公開日:2017/05/25 

お茶ダイエットは種類によって効果が違う?目的別にみるおすすめ商品

『お茶ダイエット』は、日常生活の中で意識してお茶を飲むだけの簡単なダイエット方法です。

それぞれのお茶に含まれる成分や購入方法、どんな時に飲むのが効果的なのか、気になる情報をまとめました。ダイエットのサポートにお茶を取り入れてみましょう。

お茶ダイエットは種類で効果が変わる?

『お茶』には、たくさんの種類があります。それぞれに味や香りに大きな差があり、成分も異なります。そのため、ダイエットにお茶を利用するなら、『種類選び』も大切です。

目的に合わせたお茶選びをするには、まずお茶の成分について理解を深めましょう。よく飲まれているお茶や、成分を紹介します。

成分によって効果が分かれる

たとえば、日本人が日常的に飲む『麦茶』は、大麦を焙煎したものです。麦茶には、カルシウムやカリウムなどのミネラルが含まれます。

健康飲料として注目を集める『烏龍茶』は中国茶の一種で、カリウムやカルシウムの他に、少量のビタミンも含まれることが特徴です。

烏龍茶には特有の『烏龍茶ポリフェノール』も含まれ、カフェインやタンニンが摂取できます。食物繊維やマグネシウムを豊富に含むお茶はダイエットにも最適です。

お茶ダイエットの種類と選び方は?

お茶ダイエットを考えている場合、いくつかの種類に分類ができます。食生活や悩みに合わせて、自分に合うお茶を選びましょう。

脂肪が気になる人向け

ついてしまった脂肪を燃やしたい人や、身体に脂肪がつくのを避けたい人におすすめのお茶は、『ごぼう茶』『ルイボスティー』『烏龍茶』の3つです。

脂肪の分解や燃焼を助けてくれる成分は、ポリフェノールやサポニン、カフェインなどです。サポニンを含むごぼうを使ったごぼう茶、ポリフェノールを含むルイボスティーや烏龍茶は脂肪が気になる人におすすめです。

脂っこいものが好きな人向け

中華や揚げ物など、油を使う料理が好きな人には『中国茶』がおすすめです。脂肪吸収をゆるやかにしてくれる成分を取り入れるようにすれば、油分の多い料理もすっきり食べられます。

『烏龍茶』や『プーアル茶』には、脂肪吸収を抑える『ポリフェノール』が含まれています。脂っこい中華料理にも合う味で、飲みやすさも魅力です。

お腹の調子を整えたい人向け

お腹の調子が気になる時は、『食物繊維を含むお茶』が向いています。お茶に含まれる食物繊維は水溶性食物繊維で、お腹にも優しい成分です。

食物繊維は、野菜や豆類に含まれます。特に、『ごぼう茶』や『黒豆茶』『コーン茶』には食物繊維が豊富です。

成分をそのまま抽出できるお茶は、水溶性食物繊維がしっかり含まれています。含有量は個体差もあるため、商品の成分表などもチェックしておきましょう。

お茶ダイエット種類別の飲み方

一般的に、お茶は水分補給や栄養補給に使われるものです。薬のように飲み方が決まっているわけではありません。

好きな時に飲んで構いませんが、ダイエットを意識している場合は、食事や運動と合わせて飲んだ方が良いケースもあります。ダイエット向きのお茶は、どんな時に飲むのが効果的なのでしょうか?

