公開日:2017/05/26 

オイル美容の効果に注目!正しい使い方と保管方法で叶える美肌力

肌に潤いを与えるのに効果的なオイル美容を知っていますか?べたつく印象から、オイルは扱い方が難しいと感じる人もいるでしょう。

しかし、使い方は非常に簡単で、初心者でも手軽にスキンケアに取り入れられます。オイルの種類と効果的な使い方をまとめました。

オイル美容に美肌効果あり?

美容用のオイルは、身体の様々な箇所に幅広く使える上、乾燥肌だけでなく、脂性肌に悩む人にも効果的な美容方法です。

今注目されるオイル美容とは?

オイル美容とは、植物性オイルを用いて肌や髪をケアする美容法です。自然由来のものなので、顔・からだ・髪・爪など様々なところに使うことができるのが魅力です。

また、使用方法は美容液としてだけでなく、マッサージやクレンジングなどに取り入れることもできます。

保湿効果はもちろん、血流を促し、炎症の抑制、肌の新陳代謝を高めるなどの効果も期待できます。

意外?脂性肌の人にもおすすめな理由

オイル美容というと、保湿効果がある反面、べたつくイメージから、脂性肌の人は敬遠しがちではないでしょうか?実はオイル美容には、過剰に分泌される皮脂を抑える効果が期待できるため、脂性肌の人にもおすすめできるのです。

皮脂は、乾燥することで分泌されるため、化粧水で保湿した後に、美容オイル1滴馴染ませるだけで、肌から水分の蒸発を防ぎ、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

美容オイルの種類は期待する効果から選ぼう

美容オイルが肌に良いとはいえ、実にたくさんの種類があるため、何を選べばいいかわかりにくいものです。含まれているオイルによって、当然効果も違います。目的別におすすめ美容オイルをまとめました。

目的に応じたオイルをチョイス!

皮膚を乾燥から守り、保湿したいという人には『ホホバオイル』がおすすめです。古くからスキンケアやヘアケアに取り入れられており、人の皮膚に馴染みやすい美容オイルとなっています。

皮脂不足でバリア機能が落ちていると感じたら、『スクワランオイル』が良いでしょう。サメから抽出されたスクワレンという成分が元となっており、肌を保護する役割があります。

保湿と同時に炎症を鎮めたいという人は、『ココナッツオイル』が優れた効果を発揮してくれるといわれます。髪を乾燥から防ぐ効果もあり、トリートメントとしても活用できます。

皮膚の保湿、さらにはエイジングケアも叶えたいという人は、『アルガンオイル』はいかがでしょうか。

アルガンオイルは、植物性オイルの中でも特にビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれており、肌のハリとツヤを取り戻したいという人にはぴったりですよ。

食用オイルはスキンケアにはNG

オイルといっても、『食用オイル』と『美容オイル』は精製する方法が異なります。食用は当然食べることを前提として作られているため、分子量が大きく、肌に使うには不純物が含まれており適しません。

肌には、分子量が小さく不純物も取り除かれている、専用の美容オイルを使いましょう。

効果実感のためにオススメの美容オイル

含まれている成分や期待できる効果別に、3つのおすすめの美容オイルを紹介します。自分の求める効果に合わせて、美容オイルを選んでみましょう。

HANAオーガニックのアーユスオイル

HANAオーガニックが開発・販売している『アーユスオイル』は、肌の保湿成分『セラミド』の生成を助け、肌の再生力を高めるとされています。

抗炎症作用を持つモリンガオイルや、抗酸化作用の高いセサミオイルを配合し、肌内部の炎症を抑えてくれる効果が期待できますよ。

しっとりとした潤いが得られるうえ、べたつかず、さらっとした使い心地も魅力です。アロマ精油も配合されているので、香りのリラックス効果が得られるのも嬉しいですね。

  • 商品名:アーユスオイル 20ml
  • 価格:7346円(税込)
  • 楽天:商品ページ

VIRCHEのマルラオイル

マルラオイルは、100%オーガニックにこだわった美容オイルです。南アフリカのマルラの木から採れるオイルは、現地では古くから強い紫外線・乾燥から肌を守る効果があるとして重宝されてきました。

