的不安定な時期を乗り越えよう
  • 体を冷やさないようにしましょう

生理とうまく付き合っていく、1つの手段としてのダイエット。ただ痩せるためだけではなく、体質改善への効果も期待できます。何よりあなた自身が輝くために、自分の生理について理解、管理することが大切です。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

243



ページのトップへ