公開日:2017/05/26 

寝坊の原因と対策をチェック!これで寝坊も遅刻も、もうしない

「朝起きられない」「気を付けていても寝坊してしまう」、そんな事が頻繁にあるなら、寝坊してしまう原因が必ずあるはずです。

原因を知って、対策を立てることで、寝坊は解消されるはずです。原因と具体的な方法を見てみましょう。

寝坊対策のためには、まず寝坊の原因を知る

どうして寝坊してしまうのか、その原因は何なのでしょうか。寝坊をしない対策を実行する前に、まず原因を探ってみましょう。

なぜ朝起きられないのか

朝、起きられない原因は、次のようなことが考えられます。

体内時計が乱れている

『体内時計が乱れている』場合、朝起きるのが辛くなります。人のからだには、リズムを調整する体内時計が備わっています。

体内時計は、不規則な生活やストレスなどの影響で乱れやすく、一旦乱れてしまうと、夜に眠れなくなったり、浅い眠りになったりします。熟睡できないために、朝スムーズに起きることが難しくなってしまうのです。

また、体内時計の乱れは、体温やホルモン・基礎代謝の乱れにもつながります。まずは生活習慣の見直しから始めましょう。

単純に睡眠不足である

根本的に『睡眠時間が足りていない』ことで、朝、起きられないということも考えられます。仕事で忙しい人は、つい睡眠がおろそかになりがちです。

平日は睡眠不足でも、その分、休日に余分に寝て調整するという、『休みの日の寝だめ』を有効だと思っている人もいますが、これは体内時計を狂わせてしまう大きな要因となります。

休みの日、必要以上に寝てしまうと、休日明けに時差ボケのようになってしまい、朝、起きるのが辛くなってしまうのです。

寝坊の原因を理解したら、対策を考えよう

寝坊をしてしまう原因が分かったら、今度はその対策を考えてみましょう。

寝坊の最大の原因、二度寝を防げ!

一度起きたけれど、また眠ってしまい、結局寝過ごしてしまったという、『二度寝』が、寝坊の最も多いパターンです。寝坊の最大の原因『二度寝』はどのようにして防げばいいのでしょうか。

質のいい睡眠をとって、体内時計を整える

二度寝をしないためには、『質の良い睡眠』が大切です。質の良い睡眠をとっていれば、一度でスッキリと起きられます。

そのためには、体内時計を整えることが大切です。乱れた体内時計を整えるためには、朝起きたらまず、太陽の光を浴びましょう。

太陽の光を浴びることで、脳や体に朝が来たことを知らせます。体内時計は自律神経を調整し、ホルモンや各臓器が機能するよう命令を出します。これにより昼の時間、からだや頭が活発に動くようになるのです。

毎日、一定の時間に起きるなど、規則正しい生活をすることで、質の良い睡眠が得られるようになります。

目覚まし時計にひと工夫

確実に起きるために、『目覚まし時計にもひと工夫』してみましょう。

携帯電話の目覚ましを使用する場合は、パジャマのポケットに入れたまま眠るのがおすすめです。そのとき、アラーム音だけではなく、バイブレーションも必ず設定してください。振動によって、目を覚ましやすくなります。

また、複数の目覚ましを、時間差でかけておくのも良いでしょう。時計に限らず、オーディオタイマーなどを使用するのもおすすめです。

例えば、10分ずつの時間差で鳴るようにセットすることによって、頭が少しずつ冴え、スムーズに起きられるようになるでしょう。

週末も生活リズムを変えない

朝の目覚めを良くし、寝坊しないためには、『週末も生活リズムを変えない』ことが大切です。体内時計は朝日を浴びるなど、朝をスタートさせてから、14~16時間後に、夜の睡眠モードへと移っていきます。

休日に朝遅くまで寝ていると、その日の晩に、いくらいつも通りの時間にベッドに入っても、体内時計はまだ睡眠モードにはなりません。熟睡できなくなるため、翌朝起きるのも辛くなります。