食事と一緒に飲むといいお茶

『食事と一緒』に飲んだ方が良いお茶は、脂肪の吸収をゆるやかにしてくれる成分を含むものです。該当する主なお茶を紹介します。

  • 烏龍茶
  • ルイボスティー
  • プーアル茶

ポリフェノールが豊富に含まれるお茶は、食事と一緒に飲むことで余計な脂肪吸収を避けたい時に向いています。しかし、脂肪をすべて分解してくれるわけではないので、脂っこい料理を食べる時のサポート役としておすすめです。

運動する前に飲んだほうがいいお茶は

『運動前』に飲むのがおすすめなのは、脂肪燃焼を助けてくれる成分を含むお茶です。

  • 緑茶
  • 紅茶
  • ごぼう茶

カフェインやサポニンなどは、脂肪燃焼を助けます。運動前に飲むことで、運動による脂肪燃焼とお茶に含まれる成分の助けが重なるためおすすめです。

カフェインには1日の摂取上限があり、お茶以外にもコーヒーや食べ物にも含まれます。たくさん摂れば良いものではないので、他の飲料や食べ物との兼ね合いを考えて取り入れましょう。

飲むだけでダイエットになるお茶の種類は?

『お茶を飲むだけでダイエットになる』なら、運動や食事制限もせず痩せられるのでとても楽です。お茶の種類によっては、飲むだけでダイエットになるのでしょうか?

飲むだけでは痩せない。あくまでサポート

種類にかかわらず、お茶は『薬』ではありません。カフェインやポリフェノール、食物繊維などを効率的に取り入れるための『飲料』です。

分によってはダイエットのサポートになりますが、飲めばどんどん痩せるわけではありません。食事の見直しや運動なども必要です。

ダイエットの手助けにお茶を利用するのは、手軽なのでおすすめです。しかし、どんな場合でも痩せられるものではないので注意しましょう。

杜仲茶が注目されている

日常的に飲むお茶にはいろいろ種類がありますが、最近『杜仲茶(トチュウチャ)』がダイエットサポートに向いていると注目されています。杜仲茶は中国茶の一種です。

杜仲は古くから中国に自生している植物で、分類上同じ系統の仲間を持たない珍しい樹木です。

他の植物にはない『アスペルロシド』や『ゲニポシド酸』などの独自成分を持つことが特徴で、日本でも漢方茶として販売されています。

ミネラルやビタミンCなどをバランスよく含み、ダイエット茶として話題です。杜仲茶に含まれるゲポニシド酸には血圧を下げる作用もあり、ダイエットのサポート役として注目されています。

お茶ダイエットの種類別購入方法

ダイエット向けのお茶は、どこで買えるのでしょうか。種類別に購入できる主な場所を紹介します。

一般的に飲まれている緑茶や烏龍茶などは、スーパーやコンビニで購入できます。漢方茶などを買うなら、ドラッグストアや漢方薬局などもおすすめです。

身近な店舗でお茶の種類が少ない時や、1箱の量が多い場合は通販でも販売されていますよ。

トクホ商品もコンビニで買える

コンビニではさまざまな『ペットボトル飲料』を取り扱っています。ダイエットや健康志向の人におすすめの『トクホ』商品も購入可能です。

トクホは『健康に良い作用が認められる食品』を使用し、安全面や健康に対する一定の作用に関する国の審査を通ったものです。

トクホ商品として認められたものは、認可マークがついています。薬のように病気が治るものではありませんが、健康に良い面があると認められている商品です。

通販なら口コミもわかる

ダイエット向けのお茶で、飲んだことがないものを購入するケースもあります。ごぼう茶や杜仲茶など、味が気になるお茶も多いのではないでしょうか。

お店で箱買いすると、味が苦手で飲めなかった場合、処分しなければなりません。味や効果が気になる時は、すでに購入した人がレビューや口コミを残している通販サイトがおすすめです。

『苦くて飲めない』や『お腹がゆるくなった』など、ある程度味や効果が推測できる口コミも多数見られます。あまりなじみのないお茶を買う時は、事前にチェックしておくと失敗が少ないでしょう。

通販では珍しいお茶も取扱があります。変わったお茶を試す時は、通販の利用も考えましょう。

自分にあったお茶ダイエットの種類を知ろう

お茶を利用してダイエットするなら、『自分が飲みやすいもの』と『体質やダイエットの目的にあったもの』を選ぶことが大切です。人気のダイエット茶の成分や味を確認して、自分に合うものを探しましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

55



ページのトップへ