VIRCHEのマルラオイルは、においやべたつきがなく、オイルが苦手に感じる人や初心者でも使いやすい商品になっています。

リノレン酸、オメガ6・9、ビタミンC・Eなどの美容成分が豊富に含まれ、さらに抗酸化力はオリーブオイルの約10倍にのぼるとも言われているのです。目元や口元のハリ不足が気になるという大人女子には、とても嬉しいアイテムですね。

  • 商品名:マルラオイル 18ml
  • 価格:4624円(税込)
  • Amazon:商品ページ

フルーティアのザ・セラム

肌の乾燥や毛穴の開き、くすみが気になる人は、フルーティアの『ザ・セラム』がおすすめです。ビタミン豊富なクランベリーオイルを使った美容オイルで、肌のターンオーバーをサポートし、肌の角質ケアをしてくれますよ。

濃厚な手触りですが、べたつかず浸透力が高いオイルで、さらっとした軽い付け心地も特徴です。

肌のバリア機能をサポートするαリノレン酸、通常のビタミンEの40倍もの働きを持つ『トコトリエノール』を配合しているため、きめ細かく張りのある肌を目指したい人にはぴったりのアイテムと言えるでしょう。

  • 商品名:ザ・セラム 20ml
  • 価格:9860円(税込)
  • Amazon:商品ページ

オイル美容の効果は、正しい使い方あってこそ

オイル美容は、正しい使い方をしてこそ、その効果を発揮してくれるのです。

ここでは美容オイルを使ったおすすめのスキンケア方法と、使うときの注意点についてまとめました。ぜひ参考にして、効果的なオイル美容を目指しましょう。

美容オイルを使ったスキンケア方法

スキンケアとしての基本的な使用は、化粧水やクリームなど、いつものスキンケアに加えて、手のひらに美容オイルを1~2滴たらして温めた後、顔全体や気になる箇所になじませるという、手軽で簡単な方法となっています。

時間短縮したい人は、化粧水やクリームに直接美容オイルを混ぜる方法でもOKです。

逆に、ブースターのために、化粧水やクリームの前に使うこともできます。先に美容オイルを馴染ませることで、肌質が柔らかくなり、スキンケアの浸透力が高まるのです。

その他、クレンジングにもオイル美容を取り入れることができます。クレンジング剤に含まれる界面活性剤や、擦った際の刺激を軽減させるため、クレンジング前に美容オイルを肌になじませましょう。

メイクの油性汚れを浮き上がらせ、クレンジングの負担も最小限にすることができるのです。

より効果的な使い方、オイルサンドイッチって?

より効果的な使い方は、美容オイルでサンドイッチする方法です。

まずはきれいに洗顔した後、1~2滴の美容オイルを肌になじませます。その後、化粧水をつけ、さらに1~2滴のオイルを馴染ませれば、オイルサンドイッチは完了となります。

最初に付けた美容オイルは、肌質を柔らかくし、化粧水を浸透させるブースターの役割を持ち、最後の美容オイルは、化粧水で潤った肌に、さらにオイルでふたをし、保湿をすることができます。

酸化させない保存方法を徹底しよう

オイルの中には、酸化に弱いものもあるため、保存には注意が必要です。直射日光は避け、開封したら早めに使い切るように徹底しましょう。

こんな使い方をすると逆効果

オイル美容は、天然オイルを使うことが多いのですが、人によっては刺激を感じる場合もあります。敏感肌の人はいきなり使う前に、まずテスターで様子を見てみるのが無難でしょう。

また、肌質によっては使い方に気をつける必要があります。乾燥肌の人が、オイル美容のみを行っていると、油分はあるものの水分が足りず、毛穴詰まりによるニキビや、肌荒れなどの肌トラブルに繋がることもあるのです。

肌は、たっぷりの水分と少しの油分が理想の状態と言えます。オイル美容では、化粧水や美容液を使って、肌に水分を十分にあたえることも忘れないようにしましょう。

正しいオイル美容で、美容液以上の効果を

オイル美容は、スキンケアはもちろん、髪や全身のケアに広く使われています。肌の潤いを保つのに高い効果が期待できるため、使いこなせば、肌の悩みを持つ大人女子の強い味方になってくれるはずです。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

55



ページのトップへ