体内時計を整えて夜はしっかり眠り、翌朝すっきり起きるためには、休日も、なるべく遅くまで寝るのは避け、一定の時間に起き、生活リズムを保つようにしましょう。

寝坊の原因別にアプリやグッズで対策

アプリやグッズでも寝坊対策できるので、紹介します。

何が何でも起こしてほしい人へ

設定した時刻に、アラームだけではなく、太陽の光のようにパネルがライトアップする目覚まし時計が『inti (インティ)』です。

セットした時刻の30分前から光を発し始め、徐々に明るくなっていきます。最大2万ルクスという、朝日とほぼ同じくらいの明るさにまでなりますが、紫外線はほとんどありません。

自然に朝日を浴びて起床するように、爽やかに目覚めることができます。

  • 商品名:inti4
  • 価格:2万2464円(税込)
  • Amazon:商品ページ

なるべく気持ちよく起きたいという人におすすめするアプリが、『Sleep Meister ? 睡眠サイクルアラーム Lite』です。

人は、浅い眠りの『レム睡眠』と深い眠り『ノンレム睡眠』を交互に繰り返し睡眠しています。このアプリは、眠っている人のからだの動きを感知し、浅い眠りであるレム睡眠のタイミングでアラームが鳴り、起こしてくれます。

浅い眠りの時に起きられるため、気持ちよくスッキリ目覚めることができるのです。

「Sleep Meister – 睡眠サイクルアラームLite」をApp Storeで

睡眠の質を高めたい人へ

『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』を生かして、睡眠の質を高める方法があります。

人が眠る時、はじめに来るのは、深い眠りである『ノンレム睡眠』です。この時、人の脳とからだは眠っている状態で、90分ほど続きます。この最初の深い眠りの質をいかに上げることができるのかが、とても重要なのです。

最初の90分の睡眠が良質になることにより、成長ホルモンの分泌が促され、翌日の日中を活発に過ごせるようになります。

また、ベットに入る90分前に、お風呂に入ることも効果的です。お風呂に入った後は、からだの深部の温度は上昇します。

そして、ちょうどベットに入って眠る頃には深部の温度は下がるため、スムーズに入眠することができるのです。

光を遮断することも、睡眠の質を高めます。まぶたの皮膚は薄く、目を閉じた状態でも、光を感じています。光によって、瞳孔を調節する目の筋肉は収縮するので、明るさを感じてしまうと、熟睡しにくくなるのです。

もし、部屋を暗くできない、光を遮断することができない場合は、アイマスクを使用すると良いでしょう。

寝坊原因の遅刻をしないための対策

これまで説明した以外にも、まだ寝坊や遅刻をしない対策はあるでしょうか。

前日準備により、朝の身支度を時短に

朝、ギリギリの時間に起きても、すぐに外出できるように、前日に準備できるものはしておくことも有効です。

  • 持ち物はカバンにすべてセットしておく
  • 着ていく服をハンガーにかけ用意しておく
  • 必要最低限の身だしなみが、すぐにできるよう整えておく

夜のうちにこれらのことを行うだけで、気持ちに余裕を持つことができ、質のよい入眠へとつながります。また、朝バタバタと慌てて準備をしなくて済むでしょう。

余裕を持ったタイムスケジュールを組む

時間に余裕のないスケジュールを立ててはいませんか?全てが予定通りに進めば良いですが、そうならない場合もあります。

会社の始業時刻と、自宅を出る時間を考えた時、遅刻が多い人は、余裕のない時間設定をしている場合が多いです。少しでも準備が長引いてしまうと、遅刻してしまうため、余裕を持った時間設定を心がけましょう。

余裕を持ったタイムスケジュールを組みましょう。

寝坊の原因を知って、自分に合った対策を!

夜更かしからくる睡眠不足や、体内時計の乱れにより朝が起きるのが辛いなど、自分の寝坊の原因が分かれば、それに合った対策で、寝坊を解消できます。

寝坊をなくしてすっきり起きることで、より快適な1日を過ごしましょう。

  • Facebook
    シェア
  • Twitter
    ツイート
  • はてなブックマーク
    はてブ

2



ページのトップへ