公開日:2017/05/24 

目元のくすみどうカバーする?目元に透明感の出るハイライトの3つの入れ方

目元は顔の中でも目立つ部分ですよね。だからこそくすみは気になってしまいます。メイクでの対処法はコンシーラーでカバーすることですが、それプラスハイライトを効果的に使うことで、さらに目立たなくして透明感のある目元に仕上げることができます。

目元のくすみの原因とは?

目の酷使や睡眠不足で血行がよくない

目元をよく見ると血流が見えるほど、皮膚が薄いのがわかりますよね。目元の皮膚は、お肌の3分の1程度で角質層の厚みは0.02mmくらいしかありません。目を酷使したときや睡眠不足などで血流が滞っていることが多いので、目元のくすみが気になってしまうことがあります。

こんなときには血流を促進させてあげるために、ホットタオルを目にあてたり、ツボマッサージをしたりしましょう。手軽にケアするならアイマスクを使って温めてあげるのもオススメです。目元の血のめぐりをよくしてあげたら、その後の保湿も忘れずに行なってくださいね。アイクリームや美容液を使ってたっぷり保湿して、お肌をいたわってあげましょう。

お肌全体や目元への刺激と乾燥

目元の皮膚には皮脂腺がないことをご存知でしょうか?そのため、お肌にうるおいを保つことが難しい部分なので、保湿して保護してあげる必要があります。外部からの紫外線や冬の季節ならではの乾燥対策は万全にしてあげたいですね。

スマホやパソコン、テレビなどを長時間使用しているときは、目の疲れが出てくるために、目の周りの乾燥が発生しやすくなります。まばたきの回数を意識的に増やしてあげたり、休憩を挟んだりして、目を休ませてあげることも大切です。

また、紫外線吸収剤などを含まないノンケミカルタイプの日焼け止めを塗ることや、朝晩のスキンケアでの保湿をするなど、日頃から行なっていくといいでしょう。

加齢による肌老化と筋力低下

皮膚の70%はコラーゲンが占めています。加齢によってそのコラーゲンが30歳を過ぎた辺りから急激に減少してくるため、お肌にハリや弾力を感じられなくなってきてしまいます。皮膚はお肌にハリや弾力を与えるコラーゲンとエラスチン、水分を1g当たり6,000ml保持するヒアルロン酸の3つで構成されています。

そのうち1つのコラーゲンが減少することによって、他の2つも連動して減少してしまうために、肌老化としてたるみやしわ、そしてしわが重なりあってくすみといった現象が出てきます。また目の下の筋肉の衰えが原因で眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる脂肪が目立ってくることがあり、これがくすんだように見せてしまっていることがあります。

目元のくすみをカバーするハイライトの入れ方3つ方法

方法1:目頭の下側と目尻に入れる

うっすらとした「くすみ」であれば、コンシーラーを使わずにハイライトの光効果を利用してカバーしてしまいましょう。目の下のところに3回くらいに分けてブラシで目頭から目尻に向かって入れていきます。使うブラシは細めでも太めのものでもどちらでもOK。

またこのときに目尻にもハイライトを入れます。こうすることでナチュラルな仕上がりになりますよ。ハイライトを目の下と目尻に入れることで、目元のくすみを光の反射で飛ばしてしまうだけでなく、パッと明るい表情にも仕上げてくれるので一石二鳥の効果が期待できます。ただし、ハイライトを入れすぎないように加減しながら行なってくださいね。

方法2:ファンデーションの後に入れる

ハイライトを目元にも入れているでしょうか?Tゾーンやあごには当たり前に入れているハイライトですが、小鼻の横やCゾーンと呼ばれる目尻の周りにも、しっかりとハイライトを入れてあげてください。目元のくすみがハイライトの光反射効果でぼやけてしまいますよ。

ハイライトはメイク後のラストに入れることが多いですが、そうするといかにも付けたのが分かってしまいます。もしのせるなら、ファンデーション後がベストです。チークやアイシャドウによってハイライトが馴染むので、「のせました感」が軽減され、より自然な仕上がり感になりますよ。

方法3:頬骨の高い位置にも入れる

目元全体のくすみが気になるときは、ハイライトを上まぶたから目尻にかけて、そして頬骨の高い位置にもつけてあげます。時間のないときの時短メイクとしても利用できますよ。アイシャドウなしでもハイライトの光効果で、つややかな目元に。ハイライトはパウダー状タイプ、クリームタイプがあるので、その時々で使い分けてもいいですね。

撮影用によく使われるのはホワイトのハイライトですが、わたしたちアジア系のお肌にしっくりくるハイライトカラーはホワイト系よりも黄色なんです。お肌に馴染みやすいので、もし手元に黄色系のハイライトがなければ、黄色のパール感のあるアイシャドウを代わりに使うのも1つの手です。

口コミで評判のオススメハイライト5選

クレ・ド・ポーボーテ|レオスールデクラ

プレストパウダー商品ですが、11番はハイライトカラーとして有名です。何色も使われているので、見るからに煌びやかなイメージが漂いますが、お肌にのせてみるとナチュラルで透明感が感じられる仕上がりに。ひと塗りでパッと発色し、テカらずに品のある輝きを得られます。色持ちもいいので、朝つければ夕方まで程よくキラキラが持続するのも嬉しいポイントです。

クレ・ド・ポーボーテ レオスールデクラは、光を味方につけるハイライト。ふわっとしたつけ心地でどの角度からお肌を見てもキレイな仕上がり感に。「これ以上のハイライトにこの先出逢えるのだろうか…」という口コミもあるほど11番はハイライトとしてオススメです。

参考価格:8,000円(税抜)

M・A・C|ミネラライズスキンフィニッシュ

アットコスメでの口コミ評価が5.8のM・A・Cミネラライズスキンフィニッシュ。口コミで定評のあるハイライトで、しっとりキラキラ感があってお肌に馴染みやすいのが特徴です。「ツヤ感のあるお肌や、立体感のある顔を作り上げたい!」そんな願いを叶えてくれるアイテムです。ハイライトとして使ってもいいですし、アイシャドウのベースとしての利用もOK!チークの境目に使ってより立体感を出してもいいでしょう。

マクロパールとマイクログリッターの両方を使っているので、ゴージャス感漂う仕上がりに。オフィス仕様で使うなら、サラッとひと塗り、お出かけで使うならちょっと多めに。ハイライトのつけ方を楽しんでみてください。

価格:4,200円(税抜)

プチプラ人気はこちらの3商品

セザンヌ|ハイライトスティック

スティック状なので塗りやすいハイライト。いつものスキンケアを済ませてから、ハイライトスティックを塗ります。そしてファンデーションやBBクリームをつければ自然な仕上がりに!

価格:600円(税抜)

キャンメイク|クリームハイライター

細かいラメが人気の秘密。ツヤ感のあるお肌をGETできます。肌馴染みがいいので、メイクはほとんどよれません。

価格:600円(税抜)

キャンメイク|グロウフルールハイライター

しっとり感のある粉質なので粉っぽくなりません。微細なラメがお肌に程よくのるので、ツヤっぽいお肌に!

価格:800円(税抜)

目元のくすみカバーでハイライトを有効利用してみよう

  • 目元のくすみの原因を知ろう
  • ハイライトを使っての目元のくすみカバーの方法をマスターしよう

目立ってしまう目元のくすみをどうカバーするか?できることなら根本的な原因を取り除いて解決するのがいいのですが、なかなかそうもいきません。そんなときにハイライトを上手に利用してみましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

75



ページのトップへ